SCP-2799-JP
rating: +40+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2799-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2799-JPはサイト-8177の低危険度物品収容ロッカーに収容されています。持ち運びの際は手袋の着用が義務付けられます。SCP-2799-JP-1各個体はそれぞれサイト-8177の標準的人型収容室に収容されます。

説明: SCP-2799-JPは起源不明のステンレス製の三徳包丁です。持ち手には「継承」と刻印されています。

SCP-2799-JPはヒトが持ち手に直接接触した直後消失します。その後、SCP-2799-JPに接触した人物(以下、対象)が午前2時から午前4時までの間に眠っている場合、摂食イベントが発生します。

摂食イベント: 対象の枕元に人型実体(以下、SCP-2799-JP-1に指定)が出現します。同時に対象は覚醒します。SCP-2799-JP-1は以下のような特徴を有しています。

  1. 外見及び精神構造が対象の約6~7歳の時のものと酷似している。
  2. SCP-2799-JPを所持している。

SCP-2799-JP-1はその後、対象の肉体をSCP-2799-JPを利用し切断・捕食します。この際SCP-2799-JPは、その形状及び材質から物理的に切断不可能であると考えられる骨や腱を問題なく切断することが可能です。この切断能力はイベント中にSCP-2799-JP-1がSCP-2799-JPを所持していない際には再現されていません。また、SCP-2799-JP-1によって切断された肉体部位は別の非異常性の食品に変換されます。 概ね別の非異常性の食品に変換されます。1

切断に際し対象は激しく出血し、また切断が進むにつれ対象は生命活動の維持に必要である器官を喪失しますが、イベント終了まで対象は不明な手段で生存します。この際対象は切断に伴うと予想される苦痛を受けていないように振る舞います。

SCP-2799-JP-1は摂食の際肉体的な成長を行い、最終的に頭部以外の肉体2を全て摂食し、対象と同程度の年齢まで成長します。SCP-2799-JP-1が摂食を終了するとイベントは終了し、同時に対象は死亡します。イベント終了後のSCP-2799-JP-1は、「自分がSCP-2799-JP-1である」という自己認識、摂食イベント中の記憶、及び生前の対象とほぼ同じ人格及び記憶を有しています。

SCP-2799-JPは2020年4月7日、SCP-2799-JP-1-1が警察に自首した際に発見されました。この際、警官一名がSCP-2799-JPに接触し、SCP-2799-JPが消失したことで異常性が発覚しました。なお、この際SCP-2799-JPに接触した警官は摂食イベントによって殺害され、新たにSCP-2799-JP-1-2が出現しました。SCP-2799-JP-1-1,2の関係者に対してはカバーストーリー"引っ越し"を適用した上で適切な記憶処理を行い、両者を収容しました。

補遺: SCP-2799-JP-1-1の外見及び証言から、SCP-2799-JP-1-1が出現するきっかけとなった摂食イベントを発生させた人物である神崎 美海留氏、及びその住所等が特定されました。以下は神崎氏の自宅の寝室から回収された防犯カメラに保存されていた摂食イベントの映像記録の書き起こしです。なお、一部表現はSCP-2799-JP-1-1の証言を元に補足しています。

対象: 神崎 美海留氏(女性、22歳)

出現実体: SCP-2799-JP-1-1

日時: 2020/4/6 2:40~4:53

<記録開始>

監視カメラは神崎氏の自宅の一室を撮影している。室内には生活用品が散乱しており、プラスチック製容器、プラスチック製包装と思われるものが多数床に放置されている。室内には目立った家具類は見られず、中央には敷き布団が敷かれており、神崎氏が就寝している。

午前2時46分、摂食イベントが開始。神崎氏の枕元にSCP-2799-JP-1-1が出現する。同時に神崎氏は覚醒する。SCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPを右手に所有している。

神崎氏がSCP-2799-JP-1-1を認識する。ほぼ同時にSCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPの存在を認識し、驚いたようにSCP-2799-JPを取り落とす。神崎氏は微笑しており、恐怖している様子は見られない。

神崎氏はSCP-2799-JP-1-1を隣に座らせ、SCP-2799-JPを握らせるが、SCP-2799-JP-1-1はこれを拒否する。

SCP-2799-JP-1-1が泣き始める。神崎氏はSCP-2799-JP-1-1の頭部を撫で、ついでSCP-2799-JP-1-1を抱きしめ、5分27秒の間SCP-2799-JP-1-1と会話を行う。3

SCP-2799-JP-1-1は泣きやみ、SCP-2799-JPを手元に置く。神崎氏は服を脱ぎ、SCP-2799-JP-1-1の正面に座り直す。SCP-2799-JP-1-1は正座をして合掌する。

