SCP-2834-JP
評価: +31+x
blank.png
アイテム番号: 2834-JP
レベル2
収容クラス:
euclid
副次クラス:
none
撹乱クラス:
vlam
リスククラス:
notice

20220706_201302.jpg

収穫間近のSCP-2834-JP。


特別収容プロトコル: SCP-2834-JPの群生地を囲うように、臨時サイト-81AEが建設されます。財団とGoI-082“マナによる慈善財団(MCF)”の間で交わされている1995年度キガリ協定に則り、SCP-2834-JPの直接的な管理と運用はPoI-8631に委任されます。PoI-8631と財団の連絡要員として、臨時サイト-81AEには最低でも2人以上の財団職員が常駐します。この連絡要員の主な業務には、SCP-2834-JPの収容に必要な物資の補給とPoI-8631の監視も含まれます。

SCP-2834-JPはMCFの特殊資産に指定されている為、当該団体の偽装と隠蔽工作が常時展開されており、よってその異常性が一般社会に露呈する可能性は低いものと見なされています。何らかの理由によってSCP-2834-JPの収容違反が発生した場合、指定薬剤もしくは電子的侵襲ミームを状況に応じて選択し、対象人物の記憶処理を実行します。

説明: SCP-2834-JPは複数の異常性を有するパンコムギ(Triticum aestivum)です。SCP-2834-JPは一般的なコムギ属(Triticum)と外見上の差異は殆どありませんが、その麦穂を食用に加工した場合には通常の小麦粉と比較して「食味や食感が明らかに劣っている」と評価されます。

SCP-2834-JPの播種から収穫までに要する日数は凡そ1ヶ月であり、これは通常のパンコムギが半年以上の期間を必要とする事実を踏まえると異常な生育速度とされます。また、収穫期を迎えたSCP-2834-JPを刈り入れせずに1週間程放置すると、全ての麦穂が枯死した後に新たなSCP-2834-JP実例が周辺の土壌から発芽します。SCP-2834-JPの食味は、この枯死と発芽のサイクルを繰り返す度に劣化することが判明しており、最終的にはオブジェクトを摂食するだけで軽度の頭痛や悪心を引き起こす程にまで品質が低下します。

ゲノム解析の結果から、SCP-2834-JPにはセイヨウリンゴ(Malus pumila)、イチジク(Ficus carica)、マレーヤマバショウ(Musa acuminata)の他、不明なヒト(Homo sapiens)由来の遺伝子情報が混在しています。これらのDNAサンプルは人為的に組み替えられた痕跡を残しており、財団データベースから類似する事例を参照したところ、オブジェクトの起源にGoI-8101“日本生類創研”の技術的関与があったものと断定されました。しかしながら、MCFの広報部門は日本生類創研から寄贈された特殊資産の完全なリストを財団に公開していない為、本件に関する裏付け調査は一旦見送られています。

SCP-2834-JP-Aは、SCP-2834-JPを摂食した人間(以下、“対象者” )のみが知覚する人型存在を指します。SCP-2834-JP-Aは一貫して白色のワンピースを着用し、顔の右半分に花の蔓が巻き付いた少女の形態を取ります。対象者の証言によると、摂食するSCP-2834-JPの調理方法によってSCP-2834-JP-Aの挙動や周辺環境が変化するとされています。これはSCP-2834-JP-Aが何らかの意思を持って行動していると見なすことができる一方で、当該実体から対象者に対する言語コミュニケーションなどの有意な試みは1度も確認されていません。対象者がSCP-2834-JPの摂食を終えると同時に、SCP-2834-JP-Aは消失します。

SCP-2834-JP-Aの正体については現在も調査中ですが、限定的な抗認知能力を備えた霊的実体、或いは情報実体であるとする説が有力視されています。財団の所有する各種計器類1を使用した測定実験では、いずれに於いてもSCP-2834-JP-Aの実存を立証することは出来ませんでした。

発見経緯: SCP-2834-JPの発見は、日本国内の大手SNS上で話題に挙げられていた“美少女と出会える白い粉”の都市伝説が発端となりました。MCFは既にSCP-2834-JPを大衆から秘匿する手段を講じていましたが、一部のSNSアカウントが“自室内に突如として出現する小麦製品”の動画を投稿したことで財団の介入が決定し、その後の暫定的な共同収容へと繋がりました。上記の動画投稿者には逐次記憶処理を施しましたが、PoI-8631は現在も当該人物らにSCP-2834-JPの配給を行っています。

以下は、SCP-2834-JP摂食実験の記録を抜粋したものです。これらの実験ではSCP-2834-JPの調理から実際に摂食するまでのプロセスを、調理師免許の有資格者であるD-67945が担当しています。

補遺1: PoI-8631(“古部 悠良”)はMCF日本支部に所属するミッションワークグループのメンバーとして精力的に活動する傍ら、GoI-093"PAMWAC"に於いても『マナチャリ』の名で知られる胡乱な奇跡術師として認知されています。PoI-8631はSCP-2834-JPの収穫から食品加工、対象者宅への配給作業までを全て、独自に構築した奇跡論術式を稼働させることでオートメーション化に成功していました。この生産活動に利用されているパラテックの一部には、GoI-016“世界オカルト連合(GOC)”の█████や████も確認されており、これらはPAMWACコミュニティ内部に潜伏している、GOCと深い繋がりを持つ協力者から提供されたものであると推測されています。

以下は、SCP-2834-JPの共同収容が決定した際に行われた、PoI-8631に対するインタビューの記録です。このインタビューの中で言及された、SCP-2834-JP、及びSCP-2834-JP-Aの起源に関係すると思われる部分のみを抜粋しています。

補遺2: 財団はSCP-2834-JPの定期配給先となっている日本国内計4,306世帯全ての調査を完了しました。結果として、SCP-2834-JPの配給対象となる人物は全体の84%が50代以上の高齢者のひきこもりであり、両親を既に亡くしているか日常の生活支援を放棄されている事実が判明しました。残る16%は若年層のひきこもりで、前述した配給対象との共通点として「自室から殆ど出ることがない」という部分で概ね一致しています。

現在の配給対象が置かれている閉塞した生活状況は、SCP-2834-JP及びSCP-2834-JP-Aの長期的な暴露の結果である可能性が指摘されています。しかし現時点でのPoI-8631の拘束やSCP-2834-JPの生産停止は配給対象の急速な経済的困窮、ひいては同時多発的な自死や餓死を引き起こす恐れがある為、現行の収容プロトコルが改訂されることはありません。



20220707_171939.jpg

PoI-8631によるSCP-2834-JP-Aのイラスト、題名は『マナ』とされている。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。