SCP-3739
rating: +18+x

空想科学&デジタルアーキビスト部門より通達

広告ベース接種が散布されました。


収容保険が必要ですか? 私たちが力になりましょう。1826年創業のSCP保険サービスは、あなたを悪の妖精の呪い、吸血存在の侵略、生肉を食らうサーキシズムの儀式から保護いたします。


広告ベース接種完了。バイオメトリックおよびニューラルスキャンを開始します。


~$ Simurgh.aic: nominal.
~$ 最終ログイン: 2020-02-29 @ 06:45pm (UTC-5)
~$ 追跡・検疫されたミーム広告: 45214.
~$ 反侵入検知: nominal.
~$ Accessing SCiPNET:/files/SCP-3739/SPOILED_MILK_SEQUENCE


バイオメトリックおよびニューラルスキャン完了。接種が完了しました! 続行可能です。



アイテム番号: SCP-3739 l3.png Level 3 Clearance
オブジェクトクラス: Keter 機密

脅威レベル:

snejanka-cave.jpg

天然のモォ~スフィア(株)の洞窟乳房、VERITAS共振イメージング技術を介して撮影(右)。


特別収容プロトコル: SCP-3739の収容は、超常市場1に立脚地を得るための安定した競合製品の導入を重視します。この目的に向けて、財団フロント企業“ストラトフォード・キャトル・プロダクション2が合法的かつ安全な異常乳製品の製造と販売を行います。育牛エンジニアは、ウシ属遺伝子プール操作用の超常技術と概念形態分離を使用して牛乳を蒸留します。経済部門は全収入の13%をストラトフォード・キャトル・プロダクションに、87%を他の様々な財団の収入源に再割り当てします。

肉体空間過渡的抑制装置Meatspace Transitional Suppressor(MEATS)浄化フィルターを、2021年までにウシの健康状態を測定する標準的な手段や技術と置換する必要があります。臨床試験とフィルターの試作は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州東部のサイト-82司令部で続行されます。

説明: SCP-3739は、超常市場をターゲットとする隠蔽された広告を通して人間の認知に拡散する認識災害媒介です。SCP-3739はノウアスフィア3から、差し迫ったCK-クラス再構築事象の脅威を呈するゲシュタルト思考ベースの乳製品企業、モォ~スフィア(株)として顕現します。

モォ~スフィアは微視的な技術を — 通常、300ミクロンでのみ視認可能な画像を伝播するために — 使用して、侵襲性の認識災害キャッチフレーズ(SCP-3739-1と指定)を生成します。SCP-3739-1は普遍的な元型であり、人類の意識に既に根差している象徴や信号と結び付いています。伝播は対象者が無意識の時に発生します — ウシ様のモチーフとSCP-3739原型はREM睡眠中にしか見ることができません。

モォ~スフィアの大規模な神経学的広告キャンペーンは、人間の潜在意識と難解な発生源から生成される一連の正当な製品 — 現実の製品と夢に基づく製品の両方 — との繋がりを持ちます。モォ~スフィア製品の大部分はその市場基盤の神経経路とミーム経路から来ています。

モォ~スフィアは主力商品であるマインド・ミルク™の31%を視床下部および松果体(ホルモン放出の中心器官)から外部エントロピー的に生産し、形而上学的な発生源が残りの69%を分泌します。モォ~スフィア製品の日常的な消費者は、大脳組織の一部に凝乳の蓄積を発展させます。これは消費者にモォ~スフィア製品の更なる利用を促しますが、それ以外の点では消費者の健康に悪影響を及ぼしません。



補遺3739.1 — 実験ログ



サイト-82のミーム研究グループCは、研究のためにモォ~スフィア社製品を通信注文しました。高い人気と特異な製造プロセスから、研究者たちはチョコレート・マインド・ミルク™を選択しました。この実験は、モォ~スフィアがマーケティング、製造、製品販売において文学的元型をどのように使用しているか理解するのを目標に実施されました。

各チョコレート・マインド・ミルク™のパッケージには、"君のマインド・ミルク™体験はどんなものだったかな?"という文章が電話番号を添えて記載されていました4。研究者たちは10日間続けて(一晩熟睡する前に)毎日製品を消費しました。職員は全ての反復的な夢やモチーフを標準夢報告書にまとめた後、電話回線を通してそれらを中継しました。

2~5営業日以内に、各研究者は以下の元型的表現と遭遇しました。

元型01: トリックスター
モォ~スフィアによる表現 アウトリーチ活動の専門家
出現したモォ~スフィア モォ~スフィアのマスコット“ピエロ牛のジャッキー”が研究者たちの前に出現した。対象は痩せた牛の姿をしており、フェネックに似た仮面を着用していた。対象は空中で踊り、牛めいた声を上げ、研究者たちに豆乳を浴びせかけた。
元型07: 母親
モォ~スフィアによる表現 乳房の母
出現したモォ~スフィア 補遺3739.4を参照。
元型08: 傷付いた子供
モォ~スフィアによる表現 子供凝乳 / 凝固した子供たち
出現したモォ~スフィア 4:07 AM、15体の“子供凝乳”から成る一団が研究グループ統括官の自宅に出現した。全ての対象は様々な程度に負傷しており、黄金期アニメキャラクターのような外見だった5。 “クリーミー・チャーリー”を自称する一個体(SCP-3739-1-C)は乳製品をテーマとする寓話を90デシベルで物語った。留意点として、統括官の娘(7歳)はこの3週間前に低カルシウム血症6と診断されていた。
元型14: 洪水
モォ~スフィアによる表現 N/A
出現したモォ~スフィア マティアス研究員は人口密集地に牛乳の津波が流れ込む聖書的な洪水の夢を見た。このモチーフを電話で報告したところ、自動音声が“そのままお待ちください”と述べた後、牛乳が受話器から毎秒1リットルで放出され始めた。これは5分後、マティアス研究員が受話器を置いた時点で終了した。夢の内容は変災分類リストにおけるMK-クラス“零れた牛乳”シナリオと一致している。


