SCP-2891-JP





rating: +20+x
blank.png


監督評議会命令

当報告書は複数の時間軸に存在する財団外部サイトとの情報共有システムにより常時更新されていますが、一部未更新の情報が暫定的に保存されている可能性があります。最新の情報にアクセスするにはRAISA情報管理官に直接の申請を行ってください。

その強き意思と共に立ち上がれ。Tindalosの心臓に、杭を打ち込むその時まで。

我らが希望を守り通せ、その身朽ち果てようとも決意を固めよ。

:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) { 
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}
Item#: 2891-JP
Level5
Containment Class:
esoteric
Secondary Class:
tiamat
Disruption Class:
amida
Risk Class:
critical

 

image

サルンペト法則に基づく数学的性質から特定されたSCP-2891-JPモデル

特別収容プロトコル: SCP-2891-JPが原理的に干渉不可能な特異点に存在するため、物理的な収容は不可能です。SCP-2891-JPの収容はプロトコル"Megalo Strike Back"に基づき実施されます。プロトコル"Megalo Strike Back"に関する詳細な情報は添付資料2891-JP-σ091を参照してください。

プロトコル"Megalo Strike Back"簡易説明: SCP-2891-JPの収容状態を維持するため、担当職員は継続的にサイト-シグマ01に配置されたアインシュタイン=ローゼン因果隔絶橋の状態を確認し、管理官に報告してください。情報が流出した場合、関係者全員にBクラス記憶処理が行われます。非常時にはレベルⅥ逆因果改変プロトコルの発令とともに、サイト-シグマ01を除く全職員に対する避難命令が下されます。

説明: SCP-2891-JPは我々の存在する時間軸(以下、標準人類史プロセスH-001と表記)には存在しません。SCP-2891-JPは138億年前に、主流科学における真空状態の空間に存在していた高次元的、形而上学的非実体であり、現在は全ての多元宇宙と間接的に接続された親宇宙、人類史プロセスH-000内部に収容されています。当該オブジェクトが発現させる異常性は古典力学を大きく逸脱した特異的な法則・原理に基づく現象です。

SCP-2891-JPは多元宇宙論に基づく高レベルのマルチバースに位置する非実体であるため、包含する全ての多元宇宙に干渉することが可能です。これには標準人類史プロセスH-001も該当します。活性状態のSCP-2891-JPは現実改変能力に類似する性質を有しており、その未解明の異常性によって時空間に著しい損傷を発生させます。その後、最終的に自身の存在する時空間を完全に崩壊させ、一連のプロセスの終了後に非活性状態へと移行します。非活性状態は観測データ上、最長で64日を記録していますが、その間隔は不規則です。これら一連のプロセスは1954年にPKクラス"Universe-Predation"シナリオ1として財団データベースに登録されました。



Chapter-01: 発見経緯

度重なるK-クラスシナリオの発生により、現実に大幅な湾曲現象が発生していることが確認されています。報告書内部には矛盾点が存在する可能性があることに留意してください。

2891-JP

時間軸番号: H-012

保護優先度: None

状態: 崩壊

特殊協定プロトコル: 人類史プロセスH-012は発見当時より壊滅しているため、プロトコルの制定は不要です。

当該時間軸での本質的な目的は多元宇宙における正常性維持機関の存在の確認、及び多元宇宙論に関する幾つかのサンプルデータの回収、そして未解明の理論及び現象に関する調査です。全てのデータは転送装置を用いて標準人類史プロセスH-001へと転送されます。

説明: 本計画の当初の目的は上記の通り、多元宇宙でのデータの収集でした。当時より研究されていたダークエネルギー2を用いたワームホールの技術は特筆すべき事項であり、これを用いた大規模な時空間移動計画が考案、実行されました。当計画が実行されたのは1954年であり、当時実験が行われたサイト-シグマ01には財団の主要な研究員であるアルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)の姿もありました。

