SCP-2830-JP
rating: +14+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2830-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2830-JPはサイト-81██の標準生物収容セルに収容され、収容室内部への立ち入りは原則禁止されます。SCP-2830-JPは現在うつ病と診断されており、1日に1度カウンセリングが行われます。

Andrias_japonicus1%202.jpg

SCP-2830-JP

説明: SCP-2830-JPは日本人の成人程度の知能を持ち、日本語を発話可能なオスのオオサンショウウオ(Andrias japonicus)です。

SCP-2830-JPの異常性はSCP-2830-JPと任意の生物(以下、対象とする)が密室(以下、SCP-2830-JP-Aとする)に入った場合に発生します。その際、SCP-2830-JPと対象はいかなる方法を用いてもSCP-2830-JP-Aの内部から脱出する事が不可能になります。しかし、第三者が外部から扉を開けるなどの行為をした場合には脱出可能となります。

SCP-2830-JPは20██年█月から同年██月にかけて発生した連続誘拐事件の捜査の際に犯人である██氏の自宅から発見されました。発見当時SCP-2830-JPは結束バンドで拘束されており、██氏はSCP-2830-JPの異常性を被害者の監禁に用いていたと考えられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。