SCP-2882-JP
rating: +12+x
アイテム番号: SCP-2882-JP Level 3/2882-JP
オブジェクトクラス: Cernunnos1 Classified

50374473696_8e355d75c7_o.jpg

GoI-1617がSCP-2882-JPと契約する際に撮影した画像。画像左の光る球体はSCP-2882-JPの代表であるとされている。


特別収容プロトコル

現在SCP-2882-JPを収容しようとする試みは、情報社会の安全性を脅かす行為だと社会から非難される可能性があり、財団に対する社会の信頼を大きく損なわせる危険性があります。そのため財団によるSCP-2882-JPに対しての収容活動は、SCP-2882-JPに代わる叡智圏外経由電子的攻撃2に対する防衛手段が確立されるまで行われません。

説明

8722010691_bcc4a14c17_o.jpg

SCP-2882-JPを使役する事が可能なチップ。

SCP-2882-JPは情報セキュリティを保持する能力を持った悪魔実体3群です。SCP-2882-JPは2025年に暗号化至上主義団体のGoI-1617("プライバシーを救う暗号主義者達の集い")と何らかの契約を行ったと推測されており、その契約によりSCP-2882-JPは情報セキュリティを維持する労働に従事していると考えられます。

SCP-2882-JPは科学法則、体系化された呪術、統一奇跡論のどの学術領域でも説明することが不可能な方法で、暗号化された情報を不正に解読しようとする行為を妨害します。SCP-2882-JPにEVE(第六生命エネルギー)4を捧げることで時空間にどのような影響を与えるのか観測が行われましたが、いかなる観測機器を用いてもSCP-2882-JPの作用による変化を観測することができませんでした。

SCP-2882-JPは解読に必要な暗号鍵5を隠匿することに特化しています。SCP-2882-JPは暗号鍵を対抗概念化6しているか、特殊な認識災害を引き起こしていると予想されており、SCP-2882-JPによって隠匿された暗号鍵は知性を持った存在に認識されることが不可能になります。隠匿された暗号鍵はSCP-2882-JPに承認された人物や機器のみが認識することができます。

SCP-2882-JPを活用する技術はGoI-1617によって開発され、詳細な動作原理や使用方法は一般に公開されています。そのため、現在の暗号化技術で使用される暗号鍵はほぼ全てSCP-2882-JPによる保護を採用しています。SCP-2882-JPを用いて暗号鍵を隠匿する方法はGoI-1617のメンバーによって開発されました。この技術により、使用者は生命エネルギーや電気エネルギーなどの対価を支払うことで、SCP-2882-JPに保護を行わせることができます。

SCP-2882-JPはかなり高度な認識操作を行うにも関わらず、要求する対価が想定される量より少ないという特徴があります。これはGoI-1617との間に結ばれた契約が原因だと考えられます。


補遺. 2882-JP.1

2025年11月6日に財団日本支部の元システム分析官である雪田弘人ゆきたひろとによる機密情報漏洩事件が起きたことにより、全世界のネットワークを監視するパラテクノロジーコンピュータ、通称"けい"の存在が一般社会に認知されることになりました。この暴露はGoI-1617がSCP-2882-JPと契約する間接的な原因になったと考えられています。

以下はその事件の報告書です。


補遺. 2882-JP.2

梟計画とは、増加するパラテロリズムに対抗するべく発案された大規模な電子諜報作戦です。

以下は、梟計画についての計画書です。

 

補遺. 2882-JP.3

以下はGoI-1617のメンバーの内、SCP-2882-JPとの契約を計画したメンバー達によるチャットの記録です。

GoI-1617はSCP-2882-JPと契約した事を告知する声明文を発表しました。また、この声明文には財団の活動に対する批判が含まれています。以下はその声明文です。この文書はGoI-1617が設立したサイトで閲覧することが可能です。


 

補遺. 2882-JP.4

かつて人類は天体の動きや変化、動物の骨に入ったヒビから神や精霊からのメッセージを読み取ろうとしていた。

だが、科学という概念が発明されてからは人々はそういった霊的存在に頼ることはなくなった。

しかしどういうことか、我々は再び神々からの言葉を欲しがっている。高度な情報社会で優位性を得ようと突き詰めた結果がこれなのである。

そしてあの情報を隠す者達もまた同じ方法を選択した。彼らもまた悪魔の力を借りたのである。

今や諜報機関とハッカーとの間で行われていた暗号戦争は、それぞれがすがった霊的存在によって行われている。それも、我々人類が知りえない次元の領域でだ。

これからの暗号戦争は、人智を越えた神と悪魔の戦いなのである。

そうである以上、我々はあの"慧"眼を捨て去るわけにはいかない。

破壊的な不条理が蠢いているこの世界で、我々の眼を曇らせるわけにはいかないからだ。

O5-4

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。