SCP-3996
rating: +9+x

アイテム番号: SCP-3996

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3996の接触できない性質上、捕獲することはできません。代わりとして、研究基地1212がSCP-3996の行動領域の周囲に建設されています。

実験を目的とする特別な許可が無い限り、あらゆる人員のSCP-3996-1への侵入は禁止されています。

更新 2001/03/01: SCP-3996-1の追加探査がO5評議会により承認されました。異次元のアノマリーおよび異次元の探検の経験を考慮し、機動部隊ユプシロン-90 "アンダルシアの犬たち"が全ての探査を行います。

更新 2001/08/07: 実験は無期限に延期されています。

説明: SCP-3996は接触することが出来ない白い馬の群れです。この群れは12時間に1度、グレートベースン砂漠のネバダ側の同じ地点に出現します。SCP-3996実例は襲歩の速度 (40~48 km/h) で出現し、徐々に減速しながら100m進んだところで停止します。SCP-3996実例はそこから約10分間同じ場所に留まった後、向きを変えて最初の100mのルートを徐々に加速しながら戻り、その後消失します。

人間が意図的にSCP-3996の背に登り一般的な乗馬姿勢を取ろうと試みる場合に限り、SCP-3996との物理的な相互作用が可能です。アノマリーは自身に触れようとする人間の意図を区別する能力があると見られています。もしSCP-3996実例の消失時にSCP-3996の背中に乗り続けていた場合、その人物はSCP-3996とともに消失します。SCP-3996実例と個人は別の次元に再出現します。以後この別の次元をSCP-3996-1と呼称します。SCP-3996-1内部において、SCP-3996の行動サイクルは基底次元のそれと酷似しています。

SCP-3996-1の地形は、はじめは基底次元における低木帯と同一であるように見えますが、SCP-3996-11の入口地点から離れるにつれて地形は変化していき、加えて次元内にヒューム値の著しい変動が発生します。この変動は、次元内部における実在の本質に対し重大な変化を引き起こします。基底次元では機能しないであろう生体特徴を有する、種々の異常な有機体や人間以外の異常な生命体がSCP-3996-1に棲息するとされています。変動するヒューム値が極めて高いレベルに達することも多く、その変化率は非常に急峻です。そのためスクラントン現実錨の使用は、現実錨に高負荷がかかり、様々な故障・破損を招くことから推奨されません。

人間はSCP-3996-1の中で老化しませんが、基底次元に帰還した際には内部で過ごした期間だけ肉体が即座に老化します。SCP-3996-1の入口から東に約1kmの地点にはオアシスがあり、その周囲には過去200年間以内の様々な時間にSCP-3996を介してSCP-3996-1へ進入した人間たちによる小さな居住地が存在します。住民からは「ゴーストタウン」と呼称されるこの居住地には144人の人間が居住しており、この町は19世紀のアメリカ西部の町の景観を呈しています。住民は「ポテトロス」と呼ばれる動物を狩り暮らしています。この動物の外見上の特徴および習性はアメリカバイソン (Bison bison) である一方で、その内部組織はジャガイモ (ナス科の植物 Solanum tuberosum の塊茎) です。

町の住民は生活水準を向上させるために、様々な異常な道具の利用や異常な活動を行っています。例として、砂漠に棲息する発光するイカ種の死体を照明として利用する、動く土砂を用いた壁を開発して好ましくない侵入者への防衛策とする、歌うサボテン種を大衆娯楽として利用するといったものがあります。人類の日常生活におけるアノマリー利用を分析する上で安全なケーススタディとなるため、財団はゴーストタウンの住民との協力を決定しました。

SCP-3996およびSCP-3996-1が初めて財団に発見されたのは1998年のことで、SCP-2895の収容違反時に偶然遭遇しました。この時SCP-3996は死体を載せており、この死体はゴーストタウンの住民であり、長期間の居住後に基底次元への帰還を試みたものと考えられています。

