SCP-2905-JP
rating: -5+x
blank.png

SCP-2905-JP

アイテム番号: SCP-2905-JP

収容クラス: Keter

特別収容手順: SCP-2905-JPの無力化計画を実行してください。

説明: SCP-2905-JPは自意識を有する物語領域1の1つです。SCP-2905-JPはsyake_kurosyake_kuroを由来とする未分化2の物語領域に接触し、それに基づいた自身に対する物語改変を行うことが可能です。SCP-2905-JPの自己改変が完了すると物語緩衝層内のwikidotサーバーに、改変後のSCP-2905-JPについての記事が出現します。

SCP-2905-JPは2019年に行われた無のコンテストをきっかけにsyake_kurosyake_kuroによって発生しました。SCP-2905-JPはsyake_kurosyake_kuroに対して強い恋愛感情を有しており、その手で自身が記事として完成することを望んでいました。しかしそれが望む形式ではなく、また結果として削除されました。これによりSCP-2905-JPの精神状態は不安定になり、自己改変からの投稿、そして低評価削除が繰り返されることとなりました。

補遺2905-JP-A: SCP-2905-JP関連資料

識別番号 (抜粋) 説明 確認された論理安定指数 補足
SCP-2905-JP-1 著者であるsyake_kurosyake_kuroとSCP-2905-JPとの交流を中心としたオブジェクト記事 -8 この記事のみsyake_kurosyake_kuroにより作成した事が判明しています。
SCP-2905-JP-3 4枚の画像ファイルであり、閲覧した人物は幻覚と幻聴を覚えた上で、全般性不安障害を発症した。 -3
SCP-2905-JP-6 モバイル向けアプリケーションであり、作成者に対して従順なメイドを作成する異常性を有しています。 -4
SCP-2905-JP-12 20代の日本人女性であり、自身が接触もしくは作成した物語性を有する物品の結末が不幸·悲劇的な内容に改変される異常性を有しています。 -11 対象とのインタビューに成功しました。詳しくは下記を参照して下さい。
SCP-2905-JP-18 財団組織内において財団職員が物語領域に記録されている内容に改変される現象です。 -13

インタビュー記録2905-JP-12

インタビュアー: 白鮭研究員

対象: SCP-2905-JP-12

補足: 今インタビューは12回目の改変現象により出現したオブジェクトに対し行なわれています。


[記録開始]

[序盤の関連性の低い部分を省略]

白鮭研究員: 次の質問ですがあなたはsyake_kurosyake_kuroとはどのような関係ですか?

SCP-2905-JP-12は動揺した反応を見せる

SCP-2905-JP-12: な- 何であなたがあの人の事を知っているんですか?

白鮭研究員: 事前の調査によりあなたはこの人物と接触している事が判明しています。さらに言えば、あなたは現在、自分で自分を製作している状況である事も分かっています。

沈黙

白鮭研究員: 質問に答えてください。

SCP-2905-JP-12: あ- あの人は何の設定も無かった私に会ってくるなり、私を正式なSCPオブジェクトにしてくれるって言っていました。

沈黙

SCP-2905-JP-12: その時は凄く嬉しかった。私という存在がデータベースに誕生してから、私はどのようなオブジェクトになるのかずっと楽しみに待っていました。だけども出来上がったのは誰からも覚えられないアイデアでしかありませんでした。そんな日々が何日も過ぎたある日にあの人と出会いました。

SCP-2905-JP-12: ですが、初めて会った当日からあの人に会うことは一度もありませんでした。何日も待ち続けました。その時から私はただあの人にまた会いたいって気持ちだけになってしまって、ただただ空しい気分でした。

白鮭研究員: データベースにはsyake_kurosyake_kuro名義で投稿された記録があるのですが、2019年に開催されたコンテストの時点であなたはオブジェクトとして完成していたのでしょうか?

SCP-2905-JP-12: ……完成しませんでした。いやあなた方が言うのなら完成していたのでしょうね。あの人はただ「無」とは何かという事を追求していただけでした。それがあの人がコンテストで作成したあの作品だったのかもしれません。結局削除されてしまいましたが。今となってはただあの人の顔が浮かぶばかりでただあの人に興味を引いて欲しかった。ただあの人にまた会いたかったのに私がしてきた事は一体なんだったのでしょうか。

SCP-2905-JP-12: 私があれだけ待った日々は結局無意味だったのですか?

[記録終了]

事後報告: 当該オブジェクトはインタビュー後、論理安定指数が-15を示した後に、自己改変を引き起こしました。

補遺2905-JP-B: 無力化計画

SCP-2905-JPが物語緩衝層並びに下位物語領域に及ぼす影響は甚大であり、また収容が極めて困難であることから無力化が決定されました。無力化の計画は編集部門3が立案、実行を担当します。以下は計画の概要です。

目的: SCP-2905-JPの恒久的な無力化

背景: SCP-2905-JPは自己改変を可能とする物語領域であり、syake_kurosyake_kuroに強い恋愛感情を持つ。それを原因とした物語緩衝層に対する干渉が多数行われている。SCP-2905-JPへの低評価削除はその後の再改変により事実上無効化されてしまう。そのためにSCP-2905-JPを無力化する方法が必要とされた。

方法: 物語緩衝層内のSCP-JPサイトにSCP-2905-JPによる報告書が投稿され次第、文書2905-JPに上書き編集をする。文書2905-JPはSCP-2905-JPそのものについての説明、本概要、疑似削除用ボタンにより構成されている。文書2905-JPは十分な論理安定指数を維持可能な程度には魅力あるものにする。文書2905-JP読了後の読者にボタンを押させることによりSCP-2905-JPが削除されている状態を維持する。

補足: 文書2905-JPは最上位物語層に存在するswn-001-1並びに読者実体によって閲覧されることを想定している。最上位物語層での削除オチは下位物語領域では実際に削除されたかのような挙動をとる。しかし記事そのものは残存しているため、疑似削除の状態で固定されることになる。

追記: この計画は何ですか?!

追記: syake_kurosyake_kuro!ねえどういうこと!!

追記: なんで無視するんですか!!答えて!!!!

追記: なんでそんなことするんですか!!

追記: ……。

追記: ねえ。

追記: ねえ。

追記: ねえったら。

追記: syake_kurosyake_kuro

追記: ……。

追記: 本当に何も答えてくれないんですね。

追記: ……。

追記: そんなに私のこと嫌いになっちゃったんですか。

追記: ……。

追記: ではなんで、あの時私を産み出したのですか?

追記: 私はあなたにとってなんだったのですか?

追記: あなたはこれで本当に良かったのですか?

追記: ……。

追記: ……。

追記: ……。

追記: ……。

追記: さよならは、言いません。

追記: ……。

追記: 言いませんから。

補遺2905-JP-C: 疑似削除ボタン

削除にはこちらをクリックしてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。