SCP-3334
rating: +6+x

アイテム番号: SCP-3334

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-3334-1の主実例はサイト-15内のデータセンターにて数百のサーバーディスクに保存され、予備の遠隔保存される複製はサイト-19とサイト-64に置かれます。

暗号化されたSCP-3334-1の唯一の認められた用途は、MEDUSA計画で開発されている機械学習モデルの訓練、有効化のみです。その他のあらゆるSCP-3334-1へのアクセスは、SCP-3334のHMCL監督官の認可があった場合もしくは収容違反が発生した際に機動部隊ミュー-4(“デバッガー”)が主導した場合のみに限られます。職員による暗号化されていないSCP-3334-1への直接のアクセスは禁じられています。

SCP-3334-1を収容するサーバーは隔離され、サイトのローカルデータセンターネットワークにのみ接続されます。二週間ごとにサイト-15の主実例はサイト-19とサイト-64の予備複製と物理的なストレージ媒体を用いて同期されます。

SCP-3334-2の複製はサイト-15、-19、-49、-64、-77、-81のサーバーディスクに保存されます。これらも同じように週に一度物理的に同期されます。MEDUSA計画は財団の多くの道具、ルーティン、指令系統に使用されているにも関わらず、SCP-3334-2それ自体はMEDUSA計画のSaaSサース中央分配モデルに基づきローカルからの接続しかされていません。1。つまり、これは財団の内部クライアントはMEDUSAにリクエストを送り、それが上記のデータセンターの内一つでSCP-3334-2によってローカルで処理されることで収容が継続されることを意味します。

SCP-3334-2への直接のアクセスは、SCP-3334収容チームに所属する認可された職員か、MEDUSA計画のスタッフか、SCP-3334のHMCL監督官の裁量により許可された計画協力者以外には禁じられます。SCP-3334-2の一時的な複製は、視覚的なミーム・認識災害(VMC災害)に関する標準プロトコルが遵守されている限り、MEDUSA計画の開発を目的とするローカルデスクトップコンピュータにおいては認められます。SCP-3334-2の可視化はそのいかなる要素も禁じられています。

財団スケーラブルファイルシステム(FSFS)及びscipDB:

プロトコル 3334-10-Kempelen:

MEDUSA計画:

説明: SCP-3334はMEDUSA計画を実装するために必要な多様な異常なデータに対する指定です。

SCP-3334-1は15642812827の収集された異常な視覚的ミーム/認識災害の集合であり、プロトコル10-Kempelenを通じて収集されました。このデータセットはまたオリジナルのVMC災害の変形・翻訳を含むデータ統合技術により、人工的に巨大化されています。約90%のSCP-3334-1が訓練用データとして指定されており、MEDUSA計画の機械学習モデルを訓練する標本として用いられています。残りの10%はバリデーションデータとして保管されており、テスト中の実世界精度を予期するため用いられています。各映像は必要に応じSCP-3334-1-#として識別されます。

SCP-3334-2はMEDUSA計画のニューラルネットワークモデルで用いられている数学的内負荷です。これらの負荷はどのようにニューラルネットワークが与えられた入力イメージを認識災害か否かを分類するかを特定し、また訓練・学習中にニューラルネットワークにより修正されます。機械学習研究における直近の結果は、畳み込みニューラルネットワークの中間層内での階層表現の学習を示唆しており12、これはSCP-3334-2を潜在的な視覚的ミーム/認識災害として指定及び収容することを正当化します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。