SCP-3501
rating: +8+x
coffeehouse.jpg

収容以前のSCP-3501の内装を映した唯一既知の写真、ジェームズ・スコット博士により1913年6月に撮影。SCP-3501-1が左側に見える。数体のSCP-3501-2個体が右側に見える。

アイテム番号: SCP-3501

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3501は当初の所在地だったイランのイスファハーンから除去され、非現実部門の本部であるサイト-90の確保保管施設に移送されています。

SCP-3501への実験と入場は現在中止されています。実験3501-101はO5評議会の特別裁可を受けて実施されたものです。

説明: SCP-3501は、かつてイランのイスファハーン市に位置していた小さなコーヒーハウスです。外見的には、SCP-3501は小さめの立方体状の建造物であり、面積は約9m3(イランの3パンカに相当)で、屋根からコバルト色のドームが突出しています。建造時期は17世紀まで遡ります。

SCP-3501の内装は単一の広い部屋から成ります。SCP-3501を訪れるごとに、部屋は異なる様式に装飾されています。各様式はそれぞれ異なるイランの時代と都市に起源を持ちます。幾つかのコーヒー容器、水パイプ、その他の飲料が、デイツやピスタチオを盛ったボウルと並んでSCP-3501の内部に存在します。多数の詩集とバックギャモンの盤1枚も置かれており、時々SCP-3501-2個体群によって使用されています。暖炉が部屋の最奥に見えます — ここに火が点されるのは秋分から春分の間のみです。

SCP-3501には、SCP-3501-1と数多くのSCP-3501-2個体群が居住しています。SCP-3501-1は、可変性の外見を持つヒト型存在であり、訪問者ごとに異なる年齢・性別の姿を取ります。SCP-3501-2個体群は、SCP-3501内に常駐している5~10体のヒト型存在の総称です。存在するSCP-3501-2個体群は訪問ごとに変化します。SCP-3501-2個体群は通常、お互いに話し合ったり、詩集を読んだり、バックギャモンに興じたりしている様子が確認されます。SCP-3501-2個体群は妨害を受けない限り、外部からの訪問者を認知しません — 妨害を受けると、SCP-3501-2個体群は訪問者を罵倒するか押し返します。

SCP-3501に入場できるのは一度に1人のみです。人間がSCP-3501に入ると、SCP-3501-1は椅子に座って何かしらの軽食を摂るように訪問者に促します。全ての訪問者は例外なく静かにSCP-3501-1の指示に従うことから、研究者たちは訪問者が何らかの認識災害に影響されていると考えています。

訪問者が着席すると、SCP-3501-1は1つの物語を訪問者に語り始めます。この物語は訪問者の人生における出来事から派生しているようですが、舞台設定や文脈はしばしば改変されるか、曖昧なままにされます。SCP-3501-1が物語を語り終えると、SCP-3501の内部に送り込まれた全てのカメラ映像や感覚装置は即座に遮断されます。この事象発生から約30分後、他の訪問者が改めてSCP-3501に入場できるようになります。訪問者に何が起きるかは不明ですが、以前の訪問者の痕跡はその後の訪問で全く見つかっていません。

訪問に続き、SCP-3501-1によって語られた物語は、唐突に周辺地域の口頭伝承の一部として現れます。問題の物語を語る人々は、何世紀も続く伝統の中で、先祖を異にする親から教わったものだと主張します。SCP-3501-1の語り以前にそのような物語が存在したという証拠の欠如にも拘らず、地元の歴史家はしばしば物語の発展史を提示することがあります。

SCP-3501は1913年6月、財団研究員の著名な東洋学者、ジェームズ・スコット博士がイランでの調査旅行中に消息を絶ったことで発見されました。財団の調査によって彼のカメラが回収され — カメラは街路に投げ出されたように思われました — 最終的にはSCP-3501が見つかりました。後日、“完全な像を作り上げるフランク人”に言及する伝説が地元イスファハーン住民の伝承の一部として発見されましたが、現地の歴史家はこれを16世紀から伝わっている物語だと主張しました。

SCP-3501の効果の例として、実験3501-29、3501-56、3501-77のログが以下に収録されています。

補遺3501-1: 2004/08/25、SCP-3501の研究主任だったファルハド・ハメダニ博士が、無許可でSCP-3501に入場しました。ハメダニ博士は定期精神検査において、SCP-3501の実験に利用されたDクラス職員の運命に関する極度の罪悪感に苛まれていることが明らかになっていました。ハメダニ博士は配置換えを要請していましたが、この要請は事案発生当時まだ保留されていました。

ハメダニ博士はSCP-3501に入場する前に、Dクラス実験で使用されたものと同型のカメラを装着していました。記録はハメダニ博士がSCP-3501に入場する直前から始まっていました。

補遺3501-2: 2016/01/21、モンターグ上級研究員は、人命損失を引き起こさないであろう人工知能をSCP-3501の内部へ派遣することを提言しました。この試験を行うため、実験は短期間再開されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。