SCP-3586
rating: +6+x
seagull.jpg

████/██/██の収容違反におけるSCP-3586と数羽の複製体。

アイテム番号: SCP-3586

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル SCP-3586は最大5気圧までの内圧に耐えられるよう改良された標準的な鳥類収容ユニットに収容されます。指定された餌以外の可食物を収容室に導入することは認められません。各食事の完了後、余分なカモメは除去され、野生環境に解放されます。SCP-3586は常時片方の足首に追跡タグが装着された状態に保たれます。

SCP-3586には1日2回、“高級”と見做される食品のみで構成された餌を与えます。それぞれの餌は以下の基準を満たしていなければいけません。

  • 餌には最低でも総額30米ドルの経費1を掛けなければいけません。
  • SCP-3586に与える前に、職員3名が餌と調理に携わったシェフを各々5分間称賛しなければいけません。
  • 餌は非常に評判の良いシェフによって調理されなければいけません。
  • 餌は装飾的なエッチング加工が施された清潔な磁器の皿に乗せ、磨かれた銀器を添えて提示しなければいけません。この時、個々の料理の重量が70グラムを上回ってはいけません。

説明: SCP-3586は成熟した雄のカモメ2です。体高29cm、体重0.4kgです。肉体的には、SCP-3586は異常性の無いカモメと区別できず、飛行能力をはじめ、通常カモメと関連付けられる他全ての特性を持ちます。

SCP-3586は任意の形態の食物を摂取すると自己複製します — 複製体の数は、知覚された食物の品質に反比例します。SCP-3586から複製されたカモメは如何なる異常特性も示さず、従って非異常と見做されている点に留意してください。複製されるカモメはSCP-3586の身体から急速に出現する形式で生成され、出現速度は複製体の総数に比例します。複製現象への影響を及ぼすと証明された要因には以下が含まれます。

  • 食材の希少性
  • 料理の金銭的価値
  • 料理の作成に携わった人物/事業所の評判
  • 過去24時間にその料理が称賛された回数
  • 料理自体と調理場の清潔度
  • 分量、小さいほど“高級”であると見做される

SCP-3586は品質に関係なく、食品に対して一切の嗜好を示しておらず、単純にその場の可食物を順序立てることなく摂取します。SCP-3586はまた、消費した食物の量に関係なく、通常の生物の約6倍の速度で物質を消化できる加速代謝を実証しています。

生成される複製カモメの正確な量は一貫しておらず、最大で±18%の変動があります。高品質な食品を食べた場合の複製数は最大3羽であり、記録上最多の複製数は、自転車に轢かれて側溝に落ちた1週間前のハンバーガーをSCP-3586が半分消費した後の███羽です。この出来事が発生した████/██/██の収容違反中、SCP-3586は回収チームが組織される前に近隣の大都市圏へ飛び去っていました。当該事案の転写記録は以下で閲覧可能です。

背景: 機動部隊ラムダ-4 “野鳥観察”の隊員数名が、収容サイトから██マイル離れたマサチューセッツ州███████の繁華街までSCP-3586を追跡した。SCP-3586は既に特定されており、この時点ではまだ複製が行われていない。MTF隊員たちは回収のために移動している。


[記録開始]

MTF-3 "ペリカン": こちらペリカン、対象を目視確認した、オーバー。

MTF-1 "イーグル": こちらイーグル、まだ接触するな。座標を中継し、ブルージェイとトーカンが位置に着くのを待機せよ。オーバー。

MTF-3 "ペリカン": 了解、オーバー。

MTF-2 "ブルージェイ": 座標を受信した、ただいま移動中、オーバー。

MTF隊員たちが各々の位置へ移動。MTF-2と3はSCP-3586がいる路地の両端を封鎖し、MTF-4 "トーカン"が隣接する屋根の上に登って空中をカバーする。

MTF-4 "トーカン": 良し、位置に着いたぞ。ネットランチャーを準備中、オー- おい。奴はあのバーガーに向かってるらしい。

MTF-1 "イーグル": -クソッ、なんて汚いんだ! あんな物を食わせたら最低でも3桁は出現する。直ちに決行せよ!

MTF-4はネットランチャーを発射し、SCP-3586を路地に閉じ込めるが、SCP-3586は無関心にチーズバーガーをつつき続けている。MTF-3が路地に走り込んでSCP-3586に飛びかかり、激しい鳴き声と羽ばたきにも拘らず、揉み合いの末に鎮圧することに成功する。

MTF-3 "ペリカン": 捕まえた! 奴を捕まえた! オーバー!

MTF-1 "イーグル": 了解。よくやってくれた、諸君、今回もまた完璧な回収だったな。アノマリーを鎮静して帰還しよう。目撃者もいないので-

MTF-2 "ブルージェイ": バーガーはどうした?

MTF-1 "イーグル": ん?

SCP-3586: クアーッ。

全隊員の音声・映像送出がロストする。当該地域への唐突かつ大量のカモメの流入を説明するため、異常な渡りのパターンに関するカバーストーリーが流布される。MTF隊員たちは4時間後、生存してはいるものの、カモメの羽根と糞に覆われた状態で回収される。SCP-3586は追加部隊の派遣によって再収容され、それ以上の複製は発生しない。MTF隊員たちによるKeter再分類/終了の度重なる要請は却下される。

[記録終了]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。