SCP-3789

rating: +3+x
trench.jpg

アタカマ海溝は暗青色の線で表されている。

アイテム番号: SCP-3789

オブジェクトクラス: Euclid (保留中)

特別収容プロトコル: SCP-3789は遠隔地に存在するため、直接的な収容は不要と判断されています。民間組織によるアタカマ海溝の底の探査計画は全て阻止されます。

説明: SCP-3789はアタカマ海溝で発見された、過去に確認されていない非生物学的実体の種族であり、組成不明の細い触手でまとめ上げられた玄武岩の粒で構成されています。SCP-3789個体はキタユウレイクラゲ(Cyanea capillata)に似た形状をしており、体長は14mから55m以上の範囲で異なります。

SCP-3789の生体標本を捕獲する試みは、これまでのところ失敗しています。加圧式のコンテナを使用した場合でさえも、SCP-3789個体の身体は必ず浮上中に凝集性を失い、水深が海抜7.5~8kmに達した時点で崩れて塵に変わります。

SCP-3789の触手と傘には発光性があり、青く光ります。SCP-3789個体はお互いの触手を接触させて意思疎通するらしく、その際には閃光が発生します。

SCP-3789は各触手の先端付近に幾つかの口を有しており、いずれも内側に歯と相似する小さな丸い石が、同心円状に何列も生えています。SCP-3789は触手を伸ばして海底堆積物の層に少なくとも10mの深さまで潜り込ませ、散発的に食事をしているようです。

また、一部のSCP-3789個体は、数本の触手の先端に大きな卵型の構造を帯びています。この構造の目的は不明です。

補遺3789-01: 直近の観測中に、SCP-3789個体の一群が不規則な動きを示し、散らばり始めました。触手の先端にある卵型構造は明るく輝き始め、海底は振動しました。巨大な亀裂が海底に生じ、体長およそ35mの巨大な生物が出現しました。この生物はカメのような形状で、マグマと岩で構成されており、甲羅の数ヶ所に穴が空いていました。当該生物はSCP-3789個体群に向かって泳ぎましたが、その際に甲羅の穴の1つから、後に鉄とニッケルの合金であると判明した長さ10mの歯が脱落しました。

数匹のSCP-3789個体がカメ型実体を触手で殴打しようと試み、爆発が数回発生しました。これらの攻撃による放電と衝撃波でほとんどの記録装置は破損しましたが、残っていた2台のカメラは、カメ型実体が2匹のSCP-3789個体を口にくわえる様子を撮影できました。両方のSCP-3789個体はあらゆる動きを停止し、カメ型実体によって亀裂の中に引き込まれました。亀裂はその後間もなく閉じました。分析の結果、幾つかの化学爆発物の痕跡が、事案発生現場付近の水から検出されました。

地震波分析を利用して、暫定的にSCP-3789-1と指定されたカメ型実体を追跡、特定する努力が進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。