SCP-3553
rating: +11+x

アイテム番号: SCP-3553

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 発見された全てのSCP-3553実例は財団が押収します。全てのSCP-3553実例を包括的に発見することは不可能であるため、現時点で存在するSCP-3553-A個体の数は不明です。全てのSCP-3553-A個体は財団の拘留下に置かれます。

SCP-3553-A個体をSCP-3553-B事象から保護する試みは、これまでのところ成功していません。これらの試みは、SCP-3553実例が提示するSCP-3553-B事象の期間中、SCP-3553-A個体の継続的な監視と肉体的接触を確実に保つことを重視しています。研究者たちは現在、スクラントン現実錨の運用など、SCP-3553-B事象のより高度な防止手段を調査しています。

説明: SCP-3553はアメリカ合衆国とイギリスで配布される厚紙製の牛乳パックに影響する反復的な現象です。現在までに合計9個のSCP-3553実例が発見されています。

SCP-3553は16歳未満の児童1名の失踪に関する書面のメッセージとして、通常1枚の写真が添えられた状態で現れます。このメッセージは児童の名前、年齢、外見、失踪した場所や日時などの詳細事項を提示します。失踪日時は常に数年先の未来です。文体や表現方式は1980年代から1990年代にかけて行われた牛乳パック呼び掛け運動1にやや類似しますが、幾つかの違いがあり、電話番号の欠如が大きな特徴です。これまでの失踪は全て、牛乳パック呼び掛け運動、または類似の活動が行われたアメリカ及びイギリス国内で発生しています。

メッセージが言及する全ての児童は実在します。これらの児童を以下でSCP-3553-A個体とします。言及された全ての失踪事件は指定日時に必ず発生します。これらの失踪を以下でSCP-3553-B事象とします。SCP-3553-B事象を観察する試みは事実上不可能だと証明されています。あらゆる観察の試みは観察者の視界が何らかの形で遮られる結果となっていますが、財団職員は2016/08/19 2017/07/08時点で2件 3件のSCP-3553-B事象にしか立ち会っていません。

SCP-3553-A個体は時折、失踪の直前に、SCP-3553-B事象を予知しているかのような素振りを見せます。

SCP-3553は1991/09/05、ペンシルベニア州スクラントンの地元スーパーマーケットで買い物をしていた財団職員が、偶然SCP-3553実例と遭遇した際に初めて発見されました。これに加えて、少なくとも1人のSCP-3553-A個体が財団職員の子供だったという事実から、SCP-3553の作成者は財団の存在を認知していると考えられます。発見された最古のSCP-3553実例は、牛乳パック呼び掛け運動が開始されるかなり前の1970年代半ばに製造された物と思われます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。