SCP-3960
rating: +6+x

アイテム番号: SCP-3960

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 組み立て前のSCP-3960実体はサイト-64保管棟の高セキュリティ電子機器保管コンテナに、元のパッケージに入れて保管されます。新たにSCP-3960実体を組み立てるには、サイトの倫理委員会連絡担当とサイト司令部の双方からの承認が必要です。

現在財団の管理下にある4体の組み立て済みのSCP-3960実体は、サイト-64のタイプ-Sヒト型生物保管室の1室で管理されます。保管室は収容違反を試みた形跡がないか、毎日検査されます。各実体の精神鑑定は、週に1回行われます。各実体は収容中に発生した可能性のある損傷がないか、半月に1回検査されます。

説明: SCP-3960はアンダーソン・ロボティクスが製造した、合計10体の完全可動式人型ロボット玩具を指します。各実体の身体は、アルミニウムの骨格を覆う成形済ポリカーボネートの外装で構成されています。外装の外側はSCP-1360-1と同じ組織の黒い布で覆われており、内側には奇跡論的シンボルが描かれています。完全に組み立てられると、各実体は身長約31cm、体重約3kgになります。現在財団の管理下にある10体のSCP-3960実体のうち、6体のSCP-3960実体は組み立てられずに元のパッケージに入れたままであり、3体は財団が取得する以前からすでに組み立てられており、1体は財団の実験のために組み立てられました。

SCP-3960実体の組み立ては比較的簡単で、合計14個のパーツをはめることでロボットの身体が構築されます。各実体に付属しているイラスト付き説明書によると、組み立ての最終手順においては、実体を囲むように食塩で奇跡論的サークルを作り出す必要があります。円に沿っておよそ等距離にして5点に、性格特性が書かれた紙を置きます。説明書によれば、この工程の後、製作者は"Vitam Amicus"1と唱える必要があります。その時点で奇跡論的サークルは即座に消滅し、SCP-3960実体は動き出します。

SCP-3960活性化実体は、組み立てた人物に従おうと試みるようになり、ゲームで遊ぶことから高度な数学的計算など、さまざまな作業を補助するようになります。SCP-3960活性化実体の性格や技術は、組み立てる際に使用した紙に書かれた特性に関係します。SCP-3960活性化実体は抑揚のない声で話すことができ、組み立ての詠唱を行った人物を親友など愛情を込めた呼び方で呼びます。現在、組み立て後にSCP-3960と結びついた人物を変更する方法はありません。SCP-3960活性化実体は稼働するための動力源を必要としないようであり、無限に動くことができると仮定されています。

補遺 3960-A: パッケージの文章
以下の文章はSCP-3960の本来のパッケージの背面に存在します:

キミの理想的な友だちを作ろう

アンダーソン・ロボティクスの新作ホビー個人用アンドロイド2は、ずっとそばにいてくれるキミの親友です。各HPAは完全カスタマイズが可能で、わずか15分以内で完全に組み立てることができます!

ゲームからジョーク、宿題のお手伝い等々、キミの想像力次第でHPAの可能性は広がります。

さあ、今すぐキミにぴったりの友達を作りましょう!

補遺 3960-B: 回収
すべてのSCP-3960実体は2024年5月24日スリー・ポートランドのアンダーソン・ロボティクスのオフィスを財団/UIU共同で襲撃した際に回収されました。以下の電子メールはSCP-3960実体が発見されたコンテナ付近のワークステーション上のコンピュータから回収されました。

補遺 3960-C: 組み立てられた実体のインタビュー

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。