SCP-3871
rating: +25+x

アイテム番号: SCP-3871

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3871はサイト-77のSafe-SCP棟に位置する安全収容ロッカーに保管されます。試験目的で必要である場合を除き、SCP-3871と接触している際は、SCP-3871によって「異常」と判断される物体を着用、あるいは視認できる状態で持ち込んでいないことを、該当区域の全ての職員について確認しなければなりません。SCP-3871による「異常」の定義は非常に曖昧です。そのため可能な限り、その存在下では重要でない物体を少数提示することを推奨します。

説明: SCP-3871は一般的に「オレンジ・スーツ」と呼ばれる、世界オカルト連合のマークⅢ 超重交戦殻の鉄鋼製の複製品です。高さは0.4mで、知能を持ちます。SCP-3871は主に青とライムグリーンで着色されていますが、小さな人形の「パイロット」は全体がピンク色です。SCP-3871の背面には「ワンダーテインメント博士の隠喩的異常性一掃進撃自動人形1!」と黒色で印字されており、その上には小さな金色の「W」の文字を伴っています。

SCP-3871は対応する機能の点でマークⅢ 超重交戦殻に類似した多数の特徴を持っていますが、それらは大幅に小型化され、危険性が少なくなるように改変されています。 相違点は次のとおりです。

  • 右腕に装着されたブローニングM2重機関銃の模型は、圧縮炭酸ガスで小さなプラスチック製の弾を発射します。
  • 肩に装着された2つのミサイル砲台からは、16発の玩具用花火を発射します。
  • SCP-3871の表面には20の小型爆竹が設置されています。
  • 音とホログラム映像を用いて認識災害を引き起こす装置を装備しています。ワンダーテインメント博士の商品を買いたいという欲求を視聴者に引き起こします。

SCP-3871は通常は非活動状態にありますが、「異常」と見なすオブジェクトと接触すると急速に激昂状態となり、対象の破壊を試みます。SCP-3871がオブジェクトを破壊することに失敗した場合、協力を要請する声をスピーカーから再生します。 現時点では、これらの音声による外部への影響は記録されていません。 SCP-3871の「声」はかん高く、子供っぽい調子です。

SCP-3871の「異常」の定義は、財団が扱うような異常なオブジェクトにのみ適用されるわけではありません。例えそれが完全に既知の法則に従うものであっても、SCP-3871が不自然であると認識した物体や現象は「異常」とみなされ、激昂行動を引き起こします。詳細に関しては補遺-3871-1を参照してください。


補遺-3871-1: 実験記録
使い捨てとみなされたいくつかの重要性の低いAnomalousアイテムについて、破壊される危険を見込んだ上でSCP-3871の実験に使用することが許可されました。


補遺-3871-2: 回収記録

SCP-3871は要注意団体「ワンダーテインメント博士」が管理しているとみられる場所から発送され、郵便運送中に押収されました。SCP-3871の箱の原本にはSCP-3871と共に手書きのメモが同封されていました。内容は以下に保管されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。