補遺: 実験記録2891-JP - 1954/09/16

当実験の最終目標はワームホールの生成、及び多元宇宙への自由移動手段の開発であり、当時財団職員であったアインシュタイン上位研究員の主導のもと進められました。結果的に実験は成功し、カシミール効果の応用によって抽出に成功したダークエネルギーを使用し、クラス-A"トランスポーテーション"ワームホールの生成に成功しました。しかしながら、ワームホールの発生と同時にサイト-シグマ01を含めた局所的なCK-クラス再構築シナリオが発生し、サイト-シグマ01とその周辺が甚大な被害を被りました。当該事案はインシデント2891-JP-αとして記録されており、何故当該インシデントが突如発生したのかは不明です。これにより、当時サイト-シグマ01に滞在していたアインシュタイン研究員もシナリオによる現実改変の影響に曝露し、それまで記録されていた"財団職員としての活動記録"と"歴史的理論物理学者としての公的な活動記録"の2つが現実内部に混在する結果となりました。

"壊された虚構"シナリオ3が発生したのは当該インシデントから24時間後のことです。当時財団内部で異常科学として知られていた「ボース=アインシュタイン凝縮現象」や「アインシュタイン=ローゼン橋4」などの概念が一般に公開されていることを財団が捕捉しました。これらの概念の一般大衆への公開は機密事項である研究課程の外部への流出、及び大衆への大規模な攪乱に繋がることが予想され、事実としてこれらの理論は大衆の注目を集めていることが判明しました。

データベースに記録されていた情報から、これらの理論を発表したと推測されるネイサン・ローゼン、またサティエンドラ・ボースに対する聴取が行われましたが、両者は当現象について理解しておらず、またシナリオ発生以前の記憶についても激しい混濁が発生していることが伺えました。

まず第一に、私は状況を把握できていません。

インシデントアルファの発生以前の記憶は具体的に2つのものが混濁しており、貴方達「SCP財団」の下で活動していた記憶、そしてイスラエルの物理学者として研究を進めていた記憶の2つが存在しています。どちらが実際にあったことなのか私は理解できていませんし、これから私がどのように活動すべきか分かりません。ただ一つ言えるのは、サイト-シグマ01でのインシデントが確実に現実に大規模な影響を与えたという事実のみです。しかしながら現実改変には指向性が存在するはずであり、これらの事象が自然的に発生したものとは到底思えません。

考えうる可能性として、クラス-A"トランスポーテーション"ワームホールの先には何らかの現実改変の起因となる実体が存在したのではないでしょうか?そうでなければ今回の事象のようにはならないはずです。しかしまずは事態の収束が先決となることでしょう。

確保、収容、保護。 しかし、私はこれからどうすれば?ただの物理学者として生きるべきか、異常から人類を守る楯と成るべきか。

   ネイサン・ローゼン

"壊された虚構"シナリオの発生以降、財団のヴェールは局所的に崩壊しつつあります。改変後の現実における一般相対性理論などの研究関係者は既に財団の存在について認知している可能性が高く、最近では秘匿された研究サイトに無関係の人物らが職員を名乗り訪問する事案などが発生しています。現在、正常性維持機関との特別協定に基づく大規模秘匿処置によってヴェール崩壊の影響を最小限に抑えることに成功していますが、インシデントの影響の拡大に伴い将来的に正常性維持機関のキャパシティを超えた情報の拡散によってヴェールが完全に崩壊する可能性が極めて高いことが推測されています。

財団はインシデント2891-JP-αの起因となった可能性の高い未発見の実体を暫定的にSCP-2891-JPと定義、多元宇宙に関する研究の目的を大きく変更し、更なる調査を行うことを決定しました。



Chapter-02: 初観測記録

以下の文書は多元宇宙に派遣された財団外部サイトからの調査データであり、一部不正確な情報が含まれている可能性があることに留意してください。

2891-JP

時間軸番号: H-029

保護優先度: None

状態: 崩壊

特殊協定プロトコル-ARC: 人類史プロセスH-029の正常性維持機関5に相当する"███連合異常捜査部門"に大幅に譲渡する形で財団施設の建設などの許可、及び協定を締結することに成功しました。当該時間軸での全ての活動は攪乱のリスクなどから最小限に抑えられ、表面上は"H-029の保護"を目的としていることを主張するようにしてください。

