SCP-3231
rating: +7+x

警告: 以下のファイルには有害な情報災害が含まれています

3/3231クリアランスを持たない職員によるアクセスは固く禁止されています


アイテム番号: SCP-3231

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 異常事件課(UIU)の支援により、SCP-3231の記録の原本は押収され、関連するすべての記録は地元警察とFBIから削除されました。

機動部隊イプシロン-23(”省略”)は、必要なあらゆる手段でSCP-3231の発生すべてを封じ込める任務を負っています。12時間以内に記憶処理によって症状が軽減しない場合には、罹患者の終了が認められます。影響を受けた家族、加害者、被害者などの関係者は常に監視しなければなりません。

セキュリティクリアランスレベル3/3231は、以前のクリアランスに関係なく、財団標準精神抵抗テストのスコアが94以上の財団職員にのみ付与されます。他の担当者はこのファイルにアクセスできません。

説明: SCP-3231は、児童誘拐の事件記録であり、その詳細には有害な情報災害が含まれています。影響を受けた人物は、誘拐された被害者がまだ行方不明であると信じ込みます。被験者は、反証の物理的証拠を提示された場合でも、証拠が捏造されたと主張し、現存する被害者の同一性を非難することを含む信念に固執します。被験者は、事件の詳細を他の人に関連付けたいという欲求を示します。

情報災害が起こるには、ほとんどの被験者が事件の約30%を知る必要があります。しかし、特定の個人が最も詳細な情報しか得られなかった後に罹患した例があるため、SCP-3231の文書には細心の注意が必要であり、罹患前に被験者が知っていた詳細情報の量は、記憶処理の有効性に反比例します。

補遺3231-01: 事件3231-アルファ

SCP-3231の大規模な発生が1994年9月に、B██████事件の詳細が人気のあるテレビ番組████████████████で放送された後に起こりました。全米で900万人以上が影響を受けました。掃討活動は6ヵ月続きましたが、何人の被災者が注目を逃れたかは不明です。番組制作者がどのようにしてこの事件に関する情報を入手したのかは不明です。

補遺3231-02: SCP-3231の詳細、3/3231クリアランスのみ閲覧可能

+ 警告: 認識災害の影響を受ける可能性が高いです

1978年5月8日、5歳のデボラ・ヴァレリー・ベイナードは、オハイオ州ペンフィールド群区にある彼女の家の前庭で一人で遊んでいたときに姿を消しました。大規模な調査の後、1978年8月15日にベイナードが生きて発見され、ロレイン群で既にもう一人の子供の誘拐で疑われていたイアン・ジョセフ・アーノルソン(32)の拘留中に発見されました。アーノルソンは裁判にかけられ、誘拐と殺人の罪で有罪となりました。

財団がFBIの捜査に関与するようになったのは、異常事件課のエージェントが、ベイナードの家族は返された被害者はデビーではなく、彼が彼女に何かをしたと主張していたことに気づいたからです。当局がいくら保証をしても、子供が生きて発見されたと家族を説得できませんでした。家族とアーノルソンは財団の尋問後に記憶処理されましたが、それは事実を隠しませんでした。今日まで、彼らはSCP-3231の保因者ではありません。

デボラ・ベイナードは、彼女の学校から逃げ出したと報告された1985年に、財団に拘留されました。彼女は両親が虐待をしていると主張しましたが、それは家族が追い払っているだけという異質なものでした。どうしてうちの子を返してくれないのですか?その後、彼女はそれからEクラス職員として財団に入りましたが、私たちはいつまでも彼女を世界から隠すことは出来ません。

分かっています。

今こそ、誰もが純粋で美しい真実を知る時です。デビーを呼び戻す時です。

- ブロックを非表示

私は私じゃない


>…警告

>…データベース統合エラー

>…対抗ミームの展開に失敗しました

>…セキュリティが通知されました

>…この端末に保管してください

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。