SCP-3300-JP
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

評価: +60+x
blank.png

%E8%81%96%E5%9C%B0

事象-3300-JP発生地点、及び再建されたサイト-28TT(画面上部)

特別収容プロトコル: SCP-3300-JP関連イベントは事象-3300-JPを以って終結しており、事象-3300-JP残留物の回収、保護が最優先事項となっています。

事象-3300-JP発生地点は完全に封鎖され、機動部隊カッパ-36(バルザイの墓守)、タウ-18(サルナスの夜明け)、及び境界線イニシアチブ警備部隊が常時監視を行います。戦術神学部門が保有するサイト-28TTにて、残留物の調査が行われています。


説明: SCP-3300-JPは、2006年3月25日にコーカサス山脈中央部に出現した巨大な一方通行のポータル(SCP-3300-JP-A)、及びそれ以降に発生した一連のインシデントの総称です。

SCP-3300-JP-Aは、一般的な奇跡論儀式に用いられる召喚ポータルに酷似した直径約400mの結晶化アキヴァ粒子製の円形ポータルです。後述の事象-3300-JP発生時には、地上30mに静止していました。

SCP-3300-JP-Aは出現当時、不活性状態にありましたが、その巨大さ、及び後述するインシデントの混乱から完全な収容は達成されませんでした。事象-3300-JP発生後にSCP-3300-JP-Aは完全に消失し、それ以降再発生の兆候は見られず、オブジェクトクラスはNeutralizedに変更されました。


経緯: SCP-3300-JP-A出現と同一のタイミングで、財団の保有する複数の未来予知アノマリーがSCP-3300-JP-Aに関する情報を出力しました。以下はアノマリーの一つにより出力された文言の抜粋です。

クロウカシス1の門に大いなる魔法が働き、旧き力が絶える時、新たなる神の夜明けが訪れるだろう

その他の予言内容を精査した結果、3月28日に、SCP-3300-JP-Aを通じて大規模な神格実体の顕現が行われるとの結論に至りました。

正常性維持機関による機密保持の努力にも関わらず、多数の要注意団体が予言を認知していました。予言を認知した団体の内、何らかの神格実体を信仰するカルトは、予言の内容からSCP-3300-JP-Aより顕現した神格が世界の支配を完遂すると解釈し、自らの信仰対象を予言された神格に当て嵌めるため、SCP-3300-JP-Aの掌握を目的として集結しました。

IMG_20230122_211323.jpg

攻撃を受ける仮設サイト

既に戦術神学部門の仮設サイトが近辺に設置されていましたが、Gol-002“サーキック・カルト”等複数の敵対勢力からの攻撃を受け速やかに壊滅しました。この時点で財団、世界オカルト連合、境界線イニシアチブの間に一時的な軍事協定が結ばれましたが、周辺の財団サイトに対する同様の襲撃や、境界線イニシアチブの一部過激派のSCP-3300-JP-A奪取を目的とした離反を受け、指揮系統が混乱状態に陥り増援が一時絶たれました。神聖祈念弾頭ミサイルによる攻撃は、敵対勢力が保有する巨大オートマトン、飛行型SK-BIO実体2による迎撃を受け空中にて撃墜されるという結果に終わりました。神格顕現に付随したHK-クラス神的征服シナリオの発生を危惧した世界オカルト連合が、衛星からの運動エネルギー攻撃によるSCP-3300-JP-Aの破壊を計画していましたが、GOI-004"壊れた神の教会”分派のGoI-004C”マクスウェリズム教会”の電子上の妨害工作により失敗しました。当該インシデントに関与した要注意団体のリストは資料-3300-JP-Gol に記録されています。

その後も周辺ではカルト団体同士の激しい戦闘、召喚儀式が行われていました。インシデントによる混乱の最中、3月28日を迎え、事象-3300-JPが発生しました。


%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

回収された映像データより抜粋

事象-3300-JP: 当該事象は大規模神格の顕現が予言された時刻に発生しました。現地時間3月28日午前0時00分00秒を迎えた瞬間、SCP-3300-JP-Aを中心とした大爆発が発生しました。後の調査では、爆発は大規模な奇跡論バックラッシュによるものであると判明しました。