当該時間軸での目的はSCP-2891-JPの観測、及びH-029に存在する正常性維持機関との協定によるSCP-2891-JPについての更なる研究です。

説明: 人類史プロセスH-029は復旧されたサイト-シグマ01にて再度行われた大規模時空間移動計画によって接続に成功した並行時間軸の一つであり、内部構造は概ね標準人類史プロセスH-001と一致しています。

補遺: PKクラス"Universe-Predation"シナリオ発生について

標準人類史プロセスH-001上の西暦1954年11月、H-029に建設されていた外部サイト-シグマ81より観測結果に関するデータが転送されると同時に信号がロストし、H-029との全ての通信が突如として遮断されました。以下はサイト-シグマ81より送信された報告書の抜粋です。

Report - Site-σ81 / Last Revision

image

PKクラス"Universe-Predation"シナリオ発生中の人類史プロセスH-029内部惑星で撮影

アイテム番号: SCP-2891-JP

オブジェクトクラス: Apollyon

特別収容プロトコル: 人類史プロセスH-029上でのSCP-2891-JPの収容は不可能です。

説明: SCP-2891-JPは現時点で人類史プロセスH-029上に存在する、高次元的、形而上学的非実体です。崩壊したH-029上の次元ポケットの形跡より、SCP-2891-JPは時空間的な初期特異点、即ち時空間の外部、量子論的な「真空状態」に位置していたことが判明しました。

これより述べるのはサイト-シグマ81、及びH-029の正常性維持機関の見解です。

SCP-2891-JPが量子論的真空空間から出現したことを踏まえ、SCP-2891-JPの起源は初期特異点、即ち真空空間における量子的ゆらぎ6による偶発的な生成プロセスの後に発生したと推測されます。この生成プロセスは現代科学のインフレーション理論、及び4次元的な証明が可能な財団科学部門の独自式、Gödelクラス未完因果理論によって説明可能です。仮にこれらの理論が正しければSCP-2891-JPを物理的に収容することは原理的に不可能であり、また同時に全ての多元宇宙が危機的状況にあることを示しています。

我々はこの事象の収束のため、全ての多元宇宙、もしくは起源である親宇宙に存在する全ての正常性維持機関との協力によってSCP-2891-JPの収容手段の確立をすべきだと進言します。
 
 
Apollyonクラス緊急通達: 現在PKクラス"Universe-Predation"シナリオが発生中です。全ての研究データは標準人類史プロセスH-001へと転送されます。

人類史プロセスH-029に関する報告は以上です。



Chapter-03: 収容計画

以下の文書には幾つかの人類史プロセスに関する情報が含まれており、一部には現実改変による影響のために矛盾点の存在する記述が含まれている可能性があることに留意してください。

2891-JP

時間軸番号: H-000

保護優先度: 最優先

状態: 正常

特殊協定プロトコル: 人類史プロセスH-000に存在する正常性維持機関との特別協定の下、プロトコル"Megalo Strike Back"は実行されます。H-000は継続的な自己収容状態を維持する必要があり、内部に存在する全ての職員は喪失判定を受けます。

説明: 人類史プロセスH-000は宇宙インフレーション7によって発生した全ての多元宇宙・階層的宇宙の最上位に位置する親宇宙です。親宇宙は下層の全ての子宇宙とアインシュタイン・ローゼン橋によって接続されているため、因果関係を無視した手段を用いることによって全ての多元宇宙に干渉することが可能です。通常はアインシュタイン・ローゼン橋によって完全に因果関係が隔絶されているため、あらゆる干渉を受けず、また現代科学では観測することも不可能です。しかしながらSCP-2891-JPはこれらの隔絶の影響を受けず、恐らくは干渉可能であると推測されます。

