所定の日付
rating: +47+x
blank.png
0EDRxfOAvzNWpE21622302979_1622302990.jpg

付属物。


特定対応プロトコル: ただ、目の前の机上には1本の剃刀がある。その刃は曇りのない白を煌めかせ、貴方はそのグリップをしっかりと手で握りしめた。一瞬の凍えるような感触と、脈打つ血液が緊張を全身に伝え、ほのかな湿り気がその黒い金属製をゆるやかに濡らしていた。壊れた空調器具は底冷えするような空気を吐き出し続けているにも関わらず、それに反比例するように卸したての白衣の背部は、じっとりと気味の悪い感触を残し続けていた。—それは小刻みに震えているように見える。刃物を手に掴んだその手のみが震えているのか、脳が震えているのか、はたまた全身が震えているのか。恐怖か、悲哀か、憤怒か、悦びか。それらを判断する思考を、今の貴方は持ち合わせてはいない。

QtIJmEqqhsd3KK31622303054_1622303065.jpg

紙束。


切れ味を図るために、剃刀の隣に積んであった束から書類を1枚、貴方は抜き出した。それが機密を含んだ重要なものなのか、はたまたメモ用紙替わりの不要なのものであるかに関わらず、紙であることに意味があった。中空へと垂れ下げるようにして持ち上げた文字列に貴方は躊躇いなく剃刀を這わせる。じょり、じょり、と表面を削り落とすような音がして紙はあっけなく上下二つに分かたれた。足元に紙であった半身が、はらはらと揺れ落ちる。その分かたれて意味を持たなくなった書類を、貴方は乱雑に握りしめ、背もたれの裏へと投げ捨てた。そして再び、剃刀と対峙する。

V92uywPD867vN891622302681_1622302701.jpg

虹彩。


裏返した剃刀は先ほどと変わらぬ煌めきを虹彩へと跳ね返した。どれだけ近づいてそれを凝視しようとも、刃こぼれの1つさえ、見つけることはできない。それは貴方のあらゆる部位でさえ、切り取ることができる。ゆっくりと、弧を描いていくように剃刀を傾けていく。一瞬の冷たい感触が、その後、永遠の生暖かい感触が瞼の上から滴り落ち、かつてのよく出来すぎた怪物を無理やり縛り付けていたこの部屋へと落下していく。目を瞑っているわけでもないのに、貴方の視界は赤く染まっていく。

16wYSY8YU1l3hsv1622439961_1622439967.jpg

明確なイメージ。


水音に導かれるまま、貴方は窪みの深く、深くまで剃刀を押し込んでいく。柔らかい肉を裂く感触の最中、引っかかるような管さえも弾けるような音を立てて、そうして剃刀の先端は最奥へと辿り着いた。36度に近い温度が、親指と人差し指にぬるりと纏わりついた。震えているのは、気のせいではない。そこから、貴方は10秒ごとに1度、凹みに沿って時計回りに剃刀を動かそうと試みる。しかし、何かが引っかかっていて、上手くそれを為すことができない。誰の頭の中にでもある不格好な骨と、奥に押し込む力とがぶつかり合うような、硬質な音が脳へ直接響き渡った。

uAb4HUS7XgRd7iC1622439825_1622439859.jpg

無明のイメージ。

ぐじゅり、と泡立つような音が静かに耳の内側から聞こえた。貴方は慎重に、剃刀をわずかに引き抜いていた。そして再び、今度は確実に、剃刀を窪みに合わせて時計回りに回転させていく。ぶつ、ぶつ、ぶつ、と一定の間隔で枝を切り落としていく。切り落とすたび、赤は黒へと変色していった。そうして刃が反円を描いた時、貴方の右腕にかかっていた「重さ」が消えた。その勢いのまま、残りの外側を剃刀でなぞると、落ちて、革靴の先端を掠めて、そうして見えなくなった。