SCP-2799-JP-1-1: いただきます。

SCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPを用いて神崎氏の右足を切断する。神崎氏の右足は即座に茶色の円盤状物体4、及び皿とフォークに変化する。神崎氏は激しく出血するが、苦痛を感じている様子は見られない。

SCP-2799-JP-1-1は出血に驚き、再度泣き出す。神崎氏はSCP-2799-JP-1-1の頭を撫で、3分15秒の間会話を行う。

SCP-2799-JP-1-1は泣き止み、出現した物体を4分2秒掛けて摂食する。摂食するにつれ、SCP-2799-JP-1-1の外見が神崎氏の8歳前後のものに変化する。神崎氏は微笑している。

SCP-2799-JP-1-1は目を半ば逸らしながら、SCP-2799-JPを用いて神崎氏の左足を切断する。神崎氏の左足は即座に黄色の麺状食品5及び皿とフォークに変化する。SCP-2799-JP-1-1はこれを3分15秒掛けて摂食する。摂食するにつれ、SCP-2799-JP-1-1の外見が神崎氏の10歳前後のものに変化する。SCP-2799-JP-1-1は笑っている。

SCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPを用いて神崎氏の右腕を切断する。神崎氏の右腕は即座に梱包された食物6に変化する。SCP-2799-JP-1-1はこれを9分16秒掛けて摂食する。摂食するにつれ、SCP-2799-JP-1-1の外見が神崎氏の13歳前後のものに変化する。摂食中、神崎氏は沈黙している。

SCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPを用いて神崎氏の左腕を切断する。神崎氏の左腕は即座に銀色の飲料缶7に変化する。神崎氏はSCP-2799-JP-1-1に対し、出現した飲料を飲まないよう提案するが、SCP-2799-JP-1-1はこれを無視し、15分8秒掛けて出現した飲料を摂食する。摂食中、SCP-2799-JP-1-1は度々苦痛を示し、摂食を中断する。摂食するにつれ、SCP-2799-JP-1-1の外見が神崎氏の16歳前後のものに変化する。

SCP-2799-JP-1-1と神崎氏は1分9秒の間沈黙する。その後、神崎氏はSCP-2799-JP-1-1と20秒の間会話を行う。

SCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPを用いて神崎氏の腹部と胸部を分離する。神崎氏の腹部は即座に白色、青色、橙色の円形の錠剤数錠へと変化する。8神崎氏、SCP-2799-JP-1-1は明確な動揺を示す。SCP-2799-JP-1-1は錠剤を手に取るが、神崎氏はSCP-2799-JP-1-1に対しそれを服用しないよう強く説得する。

SCP-2799-JP-1-1は神崎氏を無視する。神崎氏は泣き叫ぶ。

SCP-2799-JP-1-1は錠剤を全て一度に服用する。SCP-2799-JP-1-1の外見が神崎氏の19歳前後のものに変化する。直後、SCP-2799-JP-1-1は胸元を押さえ、激しく痙攣する。SCP-2799-JP-1-1は約2分間蹲った後、突如として笑い出す。神崎氏は泣きながら目を瞑っている。

SCP-2799-JP-1-1は笑うことを止め、目を閉じ、約3分間静止する。神崎氏は泣きながらSCP-2799-JP-1-1にしきりに謝罪する。SCP-2799-JP-1-1は神崎氏を抱擁し、8分30秒の間会話を行う。

SCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPを用いて神崎氏の頸部を切断する。神崎氏の胸部は即座に錠剤及びプラスチック製容器9へと変化する。SCP-2799-JP-1-1はこれを25分12秒掛けて摂食する。SCP-2799-JP-1-1の摂食はゆっくりとしているが、摂食中苦痛を示す様子は無い。一方、神崎氏は摂食中常に泣いている。摂食するにつれ、SCP-2799-JP-1-1の外見が神崎氏の21歳前後のものに変化する。

SCP-2799-JP-1-1と神崎氏は20分7秒の間会話を行う。10

神崎氏は目を閉じる。SCP-2799-JP-1-1は神崎氏の口部を大きく開いた後、SCP-2799-JPを用い、神崎氏の口蓋を切開し脳組織を刺突する。

脳組織が琥珀色の液体に変化する。11SCP-2799-JP-1-1は神崎氏を持ち上げ、神崎氏にキスをしてこれを飲み干す。

SCP-2799-JP-1-1の外見が神崎氏とほぼ同等のものに変化する。SCP-2799-JP-1-1は神崎氏を静置し、3分58秒の間泣きながら笑う。SCP-2799-JP-1-1はSCP-2799-JPを床に置き、正座をして合掌をする。

SCP-2799-JP-1-1: ご馳走様でした。

<記録終了>

追記: 生前の神崎氏の自宅調査の結果、MDMA、覚醒剤の錠剤及び多量の睡眠薬が発見されました。当事象と摂食イベント中の現象、及びSCP-2799-JPの起源との関係については現在調査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。