SCP-3307
rating: +4+x

アイテム番号: SCP-3307

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3307は、現時点ではサイト-17にある標準人型収容セルに収容されます。SCP-3307用の収容チャンバーは、壁に取り付けられたダスト・シュートを介して生成物質を輸送・廃棄できるよう改装されます。不要な食材の生成を制限するため、職員は実験環境外でのSCP-3307の視線を避けてください。移送の必要性が生じた場合、SCP-3307を気絶させるか、SCP-3307が自身と接触する職員の存在に気付けないようにしなければなりません。実験環境外でSCP-3307が生成した食料品は即座に没収・処分されます。

説明: SCP-3307は、以前はエージェント J.███████として知られていた32歳前後の男性です。外見上に異常はなく、身体的に健康です。しかし、他の人物が面前に存在すると1、SCP-3307は体内で食物や飲料を生成し始め、生成した飲食物を嘔吐もしくは排便によって排出します。この食物は未知のプロセスを介して胃内部に形成され、食材のタイプに応じて食道を上に、または腸を下に移動します。SCP-3307の内臓器官は食材の輸送を損傷なく行えるほど拡大できるように見受けられるため、このプロセスによって身体的苦痛が引き起こされることはありません。しかし、口から食物を排出する場合は呼吸困難を経験するため、重大な心理的苦痛が引き起こされる可能性があります。回収以降、SCP-3307は食事の必要性を感じておらず、与えられた食物を消化することができません。

SCP-3307が生成した食料品は食用に適しており、通常の食料品に含まれるであろうものとほぼ同等の栄養素を含んでいます。事実上、SCP-3307はあらゆる食物やその組み合わせを生成することができます。生成される食物や飲料のタイプはSCP-3307に曝露した人物に対応しているようであり、ほとんどの場合その人物にとっての "家庭料理" もしくは "嗜好品" であることが確認されています。固形の食品は口 (場合によっては肛門) から排出されます。液状の食品は多くの場合、排尿と同様の方法で排出されます。この生成手段のため、大半の人物は当該プロセスに嫌悪感を抱くと報告しており、生成された飲食物を進んで消費しようとしません。複数の人物に同時に曝露すると、最初に認識された人物から順に食物が生成され始めます。

SCP-3307は██/11/232の、機動部隊シータ-90 ("角度研削者") のメンバーの内██名がクラス2空間異常に曝露されたフィールドミッション後に回収されました。空間異常に引き摺り込まれたエージェント J.███████は約30分間MIAとなり、他のチームメンバーとの連絡が途絶えていたと報告されています。エージェント ███████はその後、装飾用のプラスチック製コルヌコピアと思われるものと共に無傷の状態で放出されました。当該コルヌコピアはフィールドミッション後に押収されています。エージェント ███████の回収とそれに続く異常効果の発見後、エージェント ███████はSCP-3307に指定され、収容されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。