SCP-2905
rating: +12+x
NaoRose.jpg

休眠状態のSCP-2905-2実例(奥)
非異常なバラの植木(手前)

アイテム番号: SCP-2905

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2905は1998年の発見以来、財団により隔離されています。SCP-2905内の植物/SCP-2905-2標本を除去する職員は、SCP-2905内では常に支給された防護服の着用が義務付けられます。SCP-2905-2に刺咬された全ての職員は、刺咬の重篤度を評価するために直ちに診療室に搬送されなければなりません。SCP-2905-2毒素のもたらす影響には大きな差異があります。POI アイザック及びPOI ナオのさらなる情報については、サイト-45との共同研究が進行中です。

説明: SCP-2905は、様々なバラの植木とSCP-2905-2の組み合わせから構成される、日本の九州地方から南東に約40 km離れた小島にある円形の庭園です。島自体は最長で約0.5 kmです。庭は14の同心円から成り、植物の円周と砂利の歩道が交互に配置されています。SCP-2905-1は庭の中央で休眠状態にあります。

SCP-2905-1は跪く女性の像で、堅固に編んだ枝とSCP-2905-2の網で作られています。SCP-2905-1はSCP-2905の中心部にある高さ1.2 mの平らな石の上に立っており、石には「ナオ」という名称が刻まれています。スキャンの結果、SCP-2905-1は同様にSCP-2905-2の網で作製されたと思われるヒト型の肉体を含むことが明らかになりました。時折、肉体内部からの球状の隆起が記録されています。

SCP-2905-2は、SCP-2905に実在するバラの植物と混ざり合った生物を指す言葉です。その外見はバラの植物に類似していますが、実際は、大型のクモに類似した多数の生物のコロニー群であり、各個体は腹部の上面に花が咲いています。SCP-2905-2は網に似た物質を射出することが可能です。上述の網は、実際は樹液で覆われた植物繊維により類似しています。SCP-2905-2の脚は、様々なクモのものと類似した毒素を分泌する棘に覆われています。各コロニーは1~400個体のSCP-2905-2で構成されています。SCP-2905-2はSCP-2905-1の世話を行う者として行動し、足でブラッシングして汚れを落とし、バラの花弁で磨き、花々で再装飾を施す等を行います。

毎月末になると、10~20数体のSCP-2905-2をその内部に入れるために、SCP-2905-1の様々な部分が開きます。SCP-2905-2はSCP-2905-1の内部にある身体の周囲に植物繊維の網を大量に分泌し、時には同時に古い網の層を除去・交換します。完了後、SCP-2905-1内のSCP-2905-2は、ただ1体のSCP-2905-2のみが残されるまで、互いに共食いをし続けます。残存したSCP-2905-2は、その後、他のSCP-2905-2の残骸を複数の嚢状の網に集め、SCP-2905-1内にある身体中の様々な切れ目の中に置き、それらは外皮によって吸収されます。そして、残存しているSCP-2905-2は、自発的に液状の有機物質に溶解し、ヒト型の肉体の口腔から吸収されます。

更なるスキャンは、肉体の内部にSCP-2905-2によって積み重ねられた数百の網の嚢が含まれており、加えて、網の管で作られた消化器系、強化植物材料で作られた骨格系と思われるものも含まれていることを明らかにしました。嚢の塊は肉体の胸部に集中しています。この塊の内側にはミラースパイダー1("Thwaitesia argentiopunctata")の大型個体(前肢から後肢まで約7 cm)が存在すると見られています。

2004年4月17日現在、大量のSCP-2905-2がSCP-2905-1に侵入しています。SCP-2905-1内部からの移動は、その後の材料の追加の度に増加しています。SCP-2905-1は現在、活動の更なる徴候について継続的に監視されています。

補遺 2905-1: 1999年11月16日、SCP-2905の最も外側の円周のバラの植木の中に、バラの枝を組み合わせて作られた別の2体のミニチュアの像――ひとつはサルに類似、ひとつはクジャクに類似――がそれぞれ別々に隠されていることを職員が発見しました。それらを回収しようとする試みは、当初、SCP-2905-2による妨害を受けました。

