SCP-3149
rating: +7+x
monkey.jpg

飼育区画内のSCP-3149-1-29。この写真が撮影された当時、SCP-3149-1-29はアメリカ人作家ダン・ブラウンの人格を宿していた。

アイテム番号: SCP-3149

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3149を含む建造物は現在財団が所有しており、完全に一般社会から封鎖されています。最低2名の保安職員が常時SCP-3149の入口を警備します。建造物への入場を試みる人物は全て捕縛し、聞き取り調査を行い、記憶処理を施してから解放します。

全てのSCP-3149-1標本はサイト-10の飼育区画に収容され、栄養チャート3149-1-1に従って1日2回給餌されます。SCP-3149-1が関与する全ての実験は最低1名のレベル3職員から承認を受けなければいけません。

SCP-3149内部における相対的な従順さのため、全てのSCP-3149-2標本はSCP-3149内部に収容されます。SCP-3149内部の監視機器は、全てのSCP-3149-2標本が常時存在することを確認するために用いられます。

説明: SCP-3149は、カリフォルニア州ロサンゼルスの放棄されたオフィスにある空のドア枠を、後ろ向きに歩いて通過することによってアクセスできる異次元空間です。ドア枠の隣にある落書きが、SCP-3149へのアクセスのために以下の指示を提供しています。

YOU DO THE HOKEY POKEY AND YOU TURN AROUND1

ドア枠を後ろ向きにくぐると、対象者は即座に、大規模な倉庫に似たSCP-3149の内部空間へ転送されます。SCP-3149の窓から自然の光源は視認できず、境界線を越える試みは全て成功していません。物品の観点におけるSCP-3149の主な内容物は、100台の机、これらの机に乗っている100台のノートパソコン2、それぞれの机の下に位置する100台のプリンター、部屋の中央にある巨大なシュートです。これに加えて、発見当時は高齢女性1名の死体が存在しました3。SCP-3149内には自立しているドア枠もあり、対象者は同じ手法でSCP-3149を退出できます。

証拠品は、SCP-3149がGoI-1783(“ウェストヘッド・メディア”)によって、SCP-3149-1標本を主な労働力とする文学作品の大量生産目的で運用されていた施設であることを示唆しています。

SCP-3149-1は、かつてSCP-3149の内部で文学作品を生産していた、本稿執筆現在73匹4のタイワンザル5の総称です。全てのSCP-3149-1標本は、同種の非異常個体と異なり、書籍で充填することを意図した大きな開口部が背中にあります。この開口部の存在にも拘らず、SCP-3149-1標本の身体は通常通りに機能できるようです。

SCP-3149-1標本の背中に書籍が挿入されると、SCP-3149-1標本はその作品の原著者の人格と記憶を受け継ぎます。ヒトの人格を宿すものの、SCP-3149-1標本はサルに可能な範囲を超えた発声が不可能であり、非言語的な意思疎通の手段を必要とします。財団の管理下に置かれた当初のSCP-3149-1標本群は、SCP-3149で過ごした期間によってもたらされた深刻なトラウマを除いては、数多くの著名かつ成功した作家と同一の人格を有していると断定されました。

諜報および歴史的な目的によるSCP-3149-1標本の使用が検討されており、倫理委員会の評決待ちです。

SCP-3149-2は、表面上は異常に巨大な — 体高1.5m、体長3mに達する — ヤツメウナギに似ている生命体10匹の総称です。ヤツメウナギとの類似にも拘らず、SCP-3149-2標本は地上性であり、地面を這って移動します。SCP-3149-2標本の身体の分析で、内臓は殆ど存在しないことが判明しており、異常な手段を介して活動していることが示唆されています。SCP-3149-2標本群は、除去を試みない限り、SCP-3149の外部から来た人物に対して従順です。SCP-3149から除去されると、SCP-3149-2標本は本来の居場所に戻されるまで敵対的になります。

SCP-3149-1標本が10分ごとに1ページのノルマを満たせなかった場合、最も近くにいるSCP-3149-2標本が対象の持ち場に移動して体罰を加えます。これは主にSCP-3149-2の尾部による打撃と、口部による裂傷から成ります。これらの攻撃は、おそらく手を執筆目的で使用できる状態に保つため、常にSCP-3149-1標本の脚と胴体に集中しています。負傷は痛みを伴いますが、滅多に恒久的なダメージを及ぼしません。これはSCP-3149-2が意図的に加減しているためだと推定されます — SCP-3149から除去する試みに際して、SCP-3149-2はより重篤な負傷をもたらし得ると証明されています。

SCP-3149は当初、1匹のSCP-3149-1個体が脱走に成功したのに続き、911にサルが繰り返し通報していることで財団の注意を引きました。通話の発信元に派遣されたエージェントは、問題のSCP-3149-1個体によってSCP-3149に誘導されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。