補遺3739.2 — 歴史、発見、回収


aswan-low-dam.jpg

アスワン・ロウ・ダム、1906年

エジプトの財団職員は、1952年10月のスエズ運河上流の調査中に、SCP-3739-1タイプ神経広告への最初の関心を抱きました。アスワン・ロウ・ダム改修の初期地質検査が行われていた際、スエズ運河会社の労働者は水中に存在した石室の壁を誤って破壊し、粘性のある白い液体を流出させました。ナセル湖の堤防から15m離れていた労働者たちはこの液体と物理的に接触し、即座にグロソラリア7を経験しました。

言語通訳者8は異言をプトレマイオス朝以前のエジプト語であると特定しました。この現象は続く3日間、マァト・モハメッドという人物(PoI-11366と指定)に影響し続けました。モハメッドは後ほど、ミーム的健康への影響を受けた悪魔憑きであるという偽装の下、聖ソフィア精神病院 — 財団が運営する医療施設 — へ搬送されました。彼はSCP-3739-1現象の記録上最初の媒介者となりました。

以下はモハメッドが話したキーフレーズからの翻訳された抜粋です。

"バト9よ、私の大地の母よ。彼女は我が頭の[括約筋/深み]の外へと私を導く。彼女はそれが[栄養豊富/良いもの]であると言う。私は乳首を[吸引/搾取]しなければならぬのですか? なんで?"

聖ソフィア精神病院の娯楽室にいる間、モハメッドはテレビで放送されていたコマーシャルや番組の業界用語を真似ていました。彼はコカ・コーラの広告を視聴した後にSCP-3739-1の業界用語を作成しました10。入院生活が始まった1週間後、モハメッドは乳を分泌して部屋を溢れさせました。モハメッドは精神病院での1ヶ月の収容期間中にこれ以上の異常性を示しませんでした。

釈放から3ヶ月後、モハメッドは財団の監視を振り切ってエジプト国外へ脱走しました。地元法執行機関は彼のアパートが放棄され、以下の物品が残されているのを発見しました。

  • フョードル・ドストエフスキーとジークムント・フロイトの著作。
  • 畜牛農場の経営と起業家精神に関する本。
  • 酪農場の設立計画を示す幾つかの文書。
  • 流し台、トイレ、浴槽に200リットルの凝乳が満たされたバスルーム。

財団は2014年、ミーム特性/認識災害特性を持つものとしてフラグ付けされたオンラインおよびテレビ広告の突然の流入に続いて、モォ~スフィアの存在を認識しました。広告内容がPoI-11366の振舞いと類似していたため、正式な調査が促されました。分析部門はモォ~スフィア社の存在を数年間追跡しましたが、物理的な経営拠点を発見できませんでした。

2019年半ばの時点で、モォ~スフィアは世界的に総計61,000人の従業員を抱えています。ノウアスフィアにおける市場シェアの1%を異常に制御しているため、彼らの製品生産量は同規模の企業の100倍のキャパシティを有します。

2019年6月、分析部門の管理者はフィールド工作員を — アメリカ食品医薬品局(FDA)の捜査官という名目で — 変則性が注目されたウィスコンシン州の酪農場数ヶ所に派遣しました。以下はそれらの調査の一例です。




補遺3739.3 — 初期インタビュー




補遺3739.4 — 探索ログ




RAISA調査後通知


2019年10月19日、アメリカ合衆国全域の農地を対象とする尋問活動は、~3130件の夢に基づく広告が乳製品企業の幹部、地域マネージャー、牧場主に対して、彼らの夢の権利を放棄するのを強制したことを示唆した。

2019年11月21日、数百ヶ所の家畜飼育施設で、牛と人間が膨張する事件が発生した。オペレーション L.Iで目撃された実体群と同様に、彼らの体液は大量の非異常乳製品と置き換えられていた。MEATS濾過と従来のFDA規制は、夢に基づく乳製品についての公共知識を抑制するのに失敗。ウィスコンシン州の夢が最初に同化される。REM睡眠は不可逆的に改変される。

2020年1月30日、ペンシルベニア州およびワシントン州の夢が同化される。REM睡眠は不可逆的に改変される。ストラトフォード・キャトル・プロダクションによる(最も売れ行きの良い牛肉やヨーグルト製品を介した)再統合の試みにも拘らず、これらの地域の民間人はモォ~スフィアCEO M.M.の大統領選挙運動(副大統領候補はピエロ牛のジャッキー)を支援している。

2020年2月9日、モォ~スフィアCEOはウィスコンシン州、ペンシルベニア州、ワシントン州のあらゆる電気通信放送を中断し、認識災害ミームを伝送した。モォ~スフィアは影響されていない人口を強制的に雇用している。テレビでは以下の内容が放送された。


映像記録


<記録開始>

[CEOのM.M.が演壇に上がる。彼の頭蓋は膨張している。彼は可聴域の溜め息を吐く。彼は下顎と、牛めいた額の一つ目を開く。クリームチーズが2ヶ所の開口部から分泌される。液体が滴り、跳ね飛ぶ明瞭な音が3分27秒間聞こえる。]

[波打ちながら、それは思考する。]

<記録終了>


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。