SCP-3699
rating: +15+x

アイテム番号: SCP-3699

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3699は公共アクセスから封鎖され、財団職員が背後の湿地帯に設けられた境界線を警備するために現地に駐在します。専門の機動部隊が民間人の所有下にあるSCP-3699-1実例を追跡・回収し、SCP-3699やSCP-3699-1の異常効果を認知している民間人には完全な記憶処理を施します。

説明: SCP-3699はイギリス、ノーフォークにあるクレイ・ビーチです。SCP-3699は礫質海岸であり、主に小さな岩や石で構成されています。SCP-3699の異常な特性は、石がSCP-3699から除去されない限りは発現しません。これらの石を以下でSCP-3699-1実例とします。

人間によってSCP-3699から除去された約10日後、SCP-3699-1実例は発声メカニズムを持たないにも拘らず、“容認発音”アクセントを有する英語を話し始めます。SCP-3699-1実例は非常に知的かつ理路整然とした会話を行うと説明されており、財団の質疑に協調的であることが証明されています。

SCP-3699-1実例は有知性体であり、完全に自覚的な人格と記憶を持ちます。彼らは通常、イギリスで一般的に使われている名前を自称します。SCP-3699実例は自らの存在を1個の小石として思い出せるようですが、かつて自らが一部を担っていたより大きな物体の記憶を思い出すこともできます。

SCP-3699の起源は不明です。あらゆる物理的な観点において普通の岩石に類似しているにも拘らず、どのようにSCP-3699-1が発声を可能としているかも明らかになっていません。SCP-3699-1は他の異常な活動を示しません。SCP-3699-1実例をSCP-3699に戻すと、それらの異常特性は再びSCP-3699から除去されるまで停止します。

SCP-3699-1実例へのインタビューのサンプルは以下を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。