SCP-2783-JP
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2783-JP

オブジェクトクラス: Safe-adiaŭ1

特別収容プロトコル: 各サイトの墓地管理局は定期的に検査を実施し、墓地および遺体を確認してください。新たにSCP-2783-JP実例が発見された場合、個別にDNAサンプルを採取したのち、実例は廃棄します。これまでに回収されたサンプルにアクセスするには、クリアランスレベル3以上の職員の許可を得てください。

SCP-2783-JPの解明のため、死亡者情報サーバーがアップデートされ世界規模でのサイト間の情報共有がなされています。

追記: SCP-2783-JPに関する検証および実験はクリアランスレベル3以上の職員の同伴のもとで実施可能です。

説明: SCP-2783-JPは各地の財団施設の共同墓地に発生する異常現象です。SCP-2783-JPの影響を受けた遺体は、無関係な他人のものに置換されます。SCP-2783-JPによって出現する全ての遺体は、行方不明者リストとの照合も含め個人の特定に失敗しています。また、消失した元の遺体の行方を特定することはできませんでした。

特筆すべき事項として、SCP-2783-JPは財団施設以外の墓地には発生しないことが判明しています。

補遺2783-JP.1: 議論

概要:
此度報告されたSCP-2783-JPについて、██博士から「SCP-2783-JPには倫理的・人道的観点から看過しがたい問題があり、よって当該オブジェクトを無力化するべきである」との提言がなされ、これに対して█████名の賛同の署名が集められた。今回の投票ではこの提言の可否を決定する。

評議会投票概要:

棄権
O5-01    
O5-02
O5-03
O5-04
O5-05
O5-06
O5-07
O5-08
O5-09
O5-10
O5-11
O5-12
O5-13

結果
承認

投票者コメント:
O5-01: SCP-2783-JPは、脅威の犠牲となった者たち、とりわけ、人類に忠誠を誓い命を差し出した英雄たちに対する明確な侮辱である。我々はこのアノマリーの性質を重く受け止める必要がある。
O5-02: 財団の役目は正常性の保護であり、SCP-2783-JPは正常性に対して完全に無害です。しかしながら、職員らの職務への士気を考慮するならば、否定することはしません。

以上より、██博士による提言は承認され、O5評議会からSCP-2783-JPの無力化許可宣言が発令されました。SCP-2783-JPの無力化について提案がある職員は、クリアランスレベル3以上の職員の許可・同伴のもとで実験を行うことができます。

補遺2783-JP.2: 実験記録

実験記録2783-JP.1

実施方法: 遺体の監視によるSCP-2783-JPの観測。

結果: 観察者は第三者から指摘されるまでSCP-2783-JPの発生を察知できなかった。

分析: SCP-2783-JPが発生する瞬間を直接的に知覚することはできない。また、何らかの実体あるいは非実体的な存在による直接的な行動の結果ではないことも確認された。

後記: 類似実験によって反ミームおよび認識災害的な性質の関与の可能性は否定された。

実験記録2783-JP.2

実施方法: GPS発信機による遺体の行方の特定。

結果: GPS発信機はSCP-2783-JPの影響を受けず、取り残された。

分析: SCP-2783-JPは遺体の身体のみに影響するようだ。

実験記録2783-JP.3

実施方法: SCP-2783-JP前後の遺体の比較。

結果: 元の遺体の属性や状態による影響の差異は見られなかった。

分析: SCP-2783-JPの影響は無作為であると考えられる。

実験記録2783-JP.4

実施方法: 現実改変の可能性の検証。

結果: スクラントン・ボックスの内部に安置された遺体はSCP-2783-JPの影響を受けた。付近に設置したカント計数機はヒューム異常の兆候・痕跡を示さなかった。

分析: 現実改変による変性の可能性はほぼ否定された。より高度な現実改変の可能性を考慮すべきかもしれない。

後記: この実験に関連する追加の実験が申請された(実験記録2783-JP.6を参照)。

実験記録2783-JP.5

実施方法: バークレー・フェンスによる空間跳躍の阻害。

結果: 遺体はSCP-2783-JPの影響を受けた。

分析: 空間跳躍による交換の可能性は否定された。

実験記録2783-JP.6

実施方法: 遺体の時空間的な隔離。

結果: 遺体はSCP-2783-JPの影響を受けた。

分析: 過去改変による変性の可能性は否定された。

実験記録2783-JP.7

実施方法: 概念工学技術を用いた存在論的マーカーの遺体への設置。

結果: SCP-2783-JPの発生前後で設置されたマーカーは変化を示さなかった。

分析: [評価待ち]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。