SCP-3725
rating: +9+x
light.jpg

SCP-3725。

アイテム番号: SCP-3725

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3725は標準ヒト型生物収容チャンバーに収容されます。SCP-3725は作文ノート、筆記用具、制限付きでインターネットにアクセス可能なノートパソコン、物語や文学作品のアイデア開発を扱った書籍類の利用を認められています。SCP-3725と交流する職員は、SCP-3725が創案する物語のコンセプトを奨励するものとします。

SCP-3725-1個体は出現時点で焼却処分します。SCP-3725-2は以前SCP-3725が住んでいたアパートの部屋で収容されます — この部屋に無許可でアクセスする試みは制止されます。暫定サイト-3725がディサポイントメント島に建造されています — 島への上陸を試みる民間人は抑止されます。

今後のSCP-3725の著作は、如何なる形態でも、如何なる読者層に向けても出版されません。

説明: SCP-3725は、ミラード・カールトンという名前の34歳のアマチュア作家です。不定の時間間隔で、SCP-3725-1個体が自然発生的にSCP-3725の左耳道に出現します1

SCP-3725-1は、三脚付きの台座に固定され、様々なバネやワイヤーと接続された知性ある電球です。SCP-3725-1個体の構造の複雑さは幅広く変化するため、正確な外見は個体ごとに異なります。SCP-3725-1の脚とバネは基本的な動作が可能であり、一度SCP-3725の耳から取り出されると甲殻類に似た挙動を示し始めます。SCP-3725-1個体の出現後、SCP-3725は一時的な症状として短期記憶の喪失を経験します。

bulb.jpg

複雑さの度合いが異なるSCP-3725-1個体群。

電源を帯びていないにも拘らず、SCP-3725-1個体の電球は断続的に点滅します。この点滅は、完成していない様々なジャンルの物語のコンセプトを中継するモールス信号送信の繰り返しです。これらのコンセプトの複雑さや完成度は、SCP-3725-1個体の複雑さと直接相関関係にあるようです。

SCP-3725-2は、SCP-3725のかつての寝室の隅に恒久的に固定されている、大量の丸めた紙屑が詰まったゴミ箱です。SCP-3725-2の内部に配置されたSCP-3725-1個体は、その底面をすり抜け、ニュージーランドの南に位置するオークランド諸島の一角、ディサポイントメント島2へ自然発生的に転送されます。

現在、約70匹 50匹のSCP-3725-1個体がディサポイントメント島に存在します。これらの個体群は、近場の材料から作った粗雑な舞台を島の西海岸に構築しています。時折、SCP-3725-1個体のグループが、自らの電球を介して伝達するものと物語的に類似する劇をこのステージ上で演じます。他のSCP-3725-1グループはこれらの芸を見ているらしく、定期的に仲間と身体の一部を打ち付けあって拍手を模倣します。

補遺: 1976年、SCP-3725の士気を向上させる目的で、SCP-3725が著した完全版の小説3が非公開出版され、様々な財団施設に配置されました。程なくして、ディサポイントメント島のSCP-3725-1個体群は暫定サイト-3725への強引な入場を試みました。SCP-3725-1の小ささのため、侵入試行は成功しませんでした。

一部の個体は、恐らくニュージーランド本土にあるサイト-275への到達を試みて、ディサポイントメント島を囲む海域に入り始めました。これらの個体は気象条件によって終了されたか、海洋生物に消費されたと考えられています。その後、1匹の個体が暫定サイト-3725への入場を看過されました。この間に個体は本棚をよじ登り、現地にあったSCP-3725の小説を破壊しようとしましたが、殆ど成功を収めませんでした。個体はメイソンジャーで捕獲され、敷地から取り除かれました。

小説は間もなく財団施設から速やかに除去され、SCP-3725-1個体群の異常行動は収まりました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。