SCP-3554
rating: +28+x
canning_machine.jpg

SCP-3554内部にある機械の露出部。

アイテム番号: SCP-3554

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: サイト-90がSCP-3554施設の周囲に確立されています。SCP-3554によって生成された製品は、サイト管理官の裁量によって破壊されるか、サイト-90内で使用されます。他の使用は禁止されています。

サイト-90は構造安全上の懸念により閉鎖された史跡を装っています。SCP-3554はサイト-90の主要な存在目的です。サイト-90が露見した場合、GRU"P"部局と財団の間で国際的事件が勃発する可能性があります。

説明: SCP-3554は、ロシアのサンクトペテルブルクを流れるネヴァ川の下にある、面積およそ2km2の地下缶詰工場です。SCP-3554には配布ポイントにのみ通じている単一の入場口があり、施設内部の作業空間に至る通路はありません。

工場は完全自動化されており、1日あたり約80,000個のボルシチ缶詰を製造します。これらの缶詰は“Содружество”ブランド1の名称で、出荷用パレットにあらかじめ梱包されています。これは如何なる外部入力も無く発生します。目に見える範囲の工場設備は旧式であり、未知の手段によって作動しています。生産は現地時間の午前8:00に即座に始まり、翌日の午前12:00に停止します。生産機能を無効化するメカニズムは存在しないように思われます — SCP-3554は外部電源を持たず、内部メカニズムは自己完結しています。

製造された缶詰は非異常です — 封入されているボルシチは、被験者からは淡白かつ標準以下の味と評されているものの、食用可能です。

歴史的情報: SCP-3554は1914年、ロシア帝国軍事省が、GRU"P"部局の前身団体である秘匿庁の支援を受け、最前線で戦う部隊への物資供給のために設立したものです。SCP-3554の位置、存在、機能に関する記録はロシア革命で喪失または破壊されています。財団は革命中に密かに施設の支配権を握り、その存在の痕跡を抹消しました。

SCP-3554は倫理委員会ケース#784の焦点でした。詳細は添付文書を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。