SCP-347-FR
rating: +8+x

アイテム番号: SCP-347-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe/Uncontained

特別収容プロトコル: 現在、SCP-347-FRの所在は不明なため、フィリーガン博士による監督の下オブジェクトの所在を特定するための調査が開始されました。機動部隊ファイ-16(”割れた甕”)はオブジェクトの回収作業に備え、随時カバーストーリーを作成してください。影響を受けた”A”ステッカーは、サイト-Kibianの南棟にある安全ロッカーに収容されます。SCP-347-FRに関する実験は、さらなる通知がなされるまで中断されています。

説明: SCP-347-FRは若年運転者のための”A”ステッカー1です。SCP-347-FRを四輪車に貼り付けると、ヒト型実体(SCP-347-FR-1に指定される)が車両の助手席に出現します。Dクラス職員を対象とした後の調査により、この実体は、過去に自動車事故で死亡した、車両の所有者の知人の外見をとることが明らかになりました。車両の所有者がそのような状況で死亡した人物を全く知らなかった場合、SCP-347-FR-1は身元の識別が不可能なほど腐敗の進んだ死体のように見えます。SCP-347-FR-1は車両の外側からしか見えないことに注意してください。SCP-347-FR-1の姿を写真に収めることはできますが、車両の最新の所有者は写真やビデオ上ではアングルに関わらず実体を見ることができないようです。

助手席に座らせようとするあらゆる試みは失敗に終わり、被験者は開いたドアの前で立ち止まり動作にとりかかることができないと報告します。影響を受けた被験者は催眠に近い状態にあるようです。

SCP-347-FRが貼り付けられた車両を運転することは可能ですが、ドライバーが運転ミスや現地の交通規則に違反した場合、様々な機能不全が発生し、運転がより困難になります。ドライバーがさらに違反を犯した場合は、さらなる機能不全が発生します。約93%のケースで、これらの機能不全は事故を引き起こします。同乗者の中で犠牲者となるのは常に一人であり、彼らが生き残った場合は長期的な心的外傷を示し、自動車に乗ることを拒むようになります。例え心的な後遺症を残すことがなかったとしても、この効果は過去既に自動車事故に巻き込まれたことがある被験者らに対しては同様に現れます。100%のケースで、車両は損傷により使用できなくなります。

事故後、”A”ステッカーはもはや異常性を保持していません。SCP-347-FRの異常性はその後最も近いステッカーへと移されます。現在までに、SCP-347-FRの効果が同じステッカーに2回以上現れたことはありません。

SCP-347-FRの存在は、いくつかの自動車事故の間の関連性が明らかになった際に財団に認知されました。事故の目撃者には、事故前の車内にいた人物が実際に巻き込まれた人数より1人多かったと報告する者がいる一方で、車内に骸骨を見たと報告する者もいましたが、事故後の調査で発見されることはありませんでした。調査によって、車両の残骸のいくつかが財団に回収されましたが、それらのどれも異常性を示すことはありませんでした。

sasidome.png

SCP-347-FRの影響を受けた車両を捜索していた際のSCP-347-FR-1

SCP-347-FRは、警察が█████メーカーの車両に死体を同伴させている運転手についての通報の電話を████████から受けた際に発見されました。事故による損傷のない車両が押収されました。異常の原因についての調査では、死体が車両の外側から見えなくなってから”A”ステッカーが剥がされるまでに3日を要しました。

実験目的でエージェント・████のサービスカーにステッカーを貼り付けたところ、2013年に玉突き事故で亡くなった叔母であると後に特定された女性が、実験中助手席にいた職員のもとに出現しました。エージェント・████は何も見えないと申告しました。この実験で、ステッカーがSCP-347-FR-1の出現の原因であることが確認できました。

文書 JE-347-FR :
以下は、関連性が特に高いと判断された実験レポートです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。