SCP-3758
rating: +18+x
dodo.jpg

ルーラント・サーフェリーによるSCP-3758-Aの絵画

アイテム番号: SCP-3758

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 一定量のSCP-3758-Aの軟組織サンプルをサイト-59で有機物保存収容ロッカーに保管し、必要に応じて補充します。SCP-3758-A細胞からの個体形成は指定の孵化場でのみ実施されます。

SCP-3758-Aの個体数は、少なくとも3ヶ所の個別の指定孵化場において常に維持・監視されます。現在、サイト-19で30羽、サイト-70で17羽、サイト-10で4羽のSCP-3758-A個体が飼育されています。エオネア・イベントを収容するため、指定孵化場は厚さ3mの鉛で裏打ちされ、恒久的な施錠メカニズムが配備されます。

如何なる状況でも、職員が無許可でSCP-3758-A個体と意思疎通する試みは認められません。

エオネア・イベントが発生した場合、影響された孵化場はその場に財団職員がいるか否かに依らず密閉されます。孵化場が破られた場合は、機動部隊ニュー-7 “下される鉄槌”が動員され、2羽の新しいSCP-3758-A個体が誕生するまでSCP-3758-Bの一時的収容措置を確立します。エオネア・イベント中は、クローン形成を促進するための超常的手段の利用 — SCP-████の運用を含む — がO5評議会に承認されています。

SCP-3758-Aのクローニング手段が無い状況下でエオネア・イベントが発生した場合、非常事態ジャムゲウダ-9が直ちに制定されます。

確立されたSCP-3758-A絶滅説の支援策が制定され、SCP-3758-Aのクローン作成に向けた非財団組織の科学的努力は破壊工作その他の手段で妨害されます。

説明: SCP-3758-Aは一般社会においてドードー(Raphus cucullatus)として知られる鳥の一種です。モーリシャス島の固有種であったこの鳥類の生息数は、ヨーロッパ商船や侵襲的な動物種の干渉によって急速に減少しました。SCP-3758-Aは1662年に絶滅したとされていますが、事案-76728-チャーリーにおいて3羽の標本が回収されました(回収ログ参照)。

SCP-3758-Aの異常性質は、全世界的な生息数が1羽まで減少すると表面化します。最後から2羽目のSCP-3758-Aの死亡時、最後の個体はその身体構造に一連の急速かつ激甚的な変容(以下“エオネア・イベント”と呼称)を受けてSCP-3758-Bになります。

SCP-3758-Bは、白亜紀後期に生息していた嘴を有する恐竜、ギガントラプトル(Gigantoraptor erlianensis)との表面的類似性を有する二足歩行生物です。体長は約5m、体重は1,600kgです。

SCP-3758-Bは皮膚から毎時12,000レントゲン相当の電離放射線を放出しているため、正確な測定を行うのは非実際的であると証明されています。

エオネア・イベント後、SCP-3758-Bは他の生きている生物を探して接近しようと試みます。その存在自体が致死的であるにも拘らず、SCP-3758-Bは他の飛行能力を持たない大型鳥類のそれを上回る敵意を示しません。

回収ログ: 1998/2/15、財団エージェントはモーリシャス島でサーキック・カルト信者の異常な活動と思われる事案に対応しました。調査は“フアリエットの覚醒”の名で知られる小規模な独立組織の存在を明らかにしました — 同組織は3羽の生きたSCP-3758-A標本を保存するために異常な手段を用いていました。標本群の凡その年齢は現在まで不明のままです。

財団エージェントは強制的に標本群を押収しようと試み、標本2羽の事故死と、記録上における最初のエオネア・イベント(事案-76728-チャーリー)を引き起こしました。この結果、一次収容が確立されるまでに軍人・民間人併せて約███名が死亡しました。

日付: 2004/5/12
質問者: アイザイア・ヘンダーソン博士
回答者: PoI-3758-27

<記録開始>

ヘンダーソン博士: 記録のためにお名前を述べてください。

PoI-3758-27: ジャック・サディ、フアリエットの覚醒の元指導者だ。

ヘンダーソン博士: この“フアリエット”Hualietとはいったい何者なのですか? サーキシズムとの接点はどのようなものですか — そもそも接点があるとしての話ですが。

PoI-3758-27: 青銅器時代の恐ろしい悪魔か何かだよ。名前にも多分意味があるんだろうが、その言語はもう廃れているし、古代モーリシャス島民どもは石に書き残すってことをしなかったからな — いつだって葉っぱや土だ。サーキシズムに関して言えば、俺たちはかなり前に崇高なるカルキスト・イオンを見限った — フアリエットの帰還を防ぐために、ドードーを生かし続けるために奴の魔法を借りていただけさ。

ヘンダーソン博士: では何故あなた方は信仰を放棄—

PoI-3758-27: 奴はクソ野郎だからだ。

[ 巨大な暗色の悪性腫瘍が、PoI-3758-27の頭皮に瞬間的に生成される。 ]

PoI-3758-27: …その上かなりの癇癪持ちだ。

<記録終了>

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。