補遺: インシデント2891-JP-β

1955年1月19日、突如として観測可能な全ての時間軸に外部エントロピー由来のアノマリーが発生し、大規模な攪乱を招きました。次元ポケットの座標・角度の検出結果より、これらアノマリーの発生源は無次元の特異点、即ち時間軸外部の真空空間であることが現在確認されています。

以下は発生が確認されたアノマリーの抜粋です。

アイテム番号: OBJ-016

オブジェクトクラス: Paradox-Apollyon8

発生場所: 人類史プロセスH-026

説明: OBJ-016は血液感染性の病原体であり、未解明の量子論的プロセスによって知性を有していることが判明しています。OBJ-016の感染対象は現時点でホモ・サピエンス(Homo sapiens)に留まっており、全種の感染対象に関する変異は確認されていません。OBJ-016の潜伏期間は最長で24時間を記録しており、この潜伏期間が終了すると同時にOBJ-016は活性状態へと移行します。活性状態へ移行したOBJ-016は宿主の細菌叢をDNAレトロウイルスへと変異させ、宿主のDNA構造の変異、及び細胞分裂の高速化などの現象を発生させます。このプロセスが終了した場合、ほぼ全てのケースにおいて宿主となったヒトは異常な性質を有するアノマリーへと変異します。これらのアノマリーはOBJ-016-Δ群と定義されていますが、その個体数から完全な収容は不可能だと断定されています。

現在、H-026ではOBJ-016による大規模なパンデミックが発生しており、非異常性曝露者の救助が急がれています。そして、これより述べるのは監督評議会の総意です。

H-026の太陽系第三惑星で連鎖的に核弾頭を起爆させ、OBJ-016-Δ群を終了することによりOBJ-016の収容を完遂させます。これは他次元への更なる感染を防ぐための最終的な手段であり、現在プロトコル発動のために暫定的にオブジェクトクラスがParadox-Apollyonへと変更されています。

これ以上のH-026への干渉は無意味です。全ての観測実験は中止すべきだと明言します。

これらの事態は現状SCP-2891-JPによる時空間への著しい損傷によって発生したものと推測されており、対応策検討のため財団の主要な研究員を招いた大規模会議、及び各研究員への聴取が行われました。


インタビュー記録 - 1955/04/15

image

アルベルト・アインシュタイン上位研究員

対象: アルベルト・アインシュタイン上位研究員

インタビュアー: ヘイズ研究員

付記: 今回インタビューを実施するにあたりヴェール崩壊の可能性を最小限に抑えるため、公的にはカバーストーリー「腹部動脈瘤の肥大によるプリンストン病院への入院」が流布され、今月18日にはカバーストーリー「死亡」の流布によって事態が隠蔽される事になっています。アルベルト・アインシュタイン上位研究員は現在、財団職員としての活動を主体に行う必要があると考えており、財団もまたそれに同意しています。


<録音開始、1955/04/15>

ヘイズ研究員: お久しぶりです、アインシュタイン研究員。もっとも、今は世界的な物理学者、アルベルト・アインシュタインさんとお呼びするべきかもしれませんがね。

アインシュタイン上位研究員: いや、その必要は無いよ。私は今後もここで研究を進めるつもりでいるし、恐らく公的には"死亡扱い"されたほうが色々と自由にやれるからね。

ヘイズ研究員: 早速ですが、幾つか質問を。まずサイト-シグマ01で発生した事象に曝露し、なお活動しているのは貴方のみです。その上で、あの時何が起こったのか、推測でも良いのでどうかお聞かせください。

アインシュタイン上位研究員: そうか、君たちには未だ話していなかったな。すまない、どうも自分のデスクで物事をまとめていると話だけが先にいってしまうんだ。……完全な憶測だが、あれは簡潔に言って"向こう側の現実が流入してきた"と言うほか無い。

ヘイズ研究員: しかし、並行時間軸であれば現実性は安定しているはずでは?

アインシュタイン上位研究員: 通常であればそうだ。だが、ティンダロスが現実を貪ってる最中に穴を開けたとしたら、君はどうなると思う?

