SCP-2998
rating: +52+x

SCP-2998

財団記録・情報保安管理局より通達

これはこの文書の最終的な、そして唯一の正確な版です。ご辛抱いただきありがとうございます。許可された情報災害封鎖研究員は以下のアクセスポイントよりこの文章の異常な繰り返しにアクセスしても構いません。

一連の全ての文書へのアクセス認可を入力

— RAISA管理官、マリア・ジョーンズ

アイテム番号: SCP-2998

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2998を視聴覚可能信号へと変換できる装置が民間で製造されるのを避けるため、財団はラジオ周波数および電子機器製造標準を世界規模で変更しました。財団は世界標準の高周波電子装置を改造しました。インターネット、無線通信、印刷物によるコミュニケーションを監視している財団の関連部門はSCP-2998に関する画像や記述を見張り続けなければなりません。SCP-2998の内容の如何なる変化も見逃さぬよう、定期的にSCP-2998が放送される周波数は監視されなければなりません。地球外におけるSCP-2998の存在を監視するよう設計された機材を積み込むように、全ての地球外探査船は密かに改造されなければなりません。SCP-2998の発生源およびその内容の背景にある素性を探る研究はクラス6優先事項として継続されねばなりません。SCP-2998接触に伴う異常な効果の原因を突き止め、その取り扱い又は阻止の方法を探る研究もクラス6優先事項として継続されなければなりません。

説明: SCP-2998は恒常的に発せられる周波数2485MHzの電気信号です。その発生源は特定されていません。信号は既知の太陽系における全ての場所に常に存在しているようにみえます。信号は一か所から発生しているようにはみえず、どうやら遍在しているようです1。様々な受信機によって地球上、地球外双方で受信できた事から、信号が遍在していることが判明したため、SCP-2998は宇宙全域で同時放送されているかもしれないと現在は信じられています。

信号それ自体は、その周波数に存在する異常ではあるけれどもただ無害なだけのホワイトノイズであるようにみえます。ささいな変化により信号内に何らかの他の情報が存在していることが示唆されていますが、SCP-2998から理解できる情報を識別する手段は未だ開発されていません。しかし、人間にとって認識できるいかなる形式のSCP-2998との接触(視覚あるいは聴覚によるものを含む)と、パラノイア、激しい不安症、そしてコルサコフ症候群の突発発症へと至るチアミン欠乏症を含む、異常な神経症状と精神症状との間に相関関係があることを、財団の研究員は発見しました。この欠乏症によってSCP-2998の接触に対する健忘作話徴候が説明できるものと見られており、これらの徴候に対して隙だらけな個人に対し[データ削除]に関する鮮明な幻覚を引き起こしますが、食事療法によってチアミンを再摂取することでこの症状は和らぎ、この影響による永久的な危険がもたらされる事はありません。

補遺2998-A: ████/██/██現在、SCP-2998内に含まれる如何なる情報の内容や性質の解明にほとんど進展はみられません。しかし、暗号解読技術の発展と[データ削除]に関するいくつかの発見は、SCP-2998の研究者たちに三ヶ月以内の信号解読についての重大な進展を予感させています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。