SCP-3020
rating: +65+x

アイテム番号: SCP-3020

オブジェクトクラス: spiteful motherfucker

特別収容プロトコル: SCP-3020の宿主として機能している人間は、何であろうとも望む手段により自己終了することが許可されます。

説明: SCP-3020はドーパミンとノルアドレナリンを生成する化学物質を食べることにより、鬱と怒りの発作を起こす寄生生物です。SCP-3020を治す唯一の方法は自殺するか、さもなくば誰かに殺してもらうことです。

私は先日クラウディアに会った。彼らは私たちが話すことを許した。もし2人とも感染していればハグは機能しない。私たちは拒絶された。私たちは戦った。

彼女は私が感染する前、私が誰か別の人とやっていたと考えた。私はそうではないと彼女に伝えようとした。

クラウディア

クラウディアは

私が彼女から聞いた最後の言葉は「あなたが大嫌い」だった。次に彼女は私の両目をくり抜こうとして警備員に引っ張られ、そして彼女が通路を通る間ずっと叫び続けているのが聞こえ、黄色のスーツを来た人間が私を除染シャワーへと無理やりに歩かせ、新しいセルに押し込めた。

"あなたが大嫌い"

それが私たち2人を作る。私はこれをお前に与えた。私は死ぬ前にもっと多くの人を感染させよう。

私が自らを傷つけるために使用することができるものはすべて、部屋から取られてしまった。私は壁にベッドが取り付けられているセルに移された。コンピュータスクリーンはプロジェクターで、キーボードはタッチスクリーンだ。

私は死にたい。お前は私を死なせてくれない。お前は私たちの誰をも死なせてはくれない。

私は私たちも助けることができると思った、彼らを研究していたとき。私は彼らを直すことができると思った。

粉々になったガラスに糊をつけることはできる。だが直すことはできない。

150日前に編集されました。次の編集は90日前です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。