ヘイズ研究員: SCP-2891-JPがあの場所にいたと?あまりにも偶然が過ぎる気はしますが。

アインシュタイン上位研究員: 偶然などではない。理論を追求していく上で、可能性として1%でも考慮されるものは視野に入れるべきだ。あの場所にSCP-2891-JPがいて、まさにPKクラスシナリオが発生していたとする。そこに我々がワームホールを設置したんだ。あたかも、今にも破裂しそうなぐらい膨らんだ風船に針で穴を開けたかのように。

アインシュタイン上位研究員: 当然、開いた穴からは空気が漏れるように、現実流が我々の世界に流入する、言わば相転移が発生したのだ。正常な世界がそうであったように、恐らくあの並行時間軸でも私は「物理学者」だったのだろう。そして現実が混濁し、ヴェールは崩壊した。

ヘイズ研究員: その件は理解できました。次に、SCP-2891-JPはどのような性質を持つとお考えで?

アインシュタイン上位研究員: あれは……私の専門外だ。だが、このような事態になっている以上、私もこの理論に納得せざるを得ない。量子論において、"真空空間"というのは初期特異点、つまり宇宙が誕生する前の空間だ。そこでは絶えず粒子と反粒子のペアの生成と対消滅が繰り返されており、量子的な"ゆらぎ"、財団で言うところの現実改変が発生している。

アインシュタイン上位研究員: アレは量子的ゆらぎ  現実改変によって遥か昔に生まれた。いや、今なのかもしれないし、未来なのかもしれない、ただ一つ言えるのは、アレは時空間の外側の存在だと言うことだ。4次元的な考え方は出来ない。あれは……猟犬だ。それも血に飢えた、とびっきりにデカい、化け物だ。

ヘイズ研究員: 最も聞きたいことがあります。これには貴方のその聡明な知識が必要不可欠で、どうか力を貸していただきたいのです。……簡潔に言って、アレはどうすれば"収容"出来るのです?

アインシュタイン上位研究員: 君はニッポンの伝説、「ヤマタノオロチ」を知っているかね?人々を喰らう8つの首を持った化け蛇を、酒を飲ませて酔ったところを殺すという話なのだが。

ヘイズ研究員: まさか。貴方が人並外れた思考をしているのは知っていますが、イカれている訳じゃないでしょう?

アインシュタイン上位研究員: 私はその気でいるよ。別の宇宙を囮に使う。

ヘイズ研究員: ……天才の考えることは分からない。最ッ高にイカれてますよ、アンタ。

後日の緊急会議での評決の上で、アインシュタイン上位研究員の主導の下、プロトコル"Megalo Strike Back"は計画されました。


プロトコル"Megalo Strike Back"

序文

度重なるSCP-2891-JP発生事象、及び副次的に発生した外部エントロピー由来のアノマリー発生事象に伴う複数の並行時間軸の崩壊などの事実より、SCP-2891-JPの収容を先送りにすることは最早許容されません。多元宇宙に現存する全ての文明との協力の下、SCP-2891-JPを収容することが我々の最終目標であり、終着点です。

我々を待つのは地獄か楽園か、それは誰にも解りません。しかし、今理解できる脅威を避け、より良い未来を追求することこそが、我々の理念ではないでしょうか。

確保、収容、保護。決意を固めよ、人類の栄光のため。

image

階層的宇宙の3次元モデル

計画概要

我々の存在する標準人類史プロセスH-001は宇宙インフレーションによって膨張し、分裂した子宇宙の一つであり、その根本には親宇宙である人類史プロセスH-000が存在します。これは現代科学の多元宇宙論で証明されている事項であり、事実として我々は並行時間軸の観測及び干渉に成功しています。

第一目標は人類史プロセスH-000への干渉、及び内部に存在する文明との協定の締結です。1955年現在、H-000文明との協定の締結に成功しました。詳細な条約については添付資料2891-JP-σ192("多元宇宙連合特別協定条文 - H-000")を参照してください。

