SCP-3054
rating: +46+x
hospital_sunset.jpg

SCP-3054-A。

アイテム番号: SCP-3054

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3054-A周辺には半径1.5キロメートルの円形上にフェンスが設置されています。この範囲はカバーストーリー「地下水汚染」が適用され、機動部隊Kappa-9(“看護婦長ラチェッド”)によって維持されています。

SCP-3054-A外でのSCP-3054の効果を抑制する試みは現在進行中です。並行して、SCP-3054に関わる失踪事案は全て財団情報操作局に報告し、さらなる措置を講じます。

過去に精神疾患の経歴のある職員による接近は禁止されています。

説明: SCP-3054は北アメリカ各地の精神治療施設の入院患者に影響する異常現象です。影響下の患者は観察されていない瞬間に消失します。消失現象に関する調査により、SCP-3054-Aへの計画的な転移を示す記録が各施設で明らかになりました。これらの記録の情報源や詳細は判明していません。

財団は1981年にこの現象に注目しました。分析によると事象は1890年に遡る可能性を示しています。さらに、最近の事案がSCP-3054-Aから100キロメートル圏内で発生したことに対し、この「効果範囲」は時間経過とともに拡大しているように見受けられます(直近の事案はカナダのバンクーバーで報告されています)。現在、SCP-3054に関連する消失事案は912件で、未確認のものが今も存在する可能性があります。

hospital_ward_new.jpg

SCP-3054-A内部。

SCP-3054-Aは、ノースカロライナ州ハドソンの50km西の森林地帯に位置する無人の精神医学研究所のクラッグスタッフ療養院です。前述の転移記録以外ではSCP-3054-Aの建築や運営に関する記録は存在しません。SCP-3054-Aの建築時期や実際の使用の形跡については引き続き調査中です。

最近の調査で、過去に精神疾患の経験のある人物がSCP-3054-Aに進入することでSCP-3054の対象となると判明しました。(下記参照)

補遺3054.1: テキストログ

以下のテキストログは、SCP-3054-Aの調査を担当した財団研究員ジュリア・オーウェンズの消失に伴い、財団職員の電話から抽出されたものです。

補遺3054.2: 音声ログ

以下の音声ログは、オーウェン氏の電話からジューン・リンゼイ博士あてに着信した通話記録です。

補遺3054.3: 以降のEメールを、2010/05/07に発生した事案の経緯を説明するために記載されています。

日付: 2010/06/21
差出人: ブラウニング管理官 <noitadnuof.pcs|gninworbb#noitadnuof.pcs|gninworbb>
宛先: リンゼイ博士 <noitadnuof.pcs|yesdnilj#noitadnuof.pcs|yesdnilj>
題名: Re: 最新情報


オーウェン氏がSCP-3054にさらわれたのは明らかだが、我々の所持するこの「異空間のクラッグスタッフ」の情報は全て彼女の音声やテキストログに依存するものである。そして君が知るように、オーウェン氏は統合失調症から回復中だった(RAISAがどうやってそれを見落としたかは未だに疑問だが)。彼女の証言はせいぜいおとぎ話だ。現時点で、この次元に関する我々の知識は想像の域を出ない。

そして我々は想像に付き合う暇などない。我々は常に冷たく確固たる真実と関わっている。確実に戻ってくる確証がなければ、Dクラス以上の人員がSCP-3054に進入することは不要だ。確かにオーウェン氏の回収は重要事項だ、しかし財団エージェントを守ることが現時点で、そしてこれからも先決だ。何も知らない次元に機動部隊を送り込むなどできない。データがもっと必要だ。

何より、SCP-3054-Aの精神病をかかえた人物を狙うという性質がある可能性を考慮して、君の精神治療の要請は却下する。その理由は明白なはずだ。そのかわり、君に二週間の有給を取らせる。すぐにだ。

しばらく休め、ジューン。オーウェン氏を忘れろ、我々に任せるがいい。必要であれば記憶処理も申請していいぞ。

何としても、まずは気を晴らしてこい。我々にはやるべき仕事があるんだぞ。

日付: 2010/05/07
差出人: フィリス研究員 <noitadnuof.pcs|sillyhpb#noitadnuof.pcs|sillyhpb>
宛先: ブラウニング管理官 <noitadnuof.pcs|gninworbb#noitadnuof.pcs|gninworbb>
題名: 事案(すぐに返事してください)


もしこれを読んでいるならば、あなたはすでに状況を理解している(そうなら無視して)か、あなたは電話よりも先にパソコンをつけてることになりますね(そうなら手を止めて今すぐ私に連絡なさい。電話が鳴ってる最中も読んでていいです)

リンゼイ博士が失踪しました。彼女が休暇から戻ってすぐにです。彼女はSCP-3054-Aに進入する前に、何か気になることを確認したいと言ってそれから…1時間後には、誰も彼女と連絡が取れなくなりました。

3時間後、引き続き彼女を捜索していました。突然、SCP-3054-Aの西側の建築物が崩壊しました。まるで誰かが大穴でもこじ開けたかのように。

這々の体でした。今私はあなたに連絡しようと、5つの留守電吹き込みと20つのテキストを残しました──その時に誰かがメモを見つけました。ジューンはSCP-3054-Aに入った直後にそれを残したのです。スキャンしてコピーを送付しましたが、すぐに確認できるようにここに記載します。

このメモを見ているなら、私はもういないわ。

私の休暇について教えてあげる!

とても楽しい時間を過ごしてる。家族と会ったわ。映画も何本か見た。お父さんのピストルを借りたの。どうにか手榴弾もいくつか手に入ったわ。ちょっと海辺に遊びに行った。ちょうどいいところに精神病院があったの、一晩「グリーフカウンセリング」を受けさせてくれたわ。

私は行く。そしてジュリアと一緒に帰ってくる…でなければ、絶対に帰らないから。

財団職員は引き続き、SCP-3054の変化を確認するために北アメリカの精神治療施設の監視を行っています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。