SCP-3601-JP
評価: +44+x
blank.png
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
starling.jpg

SCP-3601-JP。

アイテム番号: SCP-3601-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3601-JPはサイト-8190の生物収容室に収容され、専用の鳥類保護マニュアルに従い生育されます。保護のため、床面はクッション性のあるマットで構成されます。

説明: SCP-3601-JPは逆向きの重力に従った状態で離着陸や生活、飛行を行っている鳥です。ズグロムクドリ(Sturnia pagodarum)に似た外見を持ちますが、身体の天地は真逆になっています。

このため、SCP-3601-JPは一般的な鳥類のように上空を飛行する事が出来ません。なお、その特性ゆえ、頭部を地面に衝突させながら飛行する様子が確認されています。なお特筆事項として、頭部が地面に衝突しないよう飛行する個体は少なく、大多数はむしろ飛行しながら積極的に繰り返し頭部を地面に衝突させています。

この習性が何に起因するかは判明していないものの、多くの個体は頻繁に頭部を地面に衝突させることで頭部に傷を負い、場合によっては脳機能障害を患います。これによりSCP-3601-JPは短命の傾向があり、例えば地面をクッション性のある物体で覆うなどの介入が無い限り数日~数か月で死に至ります。

SCP-3601-JPの腹部には、古代言語で構成された単語が刻印されています。単語の意味は不明であるものの、この刻印はクラスΣギリシア神話系統呪文であり、SCP-3601-JPが逆向きの重力に従う事を強制させる効果があると判明しています。なお、この効果はSCP-3601-JPが死亡すると解除されるようで、死亡した個体は正常な重力に従って地面に落下します。


補遺(実験1): 先述のように、大多数のSCP-3601-JP個体は飛行時に積極的に頭部を地面へと衝突させますが、当時の実験担当者である川崎博士がこの行動原理を「どこかへと向かおうとしているのではないか」と推測しました。これを検証するため、別件により財団が買収している深度2,000mの洞窟に1体のSCP-3601-JPが放たれました。

その結果、該当個体が最深部まで持続して飛行し、岩盤に繰り返し頭部を衝突させる様子が確認されました。これは上記の推論に新たな視座を与える結果ではなかったものの、SCP-3601-JPが異常なほど持続的に飛行可能であり、なおかつ酸素の薄い過酷な環境でも飛行できるという特性を明らかにさせました。


補遺(実験2): SCP-3601-JPを逆向きの重力に従わせる腹部の刻印がクラスΣギリシア神話系統呪文であるという事実から、魔術に精通する部門の職員が、そのうち1体の刻印解除を試みました。その結果、儀式により該当個体の刻印解除に成功しました(以下、3601-JP-Ω)。

3601-JP-Ωは正常な鳥類と同じように飛行できるようになったものの、他の個体が地面に頭部を衝突させるのと同様に、天井に向かって飛行して頭部を衝突させるようになりました。これを見た川崎博士は、適切な監視のもとで3601-JP-Ωを外に放ち、どれほどの高度まで飛行できるか検証しようとしました。

その結果、3601-JP-Ωは上空8,000mまで問題なく飛行しましたが、晴天であったにも拘らず不明な位置から雷が発生し、3601-JP-Ωを直撃しました。それと同時に、外に立っていた川崎博士の腹部が突然かつ瞬間的に発光し、逆向きの重力に従って上空へと落下し始めました。発光による眩惑のため、周囲の職員はこれに対応できませんでした。3601-JP-Ωおよび川崎博士は、捜索の試みにも拘らず現在も発見されていません。

なお特筆事項として、川崎博士の周囲にいた職員は、いずれも発光の瞬間に罰(ποινή)という幻聴を経験しました。


補遺(神話的見地): SCP-3601-JPについて神話・民俗学部門に調査させたところ、その正体について有益な情報が提供されました。以下にこれを抜粋します。

神話的見地から言えば、SCP-3601-JPはシュアヴェルフィス(Schaerwerfis)の名で知られる神鳥であったと推測されます。歴史文献によればシュアヴェルフィスはギリシア神話で言う遥か上空の「天界」を飛ぶ鳥であり、神々に仕える伝書使としての役割を持つ存在として知られていました。

しかし文献に僅かながら記載がある通り、SCP-3601-JPは何らかの神罪を犯したと考えられており、それゆえに先述したようなクラスΣギリシア神話系統呪文によりその飛行力が適切に発揮されないようにされたと推測されます。

SCP-3601-JPが逆向きに飛行させられている理由については、その飛行力によって天界に辿り着かせないようにするという意図に加え、仮に飛行したとしても地に進むことにより天界の逆、すなわち地獄にしか到達できないようにするという意図があったと考えられます。

SCP-3601-JPがどのような神罪を犯したのかについては、未だ判明していません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。