SCP-2611-JP
rating: +53+x
blank.png
yoko.png

POI-2611-JPのプロフィールページ。


アイテム番号: SCP-2611-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2611-JPは非異常のUSBメモリに保存されたテキストデータの状態でサイト-8159の低危険度オブジェクト収容ロッカーに保管されています。万一の喪失に備えて、テキストデータの完全なコピーが保管エリア-59の異常デジタルデータバックアップシステムに保存されています。

研究のためにSCP-2611-JPの内容を分析する試みは、担当する上席研究員の管理下で、SCP-2611-JP-1~11を各々独立したシステムにコピーすることにより行われます。同一システムへ複数のテキストをコピーする行為、あるいは紙等のアナログメディアへの印字は、オブジェクトの異常性質が完全に解明されるまでは推奨されません。SCP-2611-JP各種テキストの担当研究者は、必要な分析が終了した後に、レベルA記憶処理と一週間以上のカウンセリングを受けることが義務づけられています。カウンセリングの結果に問題がなければ、研究者は再びSCP-2611-JPへの研究を再開することが出来ます。

POI-2611-JPの捜索は、機動部隊し-9"志々蟲"が各GOI対策チームと連携しつつ実施します。SCP-2611-JPに特徴の類似した異常オブジェクトを発見した場合、速やかにSCP-2611-JP研究チームへ報告するとともに、関係者を拘束した上で必要な尋問を行って下さい。

説明: SCP-2611-JPは、「高遠 洋子たかとお ようこ1」を自称するアマチュア小説家の執筆した全十一編の怪奇小説(以下SCP-2611-JP-1~11)と、オブジェクト全編を読破することによって引き起こされる一連の異常現象の総称です。

SCP-2611-JP-1~11全編を読んだ人間2は、ベクター不明の超次元的面積力が全身に発生する異常性を獲得します。面積力の作用方向はランダムですが、力の発生点が踵部分から開始し、その後人体の上部へ向けて移動、最終的に頭頂部へ到達する事は全被害者に共通しています。この面積力は1,000N~10,000N程度の近接作用圧力として表現され、異常性の発生からおよそ10秒以内に被害者の肉体を不可逆的に破壊します。

異常な圧力の作用に開始点と終点以外の共通項が無いにもかかわらず、全てのSCP-2611-JP事象において、

  1. 被害者の肉体が原型を留めていること
  2. 被害者の肉体が一見して異常と分かる形態に変形されていること
  3. 被害者が肉体の変形により致命傷を受けていること

の三点が共通していることは特筆に値します。特に2と3が両立している点については、被害者の絶命が異常性喪失のトリガーとなっている可能性が示唆されますが、Dクラスを用いた実験により、非異常のいかなる外力をもってしても異常性による肉体の変形を阻止することは不可能であると立証されたため、更なる追加実験は現在保留されています。財団による実験を含めたSCP-2611-JP事象の主要なリストは、[被害者一覧-2611-JP]を参照して下さい。

SCP-2611-JPが所謂怪奇小説の体裁を取っていることから、財団霊的実体部門によるテキストの調査が実施されましたが、分析の結果、SCP-2611-JPそれ自体には霊的/超常的実体及び現象を指嗾する効果は認められず、実験においても霊的/超常的実体の出現等は認められませんでした。しかしながら、SCP-2611-JPの文章の一部には平安末期に民間の験者が用いた和歌呪術や謡曲呪術との著しい類似性が見られること、実験に使用したDクラスの霊的実体が何れも死亡直後に消滅しており分析不可能であったこと等から、SCP-2611-JPの異常効果はテキストそれ自体には内在せず、テキストを認識/記憶/理解した知性体の脳が何らかの異常な霊性効果を発揮するための呪術的信号であるとする見解が有力視されています3

尚、実験に使用されたDクラスの多くが、SCP-2611-JPの内容を「非常に面白い」「続きを読まずにはいられない」と評しましたが、SCP-2611-JP研究チームの報告によれば、これらの事象はSCP-2611-JPの異常効果が齎したものではないと結論づけられています。

POI-2611-JPについて: 高遠 洋子(以下POI-2611-JP)は2017年6月に、かつてインターネット上に存在した会員制創作コミュニティ「怪々奇談かいかいきだん」へユーザーとして登録、以後約2年に渡ってSCP-2611-JP-1~11を自作の怪奇小説として同サイトへ断続的に投稿していました。付設された掲示板や専用のチャットアプリケーションにも度々姿を現しており、同サイトに登録している他のアマチュア作家や自身の作品のファンと積極的な交流を行っていました。

POI-2611-JPは登録当時、東京都内の高校に通う15歳の少女と自称していましたが、財団による調査の結果、全てのアクセスは発信元不明のIPアドレスから行われており、また日本国内に存在する「高遠 洋子」と称する人物のうち、POI-2611-JPの特徴と一致する人物は存在しないことが明らかとなりました。POI-2611-JPが年齢/性別その他の属性を偽っていた可能性、国外あるいは財団の調査を免れた要注意団体へと逃亡を試みた可能性も踏まえ、財団は機動部隊し-9"志々蟲"を結成、広範な捜索と関連情報の収集に当たっています。

POI-2611-JPがSCP-2611-JPを作成した動機は、現時点で不明です。補遺1も参照してください。

収容経緯: SCP-2611-JP現象は2019年6月6日、POI-2611-JPがSCP-2611-JP-11を「怪々奇談」サイト上に投稿した同日0時0分から約38分後に全国で散発的に発生し始めました。これはSCP-2611-JP全編を読んでしまったサイト閲覧者が異常効果に曝露した結果と考えられており、全国各地のエージェントから報告を受けた財団収容チームが同日11時にSCP-2611-JP-1~11をウェブ上から完全に削除するまでの間、61名の被害者がSCP-2611-JPの異常効果に曝露したことで死亡しました。被害人物の関係者には適宜インタビューと記憶処理が実施され、各々の状況に応じたカバーストーリーを適用しました。被害者の遺体は調査の後、必要に応じて整形や焼却の措置が施されています。

「怪々奇談」はメンテナンスを口実として財団により一時的に閉鎖され、関係人物の調査が行われましたが、POI-2611-JPを除きSCP-2611-JP現象発生に関わっている人物は存在しないと結論づけられました。POI-2611-JPへはカバーストーリー「サイトからの退会と作家引退」を適用しました。「怪々奇談」は事件発生以降も財団監視下で運用が継続されていましたが、2020年12月、運営者の個人的な都合により閉鎖されています。

補遺1:インタビュー記録2611-JP

補遺2:SCP-2611-JP-1~11タイトルリスト

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。