SCP-3636
rating: +10+x

アイテム番号: SCP-3636

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3636はサイト-17の標準安全セルに保管されます。部屋へのアクセスにはレベル2以上のクリアランスが必要です。SCP-3636の実験に関与する全ての職員は最新の楽曲ブラックリスト文書を提供されなければなりません。いかなる状況下でもブラックリストに記載されている楽曲を選択することは許可されません。

説明: SCP-3636はWurlitzer 1015とデザインが似ている85cm×155cmのジュークボックスで、最上部を横切る虹色の装飾照明と、「世界最高のジュークボックス」という題名を記載する金色のプレートを備えています。一般的なジュークボックスに見られるような収録曲を詳述するカード群が取り付けられたガラス製の選択画面はなく、代わりに検索バーと「曲名、アーティスト、アルバムを検索」というテキストを表示する青色のタッチスクリーンが搭載されています。SCP-3636には硬貨の投入口がなく、また明らかな電源がありません。

検索機能を通じて楽曲を検索すると、その曲の存在確認のなされている全てのバージョン(未発表の初期バージョンを含む)、そしてオリジナルアーティストによる全てのライブ公演の音源からなるリストが表示されます。財団がSCP-3636を獲得した後に行ったライブイベント群の分析によれば、これらのライブバージョンはリストに記載された公演で演奏されたものと正確に一致するものであることが確認されています。バロック時代に行われたオペラ群の初演がこれまでに選択されているため、SCP-3636は幅広い時代の楽曲を収録しているようです。

楽曲が選択されると、SCP-3636の画面は「ライブミュージックビデオ」というテキストを上側に表示するとともに1つの映像を表示するように変化します。映像は楽曲の歌詞の内容に基づいており、多くの場合その曲の中で言及されている事象群を直接的に描写します。それ以外の場合では映像は言葉遊びの結果生じた事象群を描写します。SCP-3636が表示する事象群はSCP-3636の映像の中で見ることのできる現実世界の場所で実際に発生します。その現象(以下SCP-3636-1)はその曲の再生時間の間続きます。SCP-3636-1の効果は映像の内容に依存する事実が起きた後も継続されることがあります。SCP-3636-1は選択された楽曲がオフィシャルミュージックビデオを有しているか否かにかかわらず作り出されます。インストゥルメンタルの楽曲群で行った現在までの全ての実験では認識されるいかなる異常な効果も持たないミュージックビデオが作り出されています(例を挙げると、ラッシュの「YYZ」ではトロント・ピアソン国際空港からのリアルタイム映像が表示される)。

SCP-3636はニューヨーク州████████のバーで発生し21人の死亡者を出した火事の最中に地元の消防士らによって発見されました。当ジュークボックスはビリー・ジョエルの楽曲「We Didn't Start the Fire」の再生中にそのバーの外からのその火事の映像を表示していた画面と共に無傷で見つかりました。全ての生存者とファーストレスポンダーにはクラスB記憶処理を施しました。

補遺: 17/██/██、SCP-3636が何も入力されることなくウォーの「Why Can't We Be Friends?」を再生し始めました。現場に職員が居合わせていなかったため曲に対応する映像の事象群の観察は行われませんでした。曲が気付かれた後セキュリティ部隊が部屋に入ると、元財団職員の████ ███████氏が収容室内で手錠をかけられた状態で発見されました。███████氏は6つの異常アイテムを窃盗したかどで財団によって指名手配されていました。盗まれたアイテム群はのちにそれぞれの適切な場所へと返却されているのが見つかりました。███████氏のポケットの中から1枚のメモ書きが見つかりました。メモ書きには「お願いですから音楽を再生し続けてください、私は敵となるよりもむしろ友人となりたいのです。 ―WGJB1」という言葉が書かれていました。実験がO5の命令により再開されました。さらなる実験の結果は実験記録3636に記載されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。