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%20%283%29-min.png

先は見えない。

体温の黒くこびりついた銀を眺め、貴方はそれを掬うようにして両手の真ん中に置いた。それを、先ほど落ちて行った右のようにならぬよう、1分をかけて立ち上がる。朽ち果てて黄色く変色した紙が、革靴の踵へへばり付いて、かさりと音を鳴らしている。180度旋回をする。貴方の左は確かに出口の光を捉えていた。複数の細かな音が反響する、黴臭い部屋の中を、決して転ばぬように用心して進んでいく。

kako-NIH8n8QI2lh2DPro.jpg

足は止めず。

出口の先には、暗色が広がっている。しかし、今までいた部屋より、数倍明るいと貴方の脳は錯覚していた。ひび割れたタイルの上に、擦り切れた革靴を滑らせるようにして歩みを進めていく。進むごとに、道の端に座り込んだいくつもの骸骨が、貴方の「穴」を見て、怪訝そうな表情をして笑っている。そのたびに貴方は「穴」の存在を、明確に、認知する。しかし、認知した傍から忘れていく。何故ならば、それは貴方が足を止める理由にはならない。

kako-hCzOCyI4tr5Bu7YT.jpg

王冠を脱いだ。

廊下の途中、貴方は周辺ごと焼き焦げた黒い塊を見た。それは棺であった。円のように配置された鍵穴は全て煤で埋まり、中身が外部から認識可能なほどに崩壊したそれの中には、かろうじて暗い緑みがかった黄色の肌の残った人間が入っていた。大部分は炭化して、元の人物の様相を伺い知ることはできないが、その両骨に大事そうに抱えられた十字架の表紙から、かの者が余りにも敬虔な信徒であったことを貴方は理解する。剃刀を落とさないように、貴方は胸の前で十字を切った。しかし、彼に安寧が訪れることは無い。

kako-nEyUsFnUCG9LbSxU.jpg

知恵、知識、理解は求められない。

歩き続け、貴方はある収容室の前で立ち止まった。その収容室の入り口は天井が崩れ落ちたため、何もかもも埋め立てるようにして瓦礫が山を形作っている。当然、その中を伺い知ることはできない。ただ、貴方はそこに何があったかを知識として知っていた。そこには恐らく、異世界に続く扉が存在したはずだ。それは理念の歪んだ世界。「知」だけを有した我楽多の蠢く、乾ききった砂原。一切の無音となったその場所を貴方は後にし、なお進む。だからこそ、ここで相互理解は途切れる。通信が届くことは無い。

kako-1hbv9yT7SvOca8tS.jpg

美しさとは?

長い廊下を抜けた先、サイトとサイトの中間に位置する中庭には、礼拝堂として、且つ、霊安室として利用されている教会があった。色鮮やかなステンドグラスで囲われたその外壁には、鉄塊がいくつも突き刺さり、その全てがひび割れ、どこのものとも分からない破片が地に臥せっていた。かつての荘厳な佇まいと、息苦しさをも感じるような優美さは今や見る影もない。貴方はかつての財団に想いを馳せることもなく、ただ供物を運ぶためだけに、荒れ果てた中継地点を通り抜けた。なれば、あの美しい尺度を、彼らが二度と見ることはない。

kako-GkvvXSe26nY5iA6y-min.jpg

土台は崩れ去った。

外に出ると、圧迫感のある曇り空が広がっていた。ありったけの土砂降りを溜め込んだような鈍色は、一切の青を許すことはない。後ろを見ると、崩壊した建築物と見覚えのない三本の矢印が地面に突き刺さっている。かつて、神罰を恐れる意味を失わせたかの地は、今や貴方の視野の限りに綻びが見える。海のように割れた断面からは、むき出しのコンクリートが顔をのぞかせ、這いまわった未明の蔦が、建築物の機能が完全に失われたことを暗に示していた。貴方は背を向ける。この場所に何もないように、決して夜明けが訪れることはない。

