SCP-3132

rating: +24+x
blank.png
instrument.jpg

SCP-3132

アイテム番号: SCP-3132

オブジェクトクラス: Safe

更新版特別収容プロトコル: 2017年1月5日現在、サイト-208は厳格なレベルW4隔離下に置かれています。サイト-208と他サイト間の全ての人事異動は禁止されます。物資の配達は全て無人機で行われます。サイト-208職員と外界との間で電話を使用し連絡することは出来ません。

サイト-208に配置されている全職員はEクラスとして再分類され、通常通りの職務を継続することができます。その報酬として、全ての賃金と手当は2ランク分増加されます。

説明: SCP-3132はヒトの椎骨の石膏レプリカです。SCP-3132は付近の人間に対し、複数のステージで進行する幾つかの異常な影響を示します。

ステージ1: SCP-3132から2.3m以内に人間がいるとき、その人物は軽度の幻聴を経験し始めます。対象はこの音を「関節を鳴らしたときに鳴る音」と同様であると説明します。対象がSCP-3132から半径2.3m以上離れた場合、即座に幻聴は消失します。ステージ1は10分から40分程続きます。

ステージ2: ステージ1終了後、対象がSCP-3132範囲内に存在した場合、対象は脊椎関節に大きな不快感を感じ始めます。そのため、ほとんどの対象は背中の関節を鳴らそうとし、成功した場合、対象は有意な安堵を報告します。この不快感は、対象が背中の関節を上手く鳴らせたかどうかに関わらず、約1時間後に消失します。

ステージ3: 対象がステージ2の間に背中の関節をうまく鳴らせた場合、ステージ3へ進行します。この段階では、対象は脊椎関節のみを鳴らすことができ、他の関節は、どのような方法でも鳴らすことは出来ません。特筆すべき点として、椎骨は順番通りにしか鳴らないことに注意してください。この順番は、対象が胴体を時計回りに回した場合L4-L5関節から上に、反時計回りに回した場合C1-C2関節から下へとなります。

上から下に音を鳴らすと、椎骨の関節は下降するロ長調に対応する1連の音を発します。これらの音は平均65dBであり、下から上に鳴らした場合、関節は代わりに80dBの上昇ニ短調に対応する1連の音を発します。

対象以外の、これらの音を聞いた人間は永久にステージ3に入り、以後SCP-3132-1と呼称されます。加えて、SCP-3132-1実体の脊椎関節から生成された全ての音は、その音を聞いた人間を新たなSCP-3132-1実体に変換する性質を保持しています。

これを受け、特別収容プロトコルが更新されました。

補遺01/04/17: サイト-208と地域管理官の通信記録

失敗しました。SCP-3132は今朝の時点で事実上収容を破っています。現在、こちらの職員の90%はSCP-3132-1実体です。標準プロトコルに従い、封鎖手順を実行しましたが、明日には全職員が影響を受けると推定されています。

さらに、このサイトの全ての電話回線とインターホンを無効にし、ここにある他のSCPオブジェクトを移送する準備をしました。他に何をすべきなのでしょうか?

サイト-208管理官ヴィジャサナ

貴方達にはSCP-3132に関する実験を考えうる限り全て試して欲しいのです。貴方達は、もう行き詰まってしまったも同然なので。

ソリス地域管理官

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。