SCP-3774
rating: +10+x

アイテム番号: SCP-3774

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-3774の全ての実例は捜し出され終了されました。現在SCP-3774の追加の実例を生み出す方法を詳述したいかなる設計図やファイルのバックアップも削除または破壊されており、原本のコピーのみがファイルストレージに保存されています。

説明: SCP-3774は遺伝子学的かつ人工頭脳学的に改造されたカの亜種のプロトタイプで、当初は要注意人物(PoI)を極秘に調査する目的で財団によって生み出されました。SCP-3774の実例群は生物工学によって作られた増強を子孫に渡し、そして後に続く世代の90%をメスの個体として生産する1ように仕込まれました。SCP-3774の実例群に付加された増強自体は以下の特性です:

  • 写真の認識
  • 生中継の映像および音声の放送
  • 体内に埋め込まれた遺伝子データベースへのアクセス
  • 自身のGPS位置情報を表示する信号の発信

SCP-3774の実例群は、1人の人間の対象の画像を見せられた時に、その対象を極秘に捜し出すことを意図されました。SCP-3774の実例群はそれから見せられた対象と一致すると自身が信じた人間の対象に対して自身の口吻を用い、そして遺伝的に一致するか否かを分析するためにその血液のごく一部を吸収しました。遺伝的に一致することが判明すると、そのSCP-3774の実例はその対象に近接する範囲内に滞在し、財団が対象を回収するまでの間対象の生中継の映像および音声のフィードを放送することを意図されました。

SCP-3774の実例群に行ったほとんどの試験では上記の行動が可能であることが証明されましたが、それらに対する適応発声機能2の導入は不明なエラーを引き起こしました。SCP-3774の実例は対象の血液を吸収する時、その血液が自身が発見することを目指している対象の血液と遺伝的に一致するか否かにかかわらず、対象とコミュニケーションをとることを試み、しばしば対象に対して夢中になっていることを表現しました。これまでのほとんどの事例において、SCP-3774の実例群は対象に求愛を試みましたが、それらは主として失敗する結果に終わりました。

このエラーが財団の知るところとなるとすぐに、全ての実例は捜し出されて呼び戻されるとともに、その機能不全を矯正しようとして研究されました。さらなる試験の後、エラー自体は修正不可能であることが判明し、そして全ての実例は即座に終了されました。実例によって記録された映像記録はいずれも現在研究目的のため保管されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。