事象-3300-JPによりコーカサス山脈の地形の大半が消失し、一定のEVE放射が見られる多様な物品、残骸が周囲200kmに渡って散乱しました。カバーストーリー「隕石衝突」がメディア向けに流布され、飛散した残留物の回収作業が進行中です。

以下は主要な残留物のリストです。

  • 巨大な人体のパーツ。現在までに459本の腕、524本の脚、821個の眼球、その他筋肉組織、皮膚、骨格、判別不能な器官を含め████トンが発見されている。
  • 生物学的に異常な構造をもつ触腕。39本発見されており、全長は約50m。サーカイトの肉操作術カルノマンシーに類似点が見られる。触腕の根本は発見されていない。
  • 様々な形状の巨大な機械部品。100mを超える歯車等、現在の人類の技術では建造不可能なものも見られる。
  • 巨大な昆虫の脚部。セミの成虫のものに酷似している。近辺で発見された巨大な男性の顔面と思われるパーツと同一のEVE波形が見られる。
  • 鉄と血液で構成された巨木の一部。数時間後に倒壊し、偶然生存していたGoI-2722"鉄錆の果実教団"の残党が巻き込まれ死亡した。
  • 割れた磁器製のマスク。3枚発見されており、それぞれ赤、黄、白を基調とした模様で彩られている。形状はSCP-035のそれと類似しているが、異常性は見られない。

その他180種の由来の異なる残留物が発見されています。

事象-3300-JP発生の瞬間、SCP-3300-JP-Aにて複数の大規模なEVE放射が観測されていました。調査内容及び残留物の解析結果から、事象-3300-JP発生の瞬間、現地のカルト団体らによって複数の神格実体が同一の地点(SCP-3300-JP-A)に召喚されていたことが判明しました。結果として実体同士は物質化の瞬間に重なり合った状態となり、即座に死亡し、余剰エネルギー放出による大規模なバックラッシュが発生しました。神格の召喚実行のタイミングが完全に一致した原因として、各カルト団体同士が、自らの信仰する神格を他の団体のそれよりも早く召喚することを目的に、28日を迎えた瞬間に召喚を行ったことが考えられます。

当該インシデントに関わった異常カルト、要注意団体の多数は、事象-3300-JPにて信仰対象が消滅したことにより、急速に弱体化の傾向を見せています。これらの団体の完全な殲滅、解体を目的とした軍事作戦が、境界線イニシアチブ、世界オカルト連合共同で計画されています。


追記: 事象-3300-JP発生直後、現場周辺で異常実体(SCP-3300-JP-S)の目撃情報が相次ぎ、3日後に実体は収容されました。

SCP-3300-JP-SはGol-1257“ディア大学”の学生らによって召喚された小規模の神格実体です。当該実体は極度に戯画化された、飛行する巨大なスパゲッティのような外見を持ちます。収容時、実体は激しく損傷し、衰弱状態にありましたが、30トンの茹でたスパゲッティ、15トンのミートソース3を与えると即座に回復しました。召喚時、学生らは遠方からリモート儀式手順により召喚を行ったため、バックラッシュの被害を受けませんでした。4

SCP-3300-JP-Sは事象-3300-JPにて召喚されたにも関わらず他の神格実体と共に死亡しませんでした。学生らに対するインタビュー調査の結果から、当該実体は27日午後23時59分59秒に召喚されており、他の神格実体の物質化よりも前に顕現し、重なり合った実体同士の中心に存在していたことで即座の死亡を免れていたと考えられます。

スリー・ポートランドとの相互不可侵条約に基づき、当該実体は学生の研究、信仰対象としてディア大学に引き渡されました。


2610861983_b521946ba3_c.jpg

スリー・ポートランドにて行われた、SCP-3300-JP-Sに信仰を捧げるカーニバル


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。