以下はゴーストタウンの住民へのインタビューログです。

補遺 1: 2001/03/07、SCP-3996-1の探査が機動部隊ユプシロン-90 "アンダルシアの犬たち" (以下、U90) によって開始されました。チームはU90-1 "記憶の固執" (隊長) 、U90-2 "燃えるキリン"、U90-3 "水面に映す白鳥"、U90-4 "瞑想するバラ"で構成され、西に進み発見したものを報告するよう指示されました。以下は遭遇した異常な事象や生命体を詳述した表です。

時刻 (時:分) SCP-3996からの距離 (km) 観測された異常
00:45 2.1 km 砂で構成されたフルーツコウモリの群れが突然砂漠から飛び立ち、北へ飛翔していった。飛んで行くにつれコウモリは発光し始め、U90の視界の端まで到達した頃には30000ルーメンで発光していた。
01:45 4.5 km その後景色は明らかに岩が多くなり、特にハリエニシダの茂みや芝といった植物を含むようになった。U90が2個の岩の間を通ると、岩から人の手の形状の突起が複数現れた。手は隊員を捕まえて、巨礫へと引きずろうと試みる。U90の全員が無傷で岩を通過した。手が消失し、代わりに人間の腕の形状の突出物が出現する。突出物の先端は人間の頭に似ており、顔の代わりにイタリアの悲劇の仮面が存在する。全ての仮面はU90を凝視し続け、U90が視界から外れるまで続いた。
03:59 5.8 km U90は岩場を抜け、広大な草原に到着した。大量の「ポタトロス」と、馬に乗った人型実体の一団が視界に入る。人型実体は各々弓矢やライフルで武装しており、ポタトロスを狩ろうとしている。何とか数体のポタトロスを狩ると、獲物を持って南へ進んでいった。注目すべき点として、彼らの衣装や行動様式は歴史上の多数の遊牧騎馬民族を彷彿とさせる。例えば、モンゴル人、ケレイト、ラコタ・スー族、キルギス人、ベドウィン、ベルベル人など。
06:29 8.1 km 機動部隊は濁った沼地を進んでいた。突然地面と空全てが消失し、機動部隊は真っ暗な空間へと落ちる。空間は突然砂砂漠へと置換され、機動部隊は無傷で砂漠に落下した。計器は依然同じ場所にいることを示していた。簡略的な偵察の結果、置換されたのは沼地のみであるらしく、その他の周囲の地勢はそのままとなっていることがわかった。
06:48 8.3 km 部隊は未だ砂砂漠に居る。溶けているように見える巨大な懐中時計が列をなして、U90-1 "記憶の固執"より100m離れたところに出現した。全ての時計はスペイン語の罵言を発しながらU90-1に向かって進行する。U90-1まで残り1mとなった時点で、時計は突然消失した。

SCP-3996-1に進入してから7時間後、SCP-3996に戻る決定がなされました。しかし、U90-3 "水面に映す白鳥"との連絡が、この決定の直後に途絶えました。ユプシロン-90の残りのメンバーでチームメイトの捜索が試みられましたが、彼女を発見することは出来ませんでした。帰還の決定がなされました。U90-3との連絡は復旧していません。

補遺 2: 2001/03/12、U90-3の映像および音声が突然数分間だけ復旧し、再び途絶えました。U90-3への連絡は失敗しています。以下はその記録で、全ての会話はU90-3の母語であるラコタ・スー語から翻訳されています。

補遺 3: 2001/04/14、SCP-3996-1内部よりコンピュータ用ファイルが送信されました。ファイルにはU90-3によって書かれたメッセージが含まれていました。以下はその文書の複写です。

補遺 4: 2001/08/07、U90-3の映像音声通信が突如1分間だけ復活しました。U90-3との連絡の試みは失敗しています。以来U90-3からの通信は受信していません。以下はそのログです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。