SCP-3939
評価: +55+x
scp.jpg

収容前に撮影されたSCP-3939。

アイテム番号: SCP-3939

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3939は現在、サイト-39の仮収容保管セルC(39-PC01-C)に保管されています。試験中でなければ、適切な大きさの標準収容ロッカーに保管してください。

説明: SCP-3939は製造時期が不明ですが、1930年代の設計及び製造の傾向と一致する蓄音機またはレコードプレイヤーです。磨かれたマホガニー材で作られた八角形の木製台座があり、当時のHMVのロゴが刻印されています。この台座の上には蓄音機の機構と大きな真鍮製のホルンに接続されたターンテーブルがあります。全ての部品の状態は良好です。

現在、SCP-3939のターンテーブルには黒いレコード盤があり、目に見える電源がないにもかかわらず、標準的な速度で回転しています。

誰かがそれを記録するのを忘れたのか?

それはありそうにない。しかし、可能性はあると認めなければならない。

システムによると、サイト自体が持っているというのなら、それはここにある。しかし、それは単に発見者が回収時の日付を記入するのを忘れたという書き方かもしれない。

記事では特に言及したくない — 結局のところ、このスキップが気になるのではなく、昔の仕事を取り戻したいだけなのだ。たとえ自分のせいでなくとも、ここにあるものはすべて完璧でなければならない — だからそのままにしておく。答えが見つかった場合に追加出来るからだ。

しかし、まだ1つ疑問が残る。

何故これがSCPなのか?何がそれを異常なものにしているのか?何が正常性を危険にさらすのか?そもそも何がそれを文書化する価値のあるものにしているのか?なぜこの仕事を任されたのか?

その質問に対する答えは明日の仕事になるだろう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。