kako-CRsL8fpIXgmYwN9w.jpg

慈悲は元からなく、峻厳さの欠片もない。

貴方の足は廃病院に向いていた。薄汚れた院内には、1つ、2つ、ぷくぷくと太った真紫と、ぽつぽつと白の残る赤黒が無造作に落ちている。それは海星の形をしている。それは星と同じ、歪な五芒星を描いている。腐った蛸のような嫌な香りが、貴方の鼻をついた。否が応でも、それらが同じ生命であることを示している。復仇の果てを貴方は一瞥すると、足元から聞こえた湿っぽい残響を、力いっぱい踏みつけた。そして、何かが千切れる感覚と同時に、彼らの妄執はそこで朽ち果てた。

kako-0iq5wfoU26yR1kXG-min.jpg

陥落した王国に何を求めようと言うのか。

貴方は気配を感じ、ふと足元に目を落とした。地平まで続くグレースケールの中に、空が転がっていた。十二分に成熟した、瑞々しいその花蕾は、果実のようにも見えた。ただし、頭上を覆う万朶の青を、瞳が描写することはない。そこでようやく、貴方は同じような赤茶けた切り花が周辺に散らばっていることに気が付いた。しかし、水天を拾い上げる素振りも見せず、貴方はそれら全てを踏み潰して進んだ。淡い柑橘の香が鼻を抜けて消えていった。耳障りだった羽音が消える。働き蜂はもういない。

kako-WHPQhwAlMel0tdFP-min.jpg

無意識を留めることはできない。

退廃した城塞都市を、貴方は歩いている。何かが入っていたことがかろうじて理解できる、冷え切った球体。一部分だけが光り続ける、宙を裂いた鉄塔。そこら中に打ち捨てられた注射器と、粘り気の強いカリンカ色の液体が地を這いずっている。非常に柔らかい光に晒されたそれらに、貴方は強い不快感を抱いた。抱き合って上顎骨と下顎骨を重ね合った骸が、一つの教訓を与えている。貴方はそれを理解できない。ただ、それでいいという確信だけがそこにあった。口の中に溜まった鉄の味を、貴方は頭蓋骨へと吐き捨てて通過する。その終わりは、いつも善悪を越えたところで起こっていた。

kako-GJtNNtG0vCiuXPKa-min.jpg

あなたを見る目。嫌悪。嫌疑。否定。

城塞都市を進むごとに、耳からは不特定多数の笑い声が響いてくる。アンナ、ジダ、パビー、ムトゥル。そのどれもが聞き覚えのある、懐かしい声だ。尚且つ彼らは貴方の左耳に息を吹きかけ、右耳で囁くように頭蓋骨を鳴らしている。揺らしている? 肩にゴツゴツとした感触を覚える。それは下へ、下へ、下へ、増えていく。歩みを止めるようにして、抱きしめられる。55kgの重みでぐらついて、両手に乗せた、黒いそれを落としそうになる。ただ、貴方はそれを引き摺って歩く。

kako-2yXfSSbCQhIEiDZS-min.png

彼女は孤独を愛していた。ただ、同時にほんの少しの温もりだって信じていた。

何人もを引き摺って、辿り着いたボロ小屋の扉を足で蹴とばして、金の毛髪が散らされた、腐り果てたテーブルを貴方は認知した。貴方はその上に音を立てぬようゆっくりと剃刀を置いた。そして後ろ向きに部屋を出る最中、ざり、と砂が靴底を擦った。瞬きすらも忘れて、そこで停止する。生暖かい吐息が、「穴」へ流れ込むように耳元を掠める。ただ、それ以上、何かが起きる事はなかった。貴方は呼吸を止めたたまま、確かに足を持ち上げ、収容室から出て、扉を閉めた。

dirty.jpg

嘘つきは誰Nだった?

封鎖した扉の内側から、何かを啜る音が、かすかに聞こえてくる。ただし、それについて貴方は知る必要がなく、また知ろうとも思うことはない。カラン、と音を立てて、部屋の向こうに剃刀が転がった。

説明: プロトコルは適切に実施され、それは再び自己収容状態へと移行する。それだけが事実だった。

rating: +47+x
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。