SCP-3150
rating: +10+x
scpcaravanserai.jpg

I███博士によるSCP-3150-1の異国風の表現

アイテム番号: SCP-3150

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: その影響範囲の極端な大きさのために、SCP-3150は現在収容不能であると結論付けられました。現在、トルクメニスタン政府との協力はORIAによる(財団とトルクメニスタンの)友好関係への妨害の強い影響力により不可能です。カラクム砂漠に秘密裏に位置するサイト-██は研究と利用という目的のためにのみ使用されています。サドラー・イニシアチブ(Sadra Initiative)に基づいて研究を目的としてSCP-3150-3を利用したい研究者はサイト-██のK████博士に問い合わせる必要があります。

説明: SCP-3150はトルクメニスタンのカラクム砂漠で発生している現象を指します。この現象はある個人が観察されずに日の出から日没までのどこかの時点で砂漠をおおよそ6km(イランの1パラサングに相当)歩いた際に活性化します。これらの条件が満たされれば、被験者の前方約24m(イランの1シュベルに相当)先に17世紀イラン風のキャラバンサライが唐突に出現します。この建物はSCP-3150-1に指定されます。SCP-3150を活性化させた被験者だけがSCP-3150-1に入ることができ、その他のいかなる個人も知覚が出来ないと考えられています。

SCP-3150-1は17世紀イラン風のキャラバンサライを思い起こさせるようなデザインと支度をされたように見え、正方形の中庭の周りには精巧に飾り付けられた待合室と客室が並んでいます。SCP-3150-1には通常、SCP-3150の影響を受けた数十人の個人が居住しています。これらの個人は人類史における数多くの時点から抽出されたように見え、したがってSCP-3150-1は異なる時間的法則を有する別の次元に存在すると考えられています。SCP-3150-2を除く全ての個人は翌朝の日の出直前に退去する欲求を覚え、それに従って入場した時間および場所に回帰するように観察されます。同様の強制力がSCP-3150内部での暴力の使用を妨げているように見えます。

SCP-3150-1で入眠した個人は訪問後、彼らが抱えていた精神的な問題が解決したと普遍的に報告しています。この現象をSCP-3150-3と指定します。彼らが抱えていた問題の性質は極めて多彩であり、融合エンジンのデザインを完成させることから不安定な結婚生活における問題に気付くことにまで及びます。考案された"解決策"も同様に多彩であり、しばしば時間の無駄として棄却される事もあります。

O5評議会による協議の後、SCP-3150-3は今現在サドラー・イニシアチブの下で利用されています。収容プロトコルと研究課題に関する特定の問題と直面し、解決策の探査を期待する研究者の入場が許可されています。SCP-3150-3のやや予測しがたい性質のために、適格な研究者は各々のSCP-3150-3利用の必要性を示す必要があります。2010/██/██現在、計███の探査隊がサドラー・イニシアチブの下に結成されており、██人が封じ込めと研究のために有益な結果をもたらしています。

SCP-3150には以下SCP-3150-2と呼称されるヒト男性が居住しています。SCP-3150-2はいかなる名称も明かしておらず、時折彼自身を"光の探索者"と呼称するのみであり、財団職員に対してこの呼び名を充てることもあります。SCP-3150-2はSCP-3150-1の所有者の役割を果たし、全ての影響個人の各種ニーズが満たされていることを保証しています。具体的には、彼はすべての客室が快適で、影響個人に紅茶、コーヒー、ワインまたは阿片が十分に供給されていることを保証します。

SCP-3150-2の母語はパシュトー語であると信じられていますが、ペルシャ語(西洋ペルシア語とダリー語の両方)とトルクメン語にも堪能であり、ロシア語、ウズベク語、英語及び中国語もいくらか解します。SCP-3150-2はまた、古期ペルシア語とアヴェスター語、パフラヴィー語、ソグド語、ホラズム語にも堪能であることを示しています。SCP-3150-2はインタビューを受けることに異議を唱えませんが、彼が提供する情報は限られ、しばしば事実上不可解です。SCP-3150-2の年齢と記憶はSCP-3150が作動するたびに変化するように見え、SCP-3150-1内の事象のタイムラインは我々のそれと一致しないように見えます。

SCP-3150は194█年のSCP-████の収容違反の際に初めて財団職員に発見されました。SCP-████の広範な捜索の中でエージェント ニャジーク・ニアゾフは不意にSCP-3150を活性化させ、SCP-3150内で夜を過ごしました。この手順違反にも関わらず、エージェント・ニアゾフはSCP-3150-3の影響を受けたように見え、その後SCP-████を成功裏に発見し、再収容する手段を詳述することができました。

次のログはSCP-3150-1内で行われたインタビューを一部掲載したものです。

補遺 1: 199█/06/20、SCP-3150に割り当てられたレベル3研究員のI███博士がSCP-3150-1に入場しました。I███博士はSCP-3150の性質に特別な関心を持っており、またこの関心がSCP-3150-3を活性化させ、その特性への新たな洞察を与えると考えていました。SCP-3150に滞在中、I███博士はSCP-3150-2との極めて明快なインタビューを行いました。これはSCP-3150-3の兆候の結果であると考えられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。