SCP-2851-JP
rating: +45+x
blank.png
red

部屋内部イメージ

アイテム番号: SCP-2851-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2851-JPは南京錠で施錠し、24時間の監視システム下に置かれます。侵入を防ぐため警備員1名が近隣の施設に常駐します。SCP-2851-JPに関する全ての文書は予防的に赤字で記述されます。SCP-2851-JP内部探査および異常性の調査の進行により当該プロトコルは変更されます。

説明: SCP-2851-JPは、ドイツブロッケン山中にある山小屋です。同外観を持つ山小屋は周囲に9つありますが、SCP-2851-JPのみドアノブのすぐ上に"怪奇部門 (Department of Abnormalities)”という小さな金属製プラカードが取り付けられています。

SCP-2851-JP内の全ての壁は赤く着色されています。着色は非異常性のペンキなどで行われており、ルミノール試験による血痕検出は陰性を示します。

SCP-2851-JP内ではいくつかの物品が発見されています。以下はその一覧です。

・カッターナイフ
・赤色の筆記具
・文書。後述
・童話の絵本
・ヘッドホン
・ブタ(Sus scrofa domesticus)の骨
・宗教的儀式に使用される小型の祭壇。ルミノール反応はない

SCP-2851-JP内に発見された文書のうち、SCP-2851-JPに関する記述の大部分は赤色のインクで筆記されており、赤字の記入を推奨する内容が記載されています。現在、赤字以外でSCP-2851-JPに関する記述を行った場合何らかの異常が発現するかの長期試験中であり、異常性がないことが確認され次第当文書は黒字に修正されます。文書の閲覧はセキュリティクリアランスレベル5以上を有する職員の認可を必要とします。

SCP-2851-JP内部には内開きのドアによって隔てられた部屋があります。ドアは錆に覆われた重厚な金属製で、一枚の黒いスライドパネルが小さなガラスの覗き窓を覆っています。覗き窓は曇りガラスが使用されており、内部は不明瞭にしか確認できません。鍵穴は溶接によって埋められ、ドアは閉鎖されています。ドア構造の部分的破壊による内部調査許可は現在申請を保留されています。スライドパネルのすぐ下には金属製プラカードが張り付けてあり、「生贄を捧げよ」という文言が記銘されています。






特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。