SCP-3392
rating: +4+x
BlankChalkboard.jpg

SCP-3392

アイテム番号: SCP-3392

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3392はチャンバーの壁に固定された状態を維持し、実験は少なくとも2台のビデオカメラで記録され、SCP-3392に書かれた全ての物が常にはっきりと見えるように配置されます。チョークと黒板消しは必要に応じて補充してください。数学の修士号以上の研究者は、対象がSCP-3392と相互作用している間、対象を監督、観察し、その記録を精査します。いかなる状況においても、Dクラス以外の職員がSCP-3392に書き込みを行ったり、その表面の書き込みを何らかの方法で修正することは許可されていません。オブジェクトの影響を受けた職員にはクラスA記憶処理が施行されます。

説明: SCP-3392は壁に取り付けられた幅約2メートル、高さ1.5メートルの長方形の黒板です。その異常な特性は、それを個人が数学的な計算を実行するための筆記面として使用するときに発現します。最初の問題の解法を見つけると、対象は突然"発見"の感覚を感じたことを報告し、直ちにSCP-3392への書き込みを継続して計算を拡張したいという強い欲求を示します。SCP-3392との相互作用を続ける対象は直ちに外部刺激に反応しなくなり、その作業に集中し、休憩や食事さえ怠ります。この状態に陥った対象は、注意を逸らすためにSCP-3392から強制的に分離し、オブジェクトが直接視界に入らない場所に連れて行かれなければなりません。

長期間にわたってSCP-3392との相互作用を継続することを許可された対象は、過去の教育や数学的な背景とは無関係に、計算に関する数学的能力が向上します。しかし、SCP-3392から分離されると対象は直ちにその能力を失います。ほとんどの場合、対象はオブジェクトと相互作用する以前よりも能力が低下するようです。この効果の度合いはSCP-3392に対して消費した時間に依存します。

回収記録: SCP-3392は20██/4/23、███████大学で春休みから戻って来た同僚によって██████教授が床上のオブジェクト下で発見されたことによって回収されました。検死は、██████教授が脱水症状が原因で約46時間前に死亡したと結論付けました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。