第二目標はH-000内部へのSCP-2891-JPの"誘き寄せ"です。シャンク=スクラントン因果擾乱器11を用いて人為的にH-000内部の因果攪乱を発生させ、外次元からの干渉を受けやすい状態へと変遷させます。当該手順の実行にあたり、H-000内部に存在する文明の標準人類史プロセスH-001への移転が要求されています。

これについて監督評議会は評決を取り、結果としてヴェール崩壊を前提とした大規模な文明の移転を行う方針で可決されました。それに伴い、SCP財団は公的な正常性維持機関として再構築される計画が並行して進行中です。

第三目標はH-000の自己収容状態の完成です。これには財団職員アルベルト・アインシュタイン、及びネイサン・ローゼン氏が共同で開発した大規模現実湾曲機構"アインシュタイン=ローゼン因果隔絶橋"が導入され、起動されることによって成立します。

image

アインシュタイン=ローゼン因果隔絶橋の3次元モデル

アインシュタイン=ローゼン因果隔絶橋の主な機能は人類史プロセスH-000と他の並行時間軸を繋ぐワームホールの完全な閉鎖です。これにより因果関係が外部から隔絶されたH-000に存在する全ての存在は他次元への干渉が不可能になり、また脱出も不可能な"自己収容状態"へと至ります。当機構の維持にあたり、全ての並行時間軸にアインシュタイン=ローゼン因果隔絶橋を設置し、各時間軸のワームホールを遮断するためのダークエネルギーを供給する必要があります。ダークエネルギーはカシミール効果を用いた生成器を用いることによって生成可能であり、また全ての機構は各次元のサイト-シグマ01に配置されます。


我々は敗北したわけではありません。我々の理念は異常の確保、収容。
今こそ、我々は団結して立ち向かわなくてはなりません。

   O5-1

プロトコル"Megalo Strike Back"に関する記述は以上です。


 
 
 
 
 
 
 
 
Everyone Deserves a Second Chance.

Say GoodBye Now.


 
 
 
 
 
 
 
 


Chapter-04: Execute

プロトコル"Megalo Strike Back"は実行中です。全ての職員は指定された手順に従い、正確かつ迅速に行動してください。

2891-JP

時間軸番号: H-000

保護優先度: 最優先

状態: 自己収容状態

特殊協定プロトコル: N/A

説明: 人類史プロセスH-000は完全な自己収容状態にあります。また、内部にはSCP-2891-JPが収容されており、全てのワームホールはアインシュタイン=ローゼン因果隔絶橋によって封鎖されています。H-000の文明の移転は現在進行中です。また、これによって"壊された虚構"シナリオが発生しましたが、財団が公的な正常性維持機関として声明を発表することによって事態の一時的な収束に努めています。またあらゆる情報共有手段は阻害され、情報に規制がかけられている状態です。各国政府との協力の下、事態の収束が急がれています。

以下はSCP財団が発表した公的な声明の抜粋です。詳細な発表については後日のオリエンテーションの資料のほか、当報告書の添付資料2891-JP-σ283より参照できます。

正常性維持機関SCP財団 公的声明発表

社会を混乱と不安に招いていることを、先ずはお詫び申し上げます。
本件に関する全ての事項について、我々より直接発表します。

我々はSCP財団です。元来よりその存在は秘匿されており、世界各地で発生する異常な現象に対処するために結成された組織です。

しかしながら、今回の異常実体発生事象に伴い、我々は最早異常存在の秘匿を行うことが不可能になりました。そして異常存在の収容のため、虚構を棄却することによって正常性を維持する決断を下しました。我々の本来の理念はその存在の秘匿とともに世界を異常から保護することであり、今回のような事態に発展してしまったこと、申し訳ございません。

皆様には今回の事態の経緯について真摯に説明していくことを約束いたします。そして、対応が遅れたことをお詫び申し上げます。最後に、我々の所見を述べさせていただきます。

人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはなりません。

今こそ我々は団結し、この脅威に立ち向かう必要があるのです。

どうか、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 
 

Secure, Contain, Protect.


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

rating: +20+x

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。