SCP-3042
rating: +4+x
Dog

収容中のSCP-3042

アイテム番号: SCP-3042

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

SCP-3042とSCP-3042-1は、生物試験エリア-45内のモジュールハウス(収容施設と指定)に収容されています。収容施設には、エリア内の特別連絡要員との秘匿通信回線と、通常の専用のデータキーで作動するガス室が含まれています。施設を中心とした半径15mの区域は、上部が天蓋により完全に覆われた高さ5mの強化電気柵で囲まれています(事件記録3042-CB-3参照)。柵には気密式の出入口があり、物資の安全な搬入、廃棄物の回収、人員の動員が可能です。

柵より外の区域は、全地形型特殊機動部隊3名が常時巡回しています。万が一、SCP-3042とSCP-3042-1が離れた場合は、機動部隊がSCP-3042-1をSCP-3042に引き渡します。試験期間中、被験者の試験サイトへの輸送は、特別逃亡者輸送ユニットの5人以上の職員によって実行されます。

収容施設には、2名の特別職員が配置されています。SCP-3042-1の体調が悪化した場合、職員はSCP-3042-1を拘束し、Dクラス職員(3042-Dと指定)を1人収容施設に移送します。SCP-3042-1は3042-Dによりガス室内で終了され、3042-Dは新たなSCP-3042-1として再分類されます。これらの手順は、現在のSCP-3042-1の要請により実施されることもあります。

説明:
SCP-3042は灰色と茶色の斑をもつ、白い小型犬です。体重は5kg、体高は25cmで、4-5歳のハバニーズに似た外見を有しています。唾液検査の結果、DNAは既知の犬種のいずれとも異なることが判明しています。SCP-3042は収容以来、睡眠、排泄、食事や水の摂取を行っていませんが、体調は極めて良好で、怪我の痕跡や病気の兆候は一切見られません。当該生物の異常性のため、これ以上の医学的検査は不可能であることが分かっています。



SCP-3042は、極端かつ強迫的な心理的刷り込みに似た行動を示した後、SCP-3042-1に対し過度な愛情行動を永続的に示します。SCP-3042は、虐待されている場合や激しく拒絶されている場合でも、SCP-3042-1に飛びつく、舐める、甘噛みする、ひっかく、吠えてからかうなどの行動をとり続けます。これまでのところ、外部刺激によりSCP-3042の興味をSCP-3042-1から失わせる実験はすべて失敗に終わっています。SCP-3042-1に指定された個体は、その破壊力の高さにもかかわらず、SCP-3042によって重傷を負うことはありません。時折、SCP-3042に長期継続的に舐められることに起因する擦り傷、みみずばれ、皮膚潰瘍などが報告されますが、これらの症状に異常性はないと考えられています。

SCP-3042-1に指定された人物は、収容の間、身体的・心理的な症状(体・目の痛み、慢性的な疲労、過敏症、頭痛、混乱、記憶喪失、妄想、けいれんなど)を報告します。プロジェクトの医療責任者であるイーストモア博士は、これらの症状は、SCP-3042の継続的な愛情行動がもたらす睡眠不足と慢性的なストレスの結果として起こる、非異常性のものだと考えています。

SCP-3042がSCP-3042-1と離れた場合、SCP-3042はただちに最も直線的なルートで SCP-3042-1のもとに戻ろうとします。この際、SCP-3042は非常に速い速度で移動し、あらゆる物質を破壊する能力を示します(テストログ 3042-A参照)。また、SCP-3042は物理的なダメージ、毒、病気、飢えに対して驚異的な耐久力を示します。SCP-3042を傷つける方法は未だ発見されていません。(テストログ 3042-B参照)。

SCP3042-1が終了されると、SCP-3042はただちに次のSCP‐3042‐1に向かって直線的に移動します。このため、以前の収容プロトコルでは、SCP-3042-1の終了措置に一定の責任を負う人物が新たなSCP‐3042‐1となっていました。現在の特別収容プロトコルは、SCP-3042を収容し、財団・民間における死傷者や損害を防ぐと同時に、終了措置について切れ目のない連鎖を作るように設計されています。自殺や不慮の事故によってSCP-3042-1が終了された場合に、SCP-3042がどう反応するかについての研究は、安全な方法が確立されていないため無期限に保留されています(事件記録 3042-CB-2を参照)。



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。