SCP-3460
rating: +10+x

アイテム番号: SCP-3460

オブジェクトクラス: Safe Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-3460はサイト-64高セキュリティ棟の電子機器保管コンテナ内に保管されます。SCP-3460に関連する全ての実験にはサイト倫理委員会・サイト司令部両者の承認が必要です。

更新: 1998/11/17のイベント群以降、SCP-3460のさらなる実験/機動部隊による使用にはO5の承認が必要です。加えて、SCP-3460はいかなる時でも2名の対象に対してのみ使用が可能であり、対象の接触と次回の起動の間には6ヶ月の猶予期間が設けられます。

説明: SCP-3460は20世紀中期のポリグラフ装置に類似する電子機器です。この時代の他のポリグラフ装置が通常は対象人物の呼吸数、皮膚コンダクタンス、血圧を測定するための4本の針を有するのに対し、SCP-3460は針を2本しか有さず、外部センサーも存在しません。それぞれの針の基部付近には8cm×11cmのスロットが存在します。

SCP-3460の異常性は2名の存命の人物の写真が針の基部のスロットに挿入され、機器の電源が入れられた際に発現します。この時点で、針はSCP-3460によって生成される図表用紙に非異常性のポリグラフテストと同様の様式で線のトレースを開始します。執筆時点でこの記録が行われる図表用紙が尽きたことはありません。写真がSCP-3460に挿入された2名の人物が他方と交流した場合、2本の針は自動的に振れ、交流の間単一の線の記録を開始します。交流が終了すると、2本の針は再び他方と異なる位置に移動します。この交流の性質は様々であり、片方の人物のもう片方へのメモの読み上げから性的接触まで幅があります。

SCP-3460の針は、それぞれが他方と同一の動きをするように物理的に操作することが可能です。このような操作が行われた場合、SCP-3460はその影響下にある人物が他方と確実に交流を持つように因果律を改変します。この交流が発生するまでの時間差は可変であり、発生するまでの時間は早ければ1時間後から複数年までの範囲を取ります。一度針が同一の動きをするよう強制的に動かした場合、対象者の写真をSCP-3460から除去しても交流は確実に行われることとなります。

補遺3460-A: 実験記録要約

機動部隊諜報員による潜在的要注意人物の監視、或いは確保の手段としてのさらなるSCP-3460の使用はケースバイケースの原則に従って承認されています。SCP-3460のオブジェクトクラスはThaumielに更新されました。

補遺3460-B: インシデント3460-1

1998/11/17、複数のカオス・インサージェンシー部隊が連携してサイト-64に襲撃を決行したことにより複数名の職員が死傷し、また施設内の幾つかの区画が甚大な損傷を負うこととなりました。エージェント・リード、キャロル、ガルシア、チェンはこれらの死傷者に含まれており、全員が襲撃時点でSCP-3460の進行中の対象となっていました。事後調査の結果、各エージェントとともにSCP-3460の対象となっていた人物はいずれも襲撃を決行したカオス・インサージェンシー部隊のリーダーであったことが判明しました。各エージェントによるSCP-3460の活性化は4年の期間にわたってそれぞれ別個に行われていました。

SCP-3460の収容プロトコルは更新されました。

補遺3460-C: 回収

SCP-3460は1992/12/12、要注意領域スリー・ポートランド内部のコーディ・プルマン及びジューン・プルマン夫妻の邸宅にて行われた遺品販売の際、機動部隊タウ-51の秘密諜報員によって発見されました。SCP-3460は箱に収められており、ジューン・プルマンと未特定の男性の写真が挿入された状態でした。この際、針はそれぞれが別の位置にある状態でテープによって留められていました。

その後のインタビューで機器についてプルマン夫妻の存命親族に尋ねた際は、彼らが機器の性質、写真の未特定の男性の素性、同年初めに彼らの両親が自動車事故で死亡するまでその屋根裏部屋に機器が保管されていたことのいずれについての知識も有さないことが示されました。この未特定の男性と接触するためにSCP-3460を使用する試みは現在まで失敗に終わっています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。