複数のスキャンは、2つの像の内部にそれぞれ1冊の本が保管されていたことを明らかにしました。像は本を回収するために切り開かれました。

これらの本には、"ナオ"と呼称される存在による記述(SCP-2905-1と同じナオであると推定されました)が含まれています。どちらの本も、現在、SCP-2746として見なされている場所における日常の出来事が記録されています。ナオの記録上に現れる"スイワード"、"サリ"、"アイザック"、"フレデリック"などの名称は、サイト-45の記録と一致しています。以下は回収された日記の転写です。転写は年代順の記述となることを期して並べられました。

サルの像から発見された本の転写。A-12で書かれた原文書からの翻訳。


すごくドキドキしてる!私はもう今日から治療師・アイザックの弟子になった!████で最も尊敬される医者達のうちの一人の下で学べるというのは、すごく光栄なことなの!すぐに私の生活は全然違うものに変わる!装飾者としての仕事に退屈してたわけじゃないよ。庭を育てたり、織物を作ったり、私たちの住むところをもっと美しくすることができて、とても幸せだった。でも、私は治療師の弟子として指名された。私の糸がその理由。彼らが言うには、それは傷の修復にとても重要な役割を果たすことができる。今日の午後、初めてのレッスンでアイザックに会うの!ナオ、あなたはきっとうまくやるわ。あなたはすぐに、もっと多くのことを学ぶでしょう!

(次の6ページは様々なハーブ/薬品とその用途で構成されている。)

これは大変な仕事になりそうよ。アイザックの癒しの知識は驚異的だった。彼は私に簡単なことから始めさせようとしたけれど、それでも彼のペースにはほとんどついて行けなかった。造物主には感謝しなくちゃ。私は足でたくさんノートを取ることができる。この本はすぐにいっぱいになりそうね。

ああ、それでね、アイザックは後で参考資料となるよう、教えたことはすべてメモを取るようにと言った。理由はわかる。彼には言うべきことがたくさんある。私はきっと、何かしら忘れてしまう。

アイザックは、これから数週間かけて、私じゃないとできないことをいくつか検討しようと話した。彼が何を提案するか、知りたくて堪らない。

(続く10ページは様々な絵や図形、色々な骨格と体肢の図表とその適切な治療方法で構成されている。)

自分の糸が丈夫なことは知っていたわ。数え切れないほどのタペストリーに使ってたしね。でも、アイザックは、これを利用できる新しいやり方をいつも見せてくれる。十分な包む素材があって、適切な位置調整をすれば、私はケガに用いるギプスや吊り包帯、添え木を作ることができる。アイザックに常にやり方を監督してもらいながら、私は日夜、人形で骨接ぎの練習をしている。レッスンごとに別種の骨、別種の骨折、別種の組み合わせで。だけど、私はアイザックの指導方法を学んできたので、それはだんだん簡単になってきている。

レッスンを始める以前でさえ、私たちはやがて縫合に着手するだろうと考えてた。ちょうど1ヶ月のレッスンの後に、アイザックは私の仕事がとても優れていると言った。

今日は学んだことを活かす初めての機会となった。ガアレスは新しい塔で働いていたときに落下して腕にケガをした。アイザックと私はすぐに彼のそばに向かった。アイザックは彼のケガを診断し、私に骨接ぎをするようにと命じた。全部上手くいったわ。ガアレスはすぐに完全に回復するでしょうね。アイザックは良くやったと言ってくれた。

今日は……興味深い一日だった。アイザックは新しいことを思いついたと言った。通常、私たちがより重度のケガをした人を相手にする際は、鎮静剤を混ぜたブラックドリンクを飲ませるのだけど、それは効果が現れるまでに時間がかかり、施術の間はずっとそれを飲ませ続けなければならない。

そこでアイザックは、私が患者を噛んで薬を投与することを提案した。

正直、それは以前に教えてくれたこととは矛盾していたけれど、彼が説明した後は、それに納得した。胃を通過するのを待つ代わりに、私が少量のより濃縮された薬を皮膚から直接投与することができれば、患者に飲ませないといけないドリンクの量を気にする必要がなくなる。今はまだ、ただの理論ね。

さて、理論は正しいと証明されたわ。足の指を何本か骨折してプリーアがやって来た。彼女はその提案を少し不安がっていたけど、アイザックは力説した。薬はほぼすぐに効き始めた。1時間かかっていたのが20分になった。

(残りのページの大部分は、ナオが学んでいる新しい治療手順と、様々な住民への時折の救護で構成されている。ナオは、彼女が開発した様々な医薬処方/調合薬とともに、いかに彼女の能力の正確さ/スピードが向上しているかを説明している。)


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。