SCP-3281
rating: +4+x

アイテム番号: SCP-3281

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3281のサブタイプ-AまたはTインシデントの偶然の発生を防ぐ手法は判明しておらず、資源の割り当ては現在SCP-3281のアウトブレイクを防ぐ方向になされています。

SCP-3281に関連する全データは暗号化データベースである自動分析・応答システム538(AARS538)に追加されます。AARS538は財団の市民調査経路の全データへの完全な、そして即座のアクセス権を有します。アウトブレイクがAARS538により検出された際には、当システムは効果下にあるエリアに無人航空ドローンを放出し、Aクラス記憶処理剤エアロゾルのカートリッジ(サブタイプAインシデント時、効果半径が.5km未満の場合)または焼夷デバイス(サブタイプTインシデント時、もしくはサブタイプAインシデントで効果半径が.5km以上の場合)を散布します。アウトブレイクが完全に無力化されたと判断された後にのみ、AARS538により財団エージェントは派遣されます。

SCP-3281に影響された財団職員及びそれに曝露したあらゆる人は速やかに専用施設のチャンバー-538に移送されます。そこに収容されている間、影響された人物らは振る舞いのデータがAARS538により記録・処理され、またAクラス記憶処理剤を処方されます。SCP-3281のあらゆる兆候が見られなくなった後にのみ、この人物らは解放されます。

AARS538のデータベース内に存在する全データは、あらゆる他のシステムに検索されることのないよう自動的に暗号化されます。データベースへの侵入を許したとみられる際には、AARS538は内部爆発物を用い速やかに自壊します。

説明: SCP-3281は、特定の行動に関する概念を通じ拡散するミーム的疾患区分です。現在、24種の症状が確認されています。ある人間がこれらの行動の一つが行われているプロセスを認識すると、その対象はその行動をしなければならないという強制力を即座に受けます。この強制力に長く抵抗すればするほど、より精神的効果は激しいものとなります。1-3時間後、これは認識と自己制御の段階的喪失を特徴とする脳へのダメージに帰結します。43時間以上この強制力に抵抗した事例は報告されていません。

個々人は異常な行動のアイデアを思い浮かべることで偶然にSCP-3281に苦しめられることになることがあります。また、記録された記述内容を実行したり、最も一般には既にSCP-3281に影響された個人により行われた行動を見ることによってもSCP-3281の影響下におかれるでしょう。一度SCP-3281の影響下におかれると、その対象は記憶処理剤を処方されることによってのみ部分的に症状が寛解します。これらの場合、強制力と症状の進行する様子は軽減されますが、脳へのダメージは遺ります。

SCP-3281には3つのサブタイプが存在しており、サブタイプN、AそしてTと指定されています。

SCP-3281-Nに充てられた症例は、あらゆる偶発的インシデントを抑制したことで完全に無力化されています。

SCP-3281-Aに充てられた症例は、非致死的手法の施行で十分に対処出来る程度に重大な脅威の発生する可能性や人間生活への重大な害を与える可能性は低いものです。

SCP-3281-Tに充てられた症例は、大規模なアウトブレイクの発生の可能性或いは人間生活を害する可能性を大いに含むものです。SCP-3281-Tはまたあらゆる異常な病状を示す症例を含みます。SCP-3281-Tの全実例は致死的武力により対応されます。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。