SCP-393-FR
rating: +9+x
Dr.jpg

保護ガラスの裏で希釈した化合物-IKARを研究する████████博士。

アイテム番号: SCP-393-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-393-FRは完全に乾燥して化合物-IKARを生成しなくなるまで現在地に放置しなければいけません。化合物-IKARが完全に回収された後に、SCP-393-FRを除去し、相応しい埋葬を行うものとします。収集した化合物は分析・実験のためにサイト-アレフ医療棟の安全ロッカーA8に保管しなければいけません。異常な状況で愛情を抱く人物を失った経験の無い職員と、近親者との死別に際してクラスC記憶処理を受けた職員のみが、化合物-IKARへの接近を許可されます。

2019年以降行方不明であり、現在逃亡中と推定されるテロリスト組織“SAPHIR”構成員のアーサー・カプラン、アントニー・フォスター、マーク・グルタートに対して、フランス国家憲兵省1と共同の捜索通知が出されています。この通知はFBI異常事件課と、逃亡者たちが避難した可能性がある全ての同盟国に送付されました。

SCP-393-FRが発見された施設の買収と再開発が提言されていますが、そこで発生した事件の性質のため、議論が現在も進行中です。

説明: SCP-393-FRはフランス国家憲兵隊が2019/09/21、グアドループ県███████████の廃ビルの地下室で発見した3体の死体の総称です。発見当時からの腐敗の進行状態により、死亡したのは約3ヶ月前の2019年6月頃だと推定されました。異常性質が確認されると、この事件は速やかに国家憲兵省所属の監察医に引き継がれ、彼らは遺体の身元を特定するためにSCP財団の協力を仰ぎました。

SCP-393-FRは、財団の積極的な捜索対象であり、当該事件の10年~9ヶ月前から活動を停止していた要注意人物3名の遺体であると特定されました。個別にSCP-393-FR-A、-B、-Cと指定されるこれらの遺体は、以下の人物として識別されています。



以下は、現地の法医病理学者たちによる発見です。

  • 3体の死体は著しく乾燥しています。

注記 : この乾燥はアノマリーが最初に示す異常性の1つです(下記参照)。体組織の乾燥によって、死体は身元を確認するのに十分良好な状態に保たれていました。

  • 3体の死体には多数の痣や傷跡があり、また肘正中皮静脈や前腕に集中して注射痕が残されています。

注記 : 現場からは数多くの空の注射器が発見されました。残留物質を調査した結果、新奇かつ極めて強力なメタンフェタミン誘導体が入っていたと断定されました。

  • 3人の囚人は右足首に装着された長さ約2mの鋼鉄の鎖で、地下室のコンクリートの床に繋がれていました。ただし、SCP-393-FR-Aと-Cの鎖は鋸で切断されているか、破断しています。

注記 : 広範な分析により、これらの鎖は平均より遥かに高い正常性値を有しており、物理形状を維持しつつも、それらを破壊・透過する異常な手段の行使を封じていると判明しました。これにも拘らず、鎖は異常生成された鋸や石灰で破壊されています。この性質は鋼鉄が含有している炭素に起因するようです — 恐らくは木炭からの派生物で、周辺正常値は30 Stです。該当する特性を持つ植物の積極的な捜索が開始されました。

  • 3人の囚人は、お互いに接触することなく、部屋の中央に設置された作業台を利用できるように配置されていました。

注記 : この作業台には、三角フラスコからマンドレイクに至るまで、科学・オカルト両方のツールが50種類ほど並べられていました。このテーブルからはカセットプレーヤーも発見されています。

