SCP-3861
rating: +9+x
3861.jpg
SCP-3861の影響を受けた被験者が鏡越しに見えるものを描写したスケッチ

アイテム番号: SCP-3861

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 返送先が「TheThirteenAndYou」に指定されている小包を押収するため、アメリカ合衆国郵便公社に財団資金が置かれます。これらの箱の中身は、サイト-77の金庫室に保管されます。包装は異常の一部であるとは考えられていませんが、DNA分析と他の潜在的な形跡のために保持されるべきです。

説明: SCP-3861は市販の遺伝子検査キットを使用した個人に郵送される、一連の同一の手紙です。その手紙は、遺伝子検査会社の提携企業からのもののようであり、被験者の持つ何らかの解決を必要とする過去を検出したと主張し、その過去を解決する手助けを提案します。

ここで扱われる後悔を伴う行動の例には、妊娠中絶、他の親族から虐待を受けた家族に援助の手を差し伸べなかったこと、自殺した友人からの最期の電話やテキストメッセージに応答できなかったこと、愛する人の延命措置を取りやめる決断、などが含まれます。

被験者がその手紙に積極的に答えた場合、次に反射面を覗いた際に、13人の集団の人影を見ることになります。これらの人々は被験者の家族、現在または以前の友人、その他の被験者に精通している人物に非常によく似ています。必ずしもその全員が後悔の原因となる選択に関連、あるいは認識しているわけではありません。被験者が目を逸らすと、その次に反射面を見た際に、会話の知覚が中断されたその場所から再開されます。

被験者に背中を向けた状態の黒い人影は、被験者の取った行動と苦痛を引き起こす選択が正しいものであったかどうか、被験者の鏡像にくぐもった声で質問を始めます。これら全ては、被験者にしか知覚されません。13の人物はモデルとなった人々に似た性格を帯びますが、それらの知識、記憶、信念は、モデルが実際に持っているものというよりも、被験者の認識と知覚者の偏見をよく反映しています。1時間後、SCP-3861に関連する全ての効果は突然停止します。その後、大部分の被験者は苦痛のために何らかの治療法または同様の対処を受けることを試みました。

SCP-3861を経験した人々に残る唯一の普遍的な効果は、家族に会いに行く計画を立てることへの強い関心の出現です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。