SCP-3027
rating: +21+x
consonants.jpg

SCP-3027の子音表。

vowels.png

SCP-3027の母音表。

アイテム番号: SCP-3027

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3027-1はサイト-19の標準的なヒト型生物収容室に収容されます。SCP-3027-1とグリーン次席研究員の接触は認められず、またグリーン研究員がSCP-3027に関連する情報を認知することがあってはいけません。このような事態の発生を防ぐため、彼女は暫定サイト-███に再配属されています。

SCP-3027-2はサイト-19の高セキュリティ書庫に保管されます。SCP-3027-2へのアクセスはクリアランスレベル3以上の職員に許可されていますが、クリアランスレベルに依らず、如何なる職員もその内容の暗記・習得を試みることは認められません。同様に、この文書の情報もまた機密と見做されるべきであり、コピーや暗記は認められていません。

SCP-3027-1はSCP-3022を濫用したものの、倫理委員会による投票に基づき、懲戒処分が科されることはありません。SCP-3027-1の規則違反には財団の理念に沿う意図があったというのがその根拠です。

説明: SCP-3027はある話し言葉/書き言葉1であり、グリーン次席研究員の並行世界個体、以下SCP-3027-1によって財団の知るところとなりました。SCP-3027-1は、SCP-3027の知識を保存して制御環境下で研究するために、意図的にSCP-3022を無許可で使用し、PR-3027-Babelと指定される自らの並行世界から我々の現実世界へと侵入しました。

英語のみを習得しているこの世界本来のグリーン次席研究員とは異なり、SCP-3027-1は英語とSCP-3027の両方に堪能です。SCP-3027について財団が有する情報の多くはSCP-3027-1によって提供されました。

SCP-3027-2は、PR-3027-Babelで1950年にオックスフォード大学出版局が発行した“英語話者のための███████語完全語法&辞典”のコピーであり、SCP-3027によって当世界に持ち込まれました。SCP-3027がSCP-3027-1によって話されて/書かれている時、この本のページ数や内容は変化する様子が観察されています。

SCP-3027自体は、PR-3027-Babelのイタリア半島北部に由来する言語だと考えられています。他全ての既知並行世界において、SCP-3027は何世紀も前にインド・ヨーロッパ語族に取って代わられています。SCP-3027-1によって提供された情報と、SCP-3027を使った短いインタビューを基に、SCP-3027は知覚力を有しており、恐らくは有知性存在であると思われます。一般的に、SCP-3027は人間に敵対的ではないことが分かっています。しかしながら、SCP-3027は極めて縄張り意識が強く、人間の意思疎通が存在する領土全体を自らの“縄張り”と見ています。

SCP-3027は、その語彙に含まれる単語や形態素の意味を変化させることによって自らの意思を表明できます。この変化は話者の一部または全員の精神の内部において、無制限と仮定される速度で実行されます。このようにして、SCP-3027は人間の意思疎通を操作し、話者の精神にアイデアを間接的に刷り込んで、自らの目的に沿った行動を取らせます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。