  • 3人の囚人は、現場から発見されなかった鋭利な物体で手首の血管を切断され、失血死していました。集団自殺の可能性が濃厚です。

注記 : 凝固した血液は死体の周囲から発見されませんでした。これはアノマリーが最初に示す異常性の1つです(下記参照)。

  • 3体の死体は、死後に両腕・両脚の関節を外され、作業台の周囲にオカルト的なパターンを形成するように動かされていました。

注記 : この理由は現在も明らかになっていません。死体を動かしたのが誘拐犯たちであるという証拠はありません。

SCP-393-FRの死肉には、通常の腐敗した死体と同様に、ハエ目をはじめとする腐肉食昆虫が産卵・成長しています。しかしながら、何らかの理由により、これらの幼虫は死体を食べずに、口元の牙で体液の微細な滴を収集して部屋の中心へと運搬します。これらの体液はガラスの晶出器に徐々に蓄積され、化合物-IKARを形成します。

運搬経路は長く、成長初期の幼虫は概して飢餓で死亡します。幼虫の一部を採取した結果、これらは一度現地から除去して別な環境に移すと通常のウジと同じように行動し始め、正常な摂食と移動を行うことが証明されました。幼虫はそれ自体異常ではないようですが、恐らくある種の類魂という形でSCP-393-FRの影響を受けています。

化合物-IKAR

化合物-IKARは異常現象に近接している/遭遇した人物、とりわけ異常な状況によるトラウマや死別を経験した人間に、複数の感覚障害、精神障害、心身症を引き起こす溶液です。超常的な経験が無い人物はこれらの効果の対象とならず、液体の組成に関連する自然な嫌悪感を示す程度です。

その明らかに複雑な有機的性質にも拘らず、化学分析は一貫して、化合物-IKARが水(H2O)とショ糖(C12H22O11)のみで構成されていることを示します。

化合物-IKARは同質療法ホメオパシーの原理に従っているらしく、化学の基本法則に反して、活性成分を希釈するほどに効果が変化、激化します。これらの効果は、異常な状況下で愛する者と死別した人物たちを被験者として試験されました。

希釈度 被験者の反応
純粋 化合物の吸入は精神的苦痛、パラノイア、幻聴を引き起こします。直接摂取は重度の心的外傷後ストレス発作を引き起こし、被験者を緊張病状態に陥れる可能性があります。
1 CH 化合物の摂取は被験者のトラウマを再想起させます。これはクラスAまたはB記憶処理でトラウマを曖昧化した人物の場合も同様です。
4 CH 被験者は明晰性、興奮、反射速度の向上を報告します。多くの被験者はこれを、フルボディコーヒーを摂取した時の感覚と比較しました。
7 CH 若干のプロノイア2と注意力の欠如。被験者は異常物に対面した時に関心と不信感を喪失するらしく、非現実感を報告します。
9 CH 様々な幻覚。被験者は現実世界との接触を喪失するようであり、トラウマ的な出来事の間に死亡した愛する者を見る/触れる/話すことができると主張します。
15 CH 幻覚には被験者との面識が無い非実在人物や故人が含まれるようになります。被験者から見覚えが無いとされているこれらの人物の詳細は、会話や読んだ文書から少しずつ収集され、潜在意識に保存された情報が化合物によって呼び起こされたものである可能性があります。
30 CH 被験者は死亡します。正確な生物学的死因はまだ断定されていません。

更新 : 財団職員への化合物-IKARの投与は、その目的が治療であれレクリエーションであれ、追って通知があるまでは禁止されます。違反者は降格処分されます。


補遺1: 音声記録 GoI-096-393-A

SCP-393-FRの発見地点には約40個のオーディオカセットが散在しており、その殆どには壁に投げ付けた痕跡がありました。磁気テープの回収と無傷のカセットの聴取によって、SCP-393-FRの起源と目的に関する新たな洞察が得られました。特に関連性の高いメッセージを以下に転写します。


補遺2 : 覚え書き断片 GoI-096-393-N

観察室と思われる部屋がビルの1階で発見されています。警察が到着した時点で、建物は既に無人であり、清掃されていました。しかしながら、国家憲兵省はこの部屋から、過激な無神論者として知られるアメリカ人生物学者 リチャード・ドーキンスの著作 “神は妄想である”を1冊発見しました。回収された本の第1ページには大量の書き込みが残されていました。

文書を開く

本は内側をくり抜かれ、未知のオブジェクトの容器として使われていたようですが、発見時には既に空でした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。