SCP-2699-JP
rating: +26+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2699-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2699-JPは操作可能な排気ダクトがつけられた特別ヒト型収容室に、拘束したままトリプトファン1と財団の科学部門によって開発されたセロトニン症候群2の症状を抑える薬剤と栄養剤を点滴された状態で収容されます。

衛生管理のため、SCP-2699-JPは三日に一度水洗浄が行われます、また、その際同時に枯死したSCP-2699-JP-Aを刈り取ってください。

説明: SCP-2699-JPは収容時点(2016/11/7)で15歳の日本人男性、西村 ██氏です。身体機能に異常な点は見受けられません。

SCP-2699-JP-AはSCP-2699-JPの体表面の9割以上を覆うように生息する複数の種類の植物です。現在、植物の種類ごとにSCP-2699-JP-A-1から-34までのSCP-2699-JP-Aが確認されています。SCP-2699-JP-Aの詳細なリストについては、SCP-2699-JP-A記録を参照してください。また、現在確認されているSCP-2699-JP-Aはすべて在来種のものです。SCP-2699-JP-Aの根の部分はSCP-2699-JPの皮下組織と完全に融合しており、神経系に深く干渉していますが、外部から強引にSCP-2699-JP-Aを引き抜こうとしない限りSCP-2699-JP-AによってSCP-2699-JPが痛みを感じることはありません。しかし、一度に発生するSCP-2699-JP-Aは約16kg程度になることや、排泄や食事が困難となること、汗や食物、排泄物が植物に付着し不衛生となることなどが理由でSCP-2699-JPはストレスを抱きます。

SCP-2699-JP-Aの多くは一年生植物ですが、通常より速い速度で発芽から枯死のサイクルを繰り返し、またそれに伴い通常より光合成3の活動が活発になります。サイクルの速度と光合成の活発さは脳内におけるセロトニン4分泌量により指数関数的に減少します。現在確認されている中で最も速い発芽から枯死までの周期は約80分でした。また、SCP-2699-JPから刈り取るか枯死した場合SCP-2699-JP-Aの異常性が喪失するため、SCP-2699-JP-AがSCP-2699-JPに及ぼしている影響については不明です。

収容当初SCP-2699-JPはうつの症状を見せており、これを原因としたセロトニン分泌量の減少により、SCP-2699-JP-Aの発芽から枯死が約2時間の周期で発生していました。原因は上記の理由に加えて収容環境へのストレスであると判断されましたが、ストレス軽減のため標準的なヒト型収容室で収容した場合、SCP-2699-JP-Aの光合成による酸素放出を主な原因とした低脅威度の収容違反が懸念されるため、収容室の変更は見送られました。

新たに提案され、現在適用されている特別収容プロトコルはトリプトファンと財団の科学部門によって開発されたセロトニン症候群の症状を抑える薬剤と栄養剤をSCP-2699-JPを拘束した上で点滴することを主軸とするものです。現在、SCP-2699-JP-Aの発芽から枯死までの周期を約15日間に抑えることに成功しています。このプロトコルの副次的な効果として、対象は多幸感及び意識の混濁により、収容状況に対して疑問を持っていません。

発見経緯: ██県██市では以前より、毎日異常な量の花を処分している施設があるとして財団の目を引いていました。2016/11/6の財団のエージェントによる潜入調査により、施設が要注意団体″みどりのだいちプロジェクト″が所有しているものだということが明らかになりました。翌日に機動部隊による襲撃を行いましたが、施設は無人であり、SCP-2699-JPとごく僅かな資料のみが発見されました。以下の資料は回収された資料のうちSCP-2699-JPと関連するとみられる資料の全文です。

補遺1: インタビューログ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。