SCP-3804
rating: +9+x
Magum%20%2B%20Whitley%20Logos%20copy.jpg

SCP-3804に表示されたロゴのサンプル。時計回りに、SCP-3804-4、SCP-3804-25、SCP-3804-174

アイテム番号: SCP-3804

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団AI DEINOPISがSCP-3804実例の送信を監視するために全ての主要なEメールサービスに組み込まれています。DEINOPISのメンテナンスは機動部隊ミュー-4(“デバッガー”)が担当します。実例が発見された場合、AIは財団記録用のコピーを作成し、SCP-3804実例は受信者のアカウントから恒久的に削除されます。

SCP-3804を読んだことが判明した受取人は財団エージェントによって発見、確保され、状況に応じてクラスAまたはクラスB記憶処理が施されます。

説明: SCP-3804は、“マグナム&ウィットリー”という企業1の最高経営責任者(CEO)、オリヴィエ・デ・ウィーンが書いたとされている一連の電子メールです。SCP-3804以外にこの企業や人物の記録は存在しません。一部のSCP-3804実例にはデ・ウィーンと思われる人物の写真が添付されていますが、同一の写真が複数回使用された例はありません。画像の人物は年齢、人種、体重、目の色などの外見的特徴が様々に変化します。

全ての発見されたSCP-3804実例は送信者を"Olivier.de.Whynn@M+W.com"としており、企業/仕事関連のEメールアカウントにのみ送られています2。SCP-3804の配信手段は現在不明です。Eメールの内容は実例ごとに異なりますが、一貫して何らかの破滅的な事象または状況と、それらがマグナム&ウィットリー社に及ぼす影響に言及しています。

Eメールを読んだ受信者は興奮状態に陥り、自組織の有事対応方針と災害復旧計画に没頭し始めます。既存の計画や方針はいずれも著しく不十分なものと見做されます。十分なリソースや権威がある場合、受信者は壊滅的事象に対する自組織の準備を改善するであろうと信じ込んだ様々な行動を実行に移します3。質問を受けた時、受信者は自分が何に備えているのか、なぜ自分の行動がその影響を緩和するのに役立つかを説明できません。

受信者はEメールを読んだことを思い出さず、自らの行動がEメールによるものとは認識しません。再びEメールを見ても異常な影響は発現せず、受信者はしばしばSCP-3804の性質に対して混乱を表明します。これにも拘らず、記憶処理はSCP-3804の影響を打ち消すのに効果的であることが証明されています。正式な受信者のみがSCP-3804効果を受けます — 他者が実例を読んでも異常な影響は発生しません。

発見: SCP-3804は多国籍企業██████のCEO、████ ██████が企業ブログへの投稿を通して、“雨の日が発生する”可能性に備え、全従業員にガスマスクと緊急用糧食を標準支給する計画を公表した後に財団に発見されました4。財団エージェントが状況の調査に派遣され、問題の発表はサイバーテロリズムであったという偽情報が流布されました。

補遺SCP-3804.1: 選択されたSCP-3804実例:5

SCP-3804-2

説明: SCP-3804-2は██/██/██、██████国法銀行のサイバー情報アナリストに配信されました。SCP-3804の発見に続いて、機動部隊ミュー-4が更なる事件の監視と当該SCPの調査に割り当てられました。

Eメール:

M%26W%203%20copy.jpg

皆さんもここ数日間の出来事に不安を覚えているだろうと思います。オルレアンの破壊と、その後の世界中での騒乱は、非常に衝撃的な光景でした。混乱が収束し、我が国のインフラストラクチャの回復が遅延する見通しが明らかになった今こそ、マグナム&ウィットリーの“FlexiWork”ポリシーに再び馴染むための良い機会です。

私たちはあなたがオフィスでも、自宅でも、最寄りの移転先や避難所でもフレキシブルに働けるようにサポートします。ポータブルWi-Fiホットスポットやイーサネットケーブルは3階の運営・サービス部で全従業員が使用できますが、私たちの最新鋭のインターネットセキュリティならば、自宅や公的なWi-Fiのネットワークを利用することも可能です。

ただし、公共の場で仕事をする際には、忘れずにラップトップの画面にプライバシーフィルターを取り付けてください。誰が肩越しに覗いているか分かりませんからね!

敬具、
オリヴィエ

結果: 受信者は人事部に連絡し、会社のイントラネット上に様々な文書が発見できないと報告しました。欠落が報告されたのは第三度熱傷の治療、オフィス用具プロトコルへの兵器導入、同僚の肉を消費する行為に対しての社の方針に関わる指示でした。

これらの文書は存在しないと知らされた受信者は激昂し、話し相手の同僚を攻撃しました。受信者には警察留置場で記憶処理が施され、行動はメンタルヘルスの悪化による発作的なものとされました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。