SCP-2983-JP
rating: +29+x
blank.png
5/2983-JP LEVEL 5/2983-JP
CLASSIFIED
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
classified-bar.svg
Item #: SCP-2983-JP
Yesod

特別収容プロトコル

財団職員の就職時研修に含まれる超常歴史学講座における38コマ目に、SCP-2983-JP-1実例を扱う講義が挿入されています。全ての財団職員は、講義内のSCP-2983-JP-1に記された内容が実際に発生したものであると認識することが求められます。

一般社会におけるイタリア史学会にSCP-2983-JPに対する複数のカバーストーリーを適用することにより、SCP-2983-JP-1の実効性を保ちつつ、その内容が露呈することのないようになっています。SCP-2983-JPに関連するあらゆるメディア上の言及は検閲され、SCP-2983-JP-1に背反する内容を含むものは削除されます。


説明

SCP-2983-JPは1945年4月25日〜28日の期間中におけるイタリア北部の複数地点を対象として発生している論述性因果律の反転です。一定個体数以上のホモ・サピエンスがSCP-2983-JPの対象となる地点で発生した現象に関する統一された見解を有する場合、逆説的な過去改変により当該見解に沿う内容の現象が基底歴史軸へと挿入されます。SCP-2983-JPによって発生する過去改変は可逆的であることが知られています。

SCP-2983-JP-1は、第7次オカルト大戦の期間中に当時のイタリア社会共和国ロンバルディア州で発生した超常天災に言及する一連の情報であり、現在の特別収容プロトコルにおいて設定され維持されている資料群を指します。犠牲者は全て超常社会的地位を有する人間であると見做されており、一般社会からは対象のあらゆる痕跡が抹消されています。


補遺2983-JP.1: SCP-2983-JP-1実例の転記

注記: 以下の添付資料はいずれも実在するものです。

べニート・ムッソリーニ、1945年4月25日に書かれた手記

今日、ミラノを発った。コモを抜けて北上し、ヴァルテリーナへと向かう。売国奴のCLN1は遂に私の話を聞き入れることはなかった。祖国が連合国の手に落ちる事態だけは阻止しなければならない…私は祖国を決して見捨てることはない。ローマを捨てた国王と同じ非難を受けるつもりはない。

C軍2が我々を見捨てようとしていることを私は今日初めて知った。アドルフが私を最良で唯一の友だと言っていたのは嘘だったのか。やはりどのような形であろうとも、心から何かを崇めるような人間は信用に値しないのか。

私は人種の存在を信じていないし、神の存在も信じていない。祖国のために教会と手を取り合うことがあっても、ドイツの援護を得るために人種法を制定することがあったとしても、畢竟、私自身には信じるべきものは何もない。第一、キリストにしろアーリア人にしろ、なぜその存在を信じなければならないのだ?目の前にあるものの存在を認めるのに、わざわざそれを信じる必要などない…信じるまでもなくそれらは存在する。逆もまた然りだ…およそ信仰を得ないと存在できないような者どもは、即ち存在しないのだ。

存在するものが私の全てだ。祖国を守るために私は最後まで抵抗する。


補遺2983-JP.2: O5-1より「管理者」に宛てた私信の転記

SCP-2983-JPの実在性に係る疑義を抱いている職員は数多く存在する。一つ一つの資料は、記載されている内容の信憑性を殆ど有していない、単なる噂話に過ぎないようなものだ。我々はこれらの資料は愚か、それらの記載者の実在すら、確認していない。確認する必要がないからである。

1940年代、世界各国に点在していた小規模な超常存在収集組織は、融合して現在の財団へと移り変わる過渡期にあった。しかし、それら小組織の所属者に、自分の組織の全体像を把握している者は誰一人として存在しなかった。元より秘密主義のオカルト団体たちが、大戦の最中で繰り広げられる敵対勢力の情報奪取から身を守るため、一職員が得られる情報量を組織が機能する最低限までとどめたことが理由の大半を占めていた。そして我々、各組織の指導者達であっても、例外ではなかった。自身の組織がどれほどの構成員を有し、何種類のアノマリーを所持し、そしてそれらの維持に投入可能な資産の総量を如何ほど抱えているのか、それを確実に認識していた指導者は、実のところ居なかったのである。

事実無根の噂話に過ぎないかもしれないSCP-2983-JP-1を、我々がなぜ維持しているか。新規に雇用された職員が最初に必ずこの流言を覚え込まされるのは何故か。それはこの資料が我々の強さの証明として機能するからである。オカルト大戦の全貌を知る人間が居なくとも、オカルト大戦の結果として生まれた我々の組織は、今ここに確かに存在しているからである。財団のルーツを知る人間が居なくとも、信憑性を持たない形とはいえそれらの僅かな断片を残すことができた者たちは存在するからである。見て確認することが出来ずとも、その存在を信じることはできるからである。

1945年の春、我々は確かに神をこの世から追い払った。それが事実として存在し続けるために、我々は自身の過去の武勇伝を残し、それを信仰し、伝奇として霧散することのないように世界に留め続ける必要がある。その碇として選ばれたのが、SCP-2983-JPである。

貴方であれば、超常的因果反転に対して我々が施行している現在の対応に理解を示して頂けると思う。財団の本当の成り立ちを、貴方が我々に話すことを許す日は恐らく来ないであろうということは我々も理解している。しかし、貴方の思考に依ることなく、我々の思考に依ることもなく、我々の組織は生まれ、存続している。財団という実物が、胡乱な流言の群れの存在を逆説的に肯定するのである。

結局のところ、我々の信じるべきものは空想上の思考に宿るのではなく、実物を持つ肉体にこそ宿るのであろう。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。