SCP-3812
rating: +35+x
warning(1).png
アイテム番号: 3812
レベル5
収容クラス:
keter
副次クラス:
none
撹乱クラス:
ekhi
リスククラス:
danger

RAE_small.jpg

SCP-3812はブランニングカント・ビューアー(右)を通じて検分されるように、ここでは暴徒鎮圧用の装備を着用した警官の様に見える。

特別収容プロトコル: SCP-3812の収容は、現在のところ部分的のみです1。より詳細な情報については以下の収容提案の指示内容を参照してください。

Keterクラス収容提案の指示内容2: SCP-3812は、周囲5kmの隔離エリアの維持を行う機動部隊ガニメデ-66("スターライト・ナイツ")によって絶えず監視される必要があります。 サイト86研究スタッフと連携を取っている事実上のMTF GY-66チーム指揮は、SCP-3812の収容に関するあらゆる面での決定権が認められています。SCP-3812への不必要な暴露を防ぐために特別な注意が必要です。

現在の収容に関する取り組みは、人口中心へのSCP-3812の影響を緩和することに加え、より包括的な収容手順を確立するためにSCP-3812の異常な性質の全面的な調査に焦点を当てています。情報セキュリティチームは、SCP-3812について認知されるのを防止するために、あらゆる形式のデジタルメディアを監視する必要があります。

SCP-3812は自発的かつ積極的に現実に異常な影響を与えます。SCP-3812は、その収容を防ぐために、時間の経過3 とともにイベントを改変することができます。これらの改変の性質上、SCP-3812の異常な影響を受けている個体は、高い確率でその影響に気づくことができません。SCP-3812の作用の結果、影響を受けた殆どの個体は存在しない可能性が高いのでどれくらいこの作用が頻繁に起こっているのか推定しようとする試みは投機的です。

sam.png

幼年時代の家の前にいるSCP-3812。画像はルイジアナ州の記録から入手された。

説明: SCP-3812は現実改変実体です。現実に対するSCP-3812の潜在的な影響のため、SCP-3812を意味の通じる方法で説明することはほぼ不可能です。SCP-3812に関して知られていることは、当該実体が1996年に死亡したと信じられていた異常性のないアフリカ系アメリカ人であるサム・ハウエルということだけです。死後すぐにSCP-3812が墓地から隆起して消えていくのが発見されました。SCP-3812は、その存在がポーランドのワルシャワに建てられたアパートの破壊を結果として生じさせた後に、財団の注目を集めました。その異常な能力のために、SCP-3812の外観は大きく変化し、追跡が非常に困難です。SCP-3812は現在、南太平洋上の26°26'49 "S 137°56'27" Wに位置しています。

SCP-3812は極度に発達したアイゲンマン-ビエター統合失調症4の症状を明確に表しました。その症状には、極度のパラノイア、極度の精神不安感、極度の躁鬱病、周囲を適切に認識する能力の欠如、現実と想像との違いを識別する能力の欠如、生きている人と死んだ人を区別する能力の欠如、感情の表現を制御する能力の欠如、そこに無い筈の声が聞こえる、無い筈のものが見える、存在しない刺激を感じる、などがあります。5

SCP-3812が最初に発見されてから20年間で、これらの症状は着実に悪化しました。 当初、SCP-3812は質問に対して反応を示し、財団の研究者からその病状の管理について助けを求めました。しかし時間が進むにつれSCP-3812はより孤立して内向的になっていき、最終的には全く反応を示さず不安定かつ予期せぬ状態で行動するようになりました。現在SCP-3812は周囲の世界を正確に知覚することができず、実体は知覚した物の状態と実際の物の状態との相違を減らすために時として6現実を改変します。このため現実はどのくらいの頻度で修正されたのかを決定を下すことは不可能でありSCP-3812が完全な改変7 を発生させず現実に影響を与えている証拠が残っている頻度だけが確認されました。

SCP-3812はあらゆる形をした収容セルでも収容することは不可能です。 SCP-3812は、収容セルを除去するために現実を変えるか、または収容の試みを劇的に妨げる別の何処かに移動するでしょう。SCP-3812はその上、収容の試みに無意識に抵抗するようです。例え気づかれずに捕獲したとしても、SCP-3812は自身と自身の行動の自由のために現実を改変し、あらゆる脅威を排除し取り除くため、SCP-3812に鎮静化および記憶処理を施すことは不可能です。このため、現在の収容の試みは、完全な収容ではなく、SCP-3812の症状によるダメージと発現の緩和に焦点を当てています。

unshaped.jpg

SCP-3812の画像。状況不明。

時間の経過とともに、SCP-3812の外観は人型である場合が非常に少なくなり、現在は曖昧な人型の状態、時には様々な姿や外観で出現しています。さらにSCP-3812は現実世界において、特に実体を取り囲む時間的または空間的な歪みに対し潜在的な異常な影響を与えます。これらの歪みは、時折ランダムに激しい爆発を引き起こし空間世界と時間を劇的に変化させ破壊することがあります。SCP-3812は通常おとなしく目的を持っていませんが、ランダムな爆発は近くのいかなる生物にとって常に致死的であり、適切に収容されていない場合大規模な災害に繋がる可能性があります。

SCP-3812は2015年7月19日から現地に現在の姿で現れています。


補遺3812.1: インタビュー

補遺3812.2: 2015年9月21日のヤママラ博士のオフィスからのメモ「SCP-3812の不安定な行動と推測される脅威に関するレポート」

補遺3812.3: ヤママラ博士「SCP-3812の不安行動と実存的な脅威の関係」の194ページ、「PKクラス"オール-イン-ワン"実存のパンデモニウム"イベント」

補遺3812.4: SCP-3812改変イベントのログ

補遺3812.5: ████/██/██イベント

補遺3812.6: ロバート・スクラントン博士著「乗っ取りと現実階層」より抜粋

補遺3812.7: 2016/12/20 XK-クラス「世界終焉」イベント

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。