SCP-3738
rating: +15+x
hypotrochoid.gif

SCP-3738に類似する形状の内転トロコイド。

アイテム番号: SCP-3738

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 自動車産業に潜入しているエージェントは新たに製造される全ての内蔵コンピュータを改造し、SCP-3738の生成を不可能にします。駐車場で起きた空間異常の報告は全て調査・追跡し、SCP-3738を発生させた人物には記憶処理を施します。

説明: SCP-3738は一組のパラメトリック方程式で表される二次元的な内転トロコイド曲線です。このパターンを駐車場で自動車を使って再現すると、車両の運転手から直接見える範囲内で、空いた駐車スペース1ヶ所が利用可能になります。

SCP-3738の正確なメカニズムは再現が行われる駐車場の状況に依存します。駐車場の敷地の何処かに利用可能な駐車スペースがある場合、そのスペースが運転手の視界に直接入るまで車両やその他の障害物の位置がずれます。利用可能な駐車スペースが存在しない場合、駐車場敷地内の三次元空間が漸進的に歪曲して余分な駐車スペースが顕現します。

これらの効果はSCP-3738を行使した車が駐車場を去った時点で逆転します。車外かつ駐車場内にいる観測者はこれらの効果に気付きません。注目すべきは、1羽のトキイロコンドル(Sarcoramphus papa)、以下SCP-3738-1が常に対象車両の上空を旋回している様子が観察されることです。これはSCP-3738がトキイロコンドルの自然生息地の外部で行使された場合でも同様です。

発見: SCP-3738はメキシコ、アグアスカリエンテスのショッピングモール駐車場において、建設作業員らが自らの仕事にマシンエラーやユーザーエラーで説明の付かない一貫した矛盾を報告した時に初めて観測されました。現地エージェントがモールを調査しましたが異常現象を再現できず、当該事案は単一の超常現象としてEE-11605に指定されました。

EE-11605はミンコフスキー時空間モニターの運用を通して最低でもさらに6回確証され、最終的にはロドルフォ・マルケス氏の所有する1台の車両が特定されました。対象者とその車は財団職員によって成功裏に回収され、収容されました。


実験3738-07以降、SCP-3738-1はSCP-3738を行使する車両に着地しようとしません。SCP-3738-1に対する捕獲や意思疎通の試みは無視され、SCP-3738の全ての効果が逆転する